だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

忍びの国

2017-07-12 00:01:03 | 映画(さ行)

日本
時代劇/アクション/コメディ

    * * * * * * * *

人気作家・和田竜の同名ベストセラーを嵐の大野智主演で映画化した時代劇
エンタテインメント。
織田の大軍と伊賀の忍者衆が戦った“天正伊賀の乱”を基に、大軍勢で攻め
込む織田軍に対し、数では圧倒的に劣る忍び軍を率い、様々な秘術・奇策で
迎え撃つ主人公の活躍を描く。
共演は石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、伊勢谷友介。
監督は「予告犯」「殿、利息でござる!」の中村義洋。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

時は戦国。破竹の勢いで天下統一に突き進む織田信長。
次男の信雄も伊勢国を掌握し、その隣国・伊賀に次なる狙いを定めていた。
しかし、そこに住んでいたのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆。
中でも無門という男は、伊賀一の凄腕にして、どこまでも非情な忍びだった。
ところが普段は無類の怠け者で、女房のお国にはまるで頭が上がらず、尻に
敷かれる毎日を送っていた。
そんな中、身内の死にさえ冷淡な伊賀の気質に疑問を抱いた下山平兵衛は
織田軍に寝返り、彼らを伊賀へと手引きしてしまうのだった。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

和田竜原作の『忍びの国』が映画化されたってことで気になってたんだけど、
中々観に行けずにいたんだけど、やっとTOHOシネマズなんばで鑑賞。

石原さとみ、相変わらず綺麗。

原作は読んでいたのであの人がああなっちゃったり、こうなったりと展開は
分かっていて、まぁ無難に原作を実写化したなぁって印象で、うん、まぁ
面白かった。

コレ原作読んでない状態で鑑賞したら、何で大野はヘラヘラしてんねんって
イラッと来たかも知れないけど、原作がそうなんだからヘラヘラしてる所は
気にならなかった。

突っ込み所はいろいろあるんだけど、一番気になったのは強弓使いの日置大膳
の弓をボンボンの信雄に引けたってのが凄く気になった。
信雄に引けたら、日置大膳の凄さが薄まってしまうんだよなぁ。
あれが火縄銃なら納得なんだけどなぁ。

後、上忍たちが無能っぽいのも気になるなぁ。
信長の軍勢を破れば、忍びの仕事が増えるって言うの、理屈は分かるんだけど、
信長の事を舐めすぎてないかな。
信雄の功名心からの侵攻ならまだしも、伊賀衆が自分達の武功を上げて忍びの
働き口を増やすがための策略だったってことを信長が知ったら、どうなるかって
事を予想できないかなぁ。
虚仮にされた信長がいかなる報いを仕掛けてくるか長島や比叡山がどうなったか
知ってたらこんな悪手は取らないと思うけどなぁ。

でも石原さとみが相変わらず綺麗で、その美貌をスクリーンで堪能できたので
個人的には満足。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ 

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結城友奈は勇者である -鷲尾... | トップ | 映画INDEX:一覧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
忍びの国★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を......
忍びの国 (花ごよみ)
「のぼうの城」「村上海賊の娘」の作家、 和田竜の同名小説が原作。 本も読んでいます。 伊賀忍者と織田信長軍の戦い、 天正伊賀の乱を題材にした映画。 大野智が主演、 伊賀の......
<忍びの国> (夢色)
予告見て、単純に面白そう!んで、伊勢谷さん絶対カッコいいわ! ←おい(笑)って思って昨日観て来たけど、最高のエンターテイメント作品でした( ´艸`)楽しめた~!怪物くんの...
忍びの国  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  大野 智  石原 さとみ  鈴木 亮平  伊勢谷 友介 【ストーリー】 戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも......
[映画『忍びの国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・雨で予定がなくなり映画館に入りますれば、見たい映画がなく、ちょうど時間の合った作品が大野智クンの『忍びの国』。  映画の日で1100円!  生中継の舞台挨拶付......
劇場鑑賞「忍びの国」 (日々“是”精進! ver.F)
忍ではなく、“人”になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201707020000/ 映画「忍びの国」オリジナル・サウンドトラック [ 高見優 ]
映画「忍びの国」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
2017/07/4 08:41 記事更新 映画 『忍びの国』(公式)を本日公開初日の夕方、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説:和田竜......
『忍びの国』 (soraの日常)
7月の1本目の映画は『忍びの国』です。 海賊の映画も今日公開でしたが、海賊の映画は最初の2本か3本くらいで卒業してしまいその後は観ていません。 『忍びの国』は舞台挨拶......
「忍びの国」☆成功のカギは大野くん起用 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
いやぁービックリしたwa 楽しみで楽しみで仕方なかったパイレーツオブカリビアンが満席で初日鑑賞を断念していただけに、月曜日には絶対観るぞ!と深夜0時を回って即ネット購入......
『忍びの国』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「忍びの国」□監督 中村義洋□脚本・原作 和田竜□キャスト 大野 智、石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、伊勢谷友介■鑑賞日 7月8日(土)■......
『忍びの国』('17初鑑賞72・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:25の回を鑑賞。
忍びの国 (ネタバレ映画館)
川じゃ!
もっとコメディかとおもってた。~「忍びの国」~ (ペパーミントの魔術師)
かっこよかったわ~。大善。(そこ?(;^_^A) しっかし、弓のでかさも半端ないが、その弓で大木倒しちゃうのかよ。びっくりだったわよ。 もっと理不尽な理由で皆殺しに来る......
もっとコメディかとおもってた。~「忍びの国」~ (ペパーミントの魔術師)
かっこよかったわ~。大善。(そこ?(;^_^A) しっかし、弓のでかさも半端ないが、その弓で大木倒しちゃうのかよ。びっくりだったわよ。 もっと理不尽な理由で皆殺しに来る......
忍びの国 (映画好きパパの鑑賞日記)
 アクションエンタメ時代劇の傑作。忍者と侍のアクションシーン、キャラクターや非常な忍者など人間ドラマすべてよし。何より石原さとみの美しさが尋常ではありませんでした。 ......
忍びの国 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2017年日本 上映時間:125分 監督:中村義洋  原作は、『村上海賊の娘』、『のぼうの城』の和田竜である。主演は嵐の大野智くんで、主題歌を嵐が歌っている、とな......
「忍びの国」 (ここなつ映画レビュー)
ラストの伊勢谷友介のセリフが非常に文学的。そうきたか、という、ね。作中、似たパターンの繰り返しもあり、うーん、ちょっと飽きたかなぁ、といった感想を持った所でかなり心に......