だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

2015-08-02 00:01:06 | 映画(さ行)

日本
アクション/アドベンチャー/ホラー

    * * * * * * * *

一大社会現象を巻き起こした諫山創のメガヒット漫画を実写映画化した
アクション・アドベンチャー大作。
圧倒的な力の差で人類を蹂躙する巨人の恐怖と、そんな強大な敵に立ち向かって
いく主人公たちの悲壮な運命を、日本が世界に誇る特撮技術を駆使し、妥協の
ない残酷描写とともに壮大なスケールで描き出す。
主演は「君に届け」の三浦春馬、共演に長谷川博己、水原希子、本郷奏多ほか。
監督は「日本沈没」「のぼうの城」の樋口真嗣。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

かつて、謎の巨人たちが突如出現し、人類の大半を喰い殺した。
かろうじて生き残った者たちは、巨大な壁を三重に築き、その内側でどうにか
平和な生活を維持していく。
それから100年が経ち、人々は壁の内側で平穏な日常を当たり前のように送って
いた。幼なじみのミカサ、アルミンと強い絆で結ばれた青年エレンは、壁の
外に広がる未知の世界に憧れを抱き、安穏と暮す周囲の人々に苛立ちを
募らせていく。
そんなある日、想定外の超大型巨人の出現によって壁が崩壊し、人々が次々と
巨人に呑み込まれていった。
2年後。惨劇を生き延びたエレン、ミカサ、アルミンは、人類が巨人に対抗
すべく結成した武装調査団の一員として、決死の外壁修復作戦に臨もうと
していた。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

公開前からキャスティングで酷評されてた話題作だったので、どんなもん
だろうかと思い、TOHOシネマズなんばへ観に行くことに。

映像は見応えあったよね。

まぁこの監督の作品なので映像的には見応えあるんだろうなとそれなりに期待
してて、立体機動装置を使った巨人との戦いとか、超巨人が壁からのぞきこんで
くるところとか、捕食シーンとかまあまあ見応えある映像だった。
だけど予算の問題もあるからアレだけど、さすがにハリウッドに比べると
しょぼいと言わざるを得ないけど、まぁそこは仕方ないかな。

でもね、他のサイトやネットでも酷評されているけど脚本がねぇ。ちょっと
酷いなぁ。

TVアニメしか観てないし、原作漫画にもTVアニメ版にも思い入れがないし、
実写映画化するにあたり改変はしかたないとはおもうけれど、改変の仕方が
酷いなぁって気がした。

不必要な恋愛関係とかもアレだけど、一番観ててイラッてきたのはシキシマの
存在。セリフ回しが妙にリヴァイ兵長を意識したような感じで、だったら最初
からリヴァイ兵長を登場させればいいじゃん。シキシマなんてオリジナルの役を
別に作らんでもええやんって、観てて軽くイラッと来た。

あ、でも石原さとみのハンジ役は良かった。ハマってたな。
一応彼女が出てるってのは事前に知ってたので彼女目当てで観に行ったんだけど
自分の中では他の役者陣の中で一番光ってた。

ハンジの「こんなの初めて~」の絶叫、観ていた世の男性方の多くは、俺も
石原さとみに「こんなの初めて~」ってよがらせたいって下ネタ的な事を
考えたはず。
少なくても自分はそう思いながら、あのシーンを観てた。

後、桜庭ななみをスクリーンで久しぶりに観たけどポニテ姿が似合ってて
可愛かった。

まぁ別物として観たらそれなりなんだろうけれど、原作漫画やTVアニメ版に
思い入れがある人にはお勧めできないかな。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HERO | トップ | 奪還者 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2016-02-11 08:39:52
巨人映像は迫力があって、なかなか良く出来てたと思います
半端に人間らしさと異物感があって、不気味でした
ただやっぱり話と演出がクズ。
ファンがみたら激怒するのは仕方ないでしょうねー
>makiさん (はくじ)
2016-02-16 19:07:01
こんばんは。
コメントありがとうございます。

巨人の出来具合は良かったんですけどねぇ。
なにぶん脚本と演出がねぇ。
ファンじゃなくてもイラってきますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 最初からハードル下げておけば、そこそこ面白いかも(笑)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (あーうぃ だにぇっと)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN @東京国際フォーラム
劇場鑑賞「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な世界に生きる者たち… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201508010000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】進撃の巨人 オリジナル・サウンドトラック [ 鷺巣詩郎 ]価格:2,571円(税込、送料込) 【楽天ブ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (ハリウッド映画 LOVE)
喰われて来ました。。。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (とりあえず、コメントです)
大ブームになっている“進撃の巨人”を樋口真嗣監督が実写化したアクション大作です。 予告編を観て怖そうだなあ…と思いつつも、どんな作品になるのだろうと気になってチャレンジしてみました。 予想以上に巨人がリアルで恐ろしくて、“世界は残酷”という言葉を体現でき...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (Akira's VOICE)
巨人の描写が素晴らしくて、それだけで満足。  
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (Break Time)
8月に入っても 暑い日が・・・
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015) 98分 (極私的映画論+α)
 うん。なかなか良かったです。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 完成披露ジャパンプレミア (風に吹かれて)
世界は残酷だ 公式サイト http://www.shingeki-seyo.com8月1日公開 原作: 進撃の巨人 (諫山創作/講談社・月刊 別冊少年マガジン連載中)監督: 樋口真嗣  「日本沈没」 
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (ぷかざの映画・本感想記)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 観ました。[自己満足度 ★★☆☆☆ 2/5]?※ネタバレありの感想ですのでご注意ください。?
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」:今の日本への警句 (大江戸時夫の東京温度)
映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、その昔中島哲也監督での制作
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (真・天文台)
監督:樋口真嗣 脚本:渡辺雄介、町山智浩
映画:「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(1)。♪ (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年8月3日(月)。 映画:「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(1)。 監  督:樋口真嗣 特撮監督/特技監督:尾上克郎 脚  本:渡部雄介・町山智浩 原  作:諫山創 キャスト: エレン:三浦春馬・シキシマ:長谷川博己・ミカサ:水原希子 アルミン:本郷奏...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いた諫山創の人気コミックを基に、『巨神兵東京に現わる 劇場版』などの樋口真嗣が実写映画化したアクション大作。100年以上前に出現した巨人が巨大な壁をぶち破り、再び侵攻してきたことから、巨人対人類のバトルが繰り広げ....
予備知識なくて正解だったのかな?(;´∀`)~「進撃の巨人」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、かっこよかったですね、シキシマ。 でもこれオリジナルキャラなんですね。ヾ(・∀・;)オイオイ キザでわかったような顔して見てるもんには何言ってんだかわかんね~よ~って思いつつも まともに戦闘してんのはこのひととミカサくらいですからね~。 リヴァイ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (花ごよみ)
人間を捕食する巨人対人類とのバトル。 原作は諫山創のコミックを実写映画化。 監督は樋口真嗣。 100年以上前に現れた巨人が 巨大な壁を破壊し、再び侵攻。 主役のエレンを三浦春馬。ミカサには水原希子。 長谷川博己、、石原さとみ、國村隼等が共演。 巨人がと...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇) (佐藤秀の徒然幻視録)
「世界の終わり」は二通りの意味がある? 公式サイト。諫山創原作、樋口真嗣監督。三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、 ...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』('15初鑑賞58・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 8月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:40の回を鑑賞。
[映画『進撃の巨人(実写版)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・う~む、う~む、これはいかがなもんだろうか? 『進撃の巨人』ファンのアイプリや、私の甥っ子はどう思うか? っちゅうか、どう傷つくのか?(・_・;) エレンとアルミンの区別がつかなくて、ミカサは、演じている水原希子は美しいが、リヴァイ的な役柄のシキシ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ATTACK ON TITAN】 2015/08/01公開 日本 PG12 98分監督:樋口真嗣出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼 運命に挑め――。戦わなければ、勝てない。 Story:10...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (こねたみっくす)
この世界は残酷か。いや、この映画の出来が残酷です。 さすが樋口真嗣監督です。もう映像以外は本当に酷い!そもそも脚本家も含めて原作を流し読みしかしていないだろう、TVアニメ ...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (時間の無駄と言わないで)
邦画にハリウッド並の特撮とかCGとかは期待してないし、そこまでお金がかけられるワケじゃないのも知ってる。 だからこそ脚本が酷いってのが許しがたいワケで。 そしてそいう場合( ...
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」巨人に追い込まれた人類は存亡をかけた巨人との戦いに挑んでいく (オールマイティにコメンテート)
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は諫山創原作の漫画進撃の巨人を実写化した作品で突如現れた巨人によって人類の多くを失った中で壁を築き100年以上経た時代に再び巨人が現れて人類は ...
「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN」☆巨人的迫力!inジャパンプレミア (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
迫力凄い!映像すごい!VFX凄すぎる!巨人キモイ!役者の演技うまい!アクションかっこいい!血肉汁ぶっしゃー! とにかくとにかく超面白い!!!
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (miaのmovie★DIARY)
【shinngekinokyojin ATTACK ON TITAN】 制作国:日本  制作年:2015年 100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが 食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止す べく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン (...
No.509 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (気ままな映画生活)
既刊16巻が全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した2部作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の前編。「のぼうの城」「巨神兵東京に現わる」「日本 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (映画好きパパの鑑賞日記)
 ネット上で酷評の嵐ですが、素直に面白かったです。日本の伝統ある特撮映画の系譜をついでいるという感じで。突っ込みどころが多数あるのを突っ込む姿勢でみればいいのではないでしょうか。  作品情報 2015年日本映画 監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬、水原希子、長...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN/三浦春馬 (カノンな日々)
原作コミックが何やら凄いらしいということで放送の始まったTVアニメを観てみたら、これがメチャメチャ面白くて瞬殺でハマってしまいました。とにかくこの世界観は凄いですよね。 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(D-BOXシート) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、神尾佑、KREVA、高橋みなみ、諏訪太朗、橋本じゅん、原知佐子、仁科貴、村木よし子 【解説】 人間を捕食...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN  監督/樋口 真嗣 (西京極 紫の館)
【出演】  三浦 春馬  水原 希子  本郷 奏多  長谷川 博己  石原 さとみ 【ストーリー】 100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた....
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前篇」□監督 樋口真嗣□脚本 渡辺雄介、町山智浩□原作 諫山 創 □キャスト 三浦春馬、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、長谷川博己■鑑賞日 8月14日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満...
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 進撃できたか? (はらやんの映画徒然草)
当初は中島哲也監督で作るということを聞きで、かなり期待しておりました。 原作の物
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】巨人に襲われた人たちが自分たちの土地を取
映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』★巨人の知性の無さがこわい(汗) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158352/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作はチラッとしか知りませんが、 「こんなの初めてェーッ!」と、叫する 石原さとみ さんに惹...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (映画的・絵画的・音楽的)
 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)原作漫画が大人気と聞いて映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「100年以上前に、巨人たちが現れ、人間を食べ、文明は崩壊した。その侵攻を防ぐために、人は巨大な壁(注2)を3重に...
[映画] 進撃の巨人 前編 (12時間Blog)
「進撃の巨人 前編」を川崎109シネマズにて観て来ました うーむ、何て言ったらいいのか… タイトルに ”前編” とあるようにこの映画は後編へと続くんですが、前編を見終えた今、物語が半ば辺りまで進んだという実感が全くと言っていい程ありません(^_^;) 原作マンガの...
映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年) (みかりんの 気ままに感想記)
2015年8月17日(月)午前11時15分~の上映を観ました。8月1日(土)公開
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 (ゆっくり歩こ。)
私は原作を知らないので面白かったです 原作を知る人にしたら酷評なのかな? VFXとか酷いって書いてるレビューも見ましたが、私はぜんぜん!でした 石原さとみ演じるハンジのセリフ “こーんなの初めてぇ~” ってやつ、 どこのシーンで? と思ってましたが...
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 (Con Gas, Sin Hielo)
食べ方が気まぐれな巨人。 コミックを実写化する場合、原作のファンを中心に批判が起こるのは常である。原作の人気が高ければ高いほど抵抗感も強まり、本作においても、配役のイメージが異なる、物語が書き換えられているといった声が強く聞かれている。 ただ、原作を....
映画感想『進撃の巨人ATTACKONTITAN』2015年日本 (見取り八段・実0段)
一か月以上も前に見たのですが、記事を書けない内にもう明日から後編が公開されるらしい…ので慌てて書いた(笑)ネットで言われているほど酷くはないです。むしろグロいことの方にキ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (Dラえもん Nび太のK底K岩城)
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』 (2015・日本・1h38) 監督 : 樋口真嗣 出演 : 桜庭ななみ、石原さとみ、武田梨奈 突如現れた巨人によって文明が崩壊した世界。生き残った人間は三重(※)に築いた壁の中で生活していたが一つめの壁が巨人によって破壊さ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (いやいやえん)
【概略】 100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は食われ、文明は崩壊した。生き残った人類は巨大な壁を三重に築き、その内側で暮らしていたが…。 アクション 劇場上映当初から観客はおろか批評家・関係者からも非難轟々だった本作…。 これは…初め...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (銀幕大帝α)
ATTACK ON TITAN 2015年 日本 98分 アクション/アドベンチャー/ホラー PG12 劇場公開(2015/08/01) 監督: 樋口真嗣 原作: 諫山創 主題歌: SEKAI NO OWARI『ANTI-HERO -movie edit-』 特殊造型プロデューサー: 西村喜廣 出演: 三浦春馬:エレン 長谷川博....
進撃の巨人 (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2015年日本 上映時間:98分 監督:樋口真嗣   とにかくネットでの評価が異常に低すぎる。それで映画館には足を運ばなかったのだが、DVD化されたので、なぜそれ程までに低評価なのか、怖いもの見たさでレンタルすることにした。 確かに飛び上がる