だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

モテキ

2011-10-01 01:45:00 | 映画(ま行)

日本
青春/ドラマ/ロマンス

    * * * * * * * *

久保ミツロウの人気コミックスを「世界の中心で、愛をさけぶ」の森山未來
主演で実写ドラマ化して評判を呼んだTVシリーズ「モテキ」の劇場版。
完結した原作のその後の物語を、原作者自らの書き下ろしによる完全
オリジナル・ストリーで描く。
劣等感にまみれた草食系男子のダメ青年が、突然訪れた“モテキ”に戸惑い、
4人の美女に翻弄されながらも真実の愛を求めて悪戦苦闘するほろ苦くも
甘酸っぱい青春の日々を、サブカル・ネタを織り交ぜつつ、多彩なJ-POPの
名曲と共に綴る。
4人のヒロインには、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子。
監督はTVドラマ版に続いて大根仁。これが映画監督デビューとなる。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

金なし夢なし彼女なしの31歳独身男、藤本幸世。派遣社員を卒業し、
ニュースサイトのライターとして働き始めた彼はある日、ツイッターで
知り合ったキュートな雑誌編集者の松尾みゆきといい感じに。
彼氏持ちと判明するも簡単には諦めきれない。すると今度はみゆきの親友で
清楚な美人OL桝元るみ子からまさかの逆告白。
さらに、ガールズバーで働く派手目のコケティッシュな美女・愛や
美人でドSな会社の先輩・唐木素子とも急接近。
どうやら藤本に2度目の“モテキ”が奇跡的にやって来たようなのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

原作も読んでないし、TVドラマ版は相手役が松本莉緒、菊池凛子という
いまいち興味に惹かれない女優陣だったので見ていない(後で満島ひかりも
相手役と知って見なかったことをちょっと後悔)状態だったんですが、
映画版が長澤まさみに麻生久美子、仲里依紗、真木よう子という女優陣が
相手役と聞いて、これは観に行かずにはいられないとTOHOシネマズなんばで
観賞。

大江千里って懐かしい!

これは面白かったなぁ。終始笑ったりニヤついたりして最後まで楽しめた。
幸世のネガティブな気持ちに理解できたり、逆にイラついたりと見入って
しまいました。

テンポも良かったし、笑いどころもあり、90年代の懐かしい曲も結構
流れてたし、歌詞に連動した演出等もあって面白い。
特に幸世が野外フェスでナンパに失敗した時に、大江千里の「格好悪い
ふられ方」の歌詞が出て曲が流れたのは笑ってしまった。
エンドロールも最後まで飽きずに見られる演出でイイ!

それと主演の森山未來の動きのキレの良さにびっくり。
部屋の中でのアクロバティックでコミカルな動きや、街中でPerfumeと一緒に
完璧に振りを踊りきる姿は凄かった。

で、何よりも良かったのが長澤まさみ。
彼女の魅力全開で今までの出演作の中で一番良かったかも。
可愛いしエロいし、満足です。

ただ4人にモテるって話だと思ってたんですが、恋愛に絡むのは実質2人で
仲里依紗、真木よう子からはモテてなかったような。
まだ仲里依紗演じる愛からはまだモテたと判断してもいいけど、真木よう子
演じる素子は単なる職場の先輩でしかない。
もうちょっと二人の出番が欲しかったかなぁ。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラビット・ホラー3D | トップ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (CINECHAN)
2011-11-14 01:09:49
TBありがとうございました。

面白かったんですが、
「モテキ」というタイトルが
合っているかは微妙でした。

仲里依紗と真木よう子はちょっと
違いましたね。
>CINECHANさん (はくじ)
2011-11-14 23:02:46
こんばんは。
コメントありがとうございます。

面白かったですねぇ。

てっきり4人同時に迫まれてアタフタするの
かと思いきや積極的に迫まれたのは麻生久美子
ぐらいですもんね。
仲里依紗と真木よう子は違いましたし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『モテキ』 ガッポリ儲ける方法 (映画のブログ)
 思わず唸った。上手い!  映画『モテキ』の上映中、終始ニヤニヤし通しだった私は、大根仁監督の上手さに舌を巻いた。  この映画は、あたかもモテない男のルサンチマンが爆発しているかのように見せて...
モテキ (LOVE Cinemas 調布)
久保ミツロウの同名人気コミックスで、ドラマ化されて評判を呼んだ「モテキ」の劇場版。主演は『その街のこども』の森山未來。共演に『岳 -ガク-』の長澤まさみ、『ロック ~わんこの島~』の麻生久美子、『時をかける少女』の仲里依紗、「SP」シリーズの真木よう子と...
「モテキ」好きになった人しか見えなくなった先にみた理解したいと言ってくれた女を重いと蔑ろにしたオタク男の暴走劇 (オールマイティにコメンテート)
9月23日公開の映画「モテキ」9月23日公開の映画「モテキ」を鑑賞した。この映画は昨年テレビ東京で放送されたモテキの続編となる作品で、金なし夢なし彼女なしのオタク青年 ...
モテキ (あーうぃ だにぇっと)
モテキ@ニッショーホール。 隣にでっかくて無神経なおっさんが座っていた。 でかいのは彼の罪ではない。 が、肘掛にはみ出るような座り方するな。 なんだかな~と思っていると、彼はT橋厨房の一味だったようだ。 “席が空くから来ない?”と誘われて移動していった...
モテキ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一人のさえない青年と四人の美女が繰り広げるラブコメディだと思いこんで出かけたら、いい意味で裏切られた。森山未來演じる青年が仕事や友人との交流を通じて一人前に成長して、女性との愛に気がつくというまともな映画だった。長澤まさみ、麻生久美子、真木ようこ、仲里...
モテキ (うろうろ日記)
試写会で見ました。深夜ドラマの続編だそうです。草食系男子の主人公が美人女子4人に
2011年9月14日 『モテキ』 ニッショーホール (気ままな映画生活)
今日は、『モテキ』 を試写会で鑑賞です。 流石に面白いよね 【ストーリー】  金もなく恋人もいない藤本幸世(森山未來)に、怒とうのように恋のチャンスが訪れた“モテキ”から1年後。4人の女の子たちとの関係は終わってしまったが、再び新たな女の子たちが幸世に接...
モテキ/森山未來、長澤まさみ、麻生久美子 (カノンな日々)
原作コミックのことは知りませんでしたが、テレビ東京で放送されていたTVドラマにハマりました。それはもう映画化されるのも納得の面白さでしたね。冴えない青年が突然訪れたモテ ...
モテキ (佐藤秀の徒然幻視録)
幸世は既に死んでしまっている? 公式サイト。久保ミツロウ原作、大根仁監督、森山未來、長澤まさみ、仲里依沙、真木よう子、麻生久美子、新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フラン ...
モテキ (Akira's VOICE)
恋のバカ騒ぎ。  
映画『モテキ』  (よくばりアンテナ)
原作未読で、TVドラマもこっちで放送されてる時期を知らなくて逃してしまってたんだけど、 映画だけ観ても楽しめそうな気がしてました。 予告編だとさえない青年がついにモテキ(モテ期)到来して、 華...
モテキ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月23日(金) 15:45~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『モテキ』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。6本目。 漫画が原作であるが、その1年後というオリジナル・ストーリーだそうだ。 漫画はテレビドラマに...
モテキ (Memoirs_of_dai)
何ともエロい長澤まさみ 【Story】 31歳のさえない独身男、藤本幸世(森山未來)は、あれほどのモテ期が到来したというのに結局恋人と添い遂げることもできず、相変わらずのセカンド童貞。だが転職す...
映画『モテキ』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督・脚本、大根仁。原作、久保ミツロウ。2011年日本。恋愛映画。出演、森山未來
「モテキ」吾輩にも来るのか(^^;?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[モテキ] ブログ村キーワード  まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)。ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑...
モテキ (だめ男のだめブログ)
「モテキ」 監督 大根仁 原作 久保ミツロウ 出演 森山未來(藤本幸世) 長澤まさみ(松尾みゆき) 麻生久美子(桝元るみ子) 仲里依紗(愛) 真木よう子(唐木素子) 新井浩文(島田雄一) 金子ノブアキ(山下ダイスケ...
『モテキ』 (こねたみっくす)
存在感の薄い森山未来ではなく、リリー・フランキー演じる墨さんが主演か、もしくはみゆき・るみ子・愛・素子の4人の女性から見たオムニバス作品としてこの映画に出逢いたかった ...
『モテキ』 ('11初鑑賞128・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月23日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:45の回を鑑賞。
『モテキ』 (ラムの大通り)
----“モテキ”ってどういう意味? ポスターとか見ると、 森山未來が嬉しそうに女神輿に乗って はしゃいでるけど? 「いやあ。これはぼくも知らなかったけど、 どうやら“モテ期”、 つまりモテル時期ということみたい。 観る前までは、 主人公の男がモテてモテてどうしよ...
『モテキ』 (beatitude)
31歳の藤本幸世(森山未來)は、金なし夢なし彼女なし。派遣会社を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いもないまま。だがある日突然、“モテキ”が訪れた。キュートな雑誌編集者・みゆ...
『モテキ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「モテキ」□監督・脚本 大根 仁□原作 久保ミツロウ (「モテキ」講談社イブニングKC)□キャスト 森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、       新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー、ピエール瀧...
モテキ (to Heart)
                       製作年度 2011年 上映時間 118分 原作 久保ミツロウ 監督:脚本 大根仁 出演 森山未來/長澤まさみ/麻生久美子/仲里依紗/真木よう子/新井浩文/金子ノブアキ/リリー・フランキー 原作を手掛ける漫画家、久保ミツロウが、テ...
映画:「モテキ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年9月26日(月)/。 映画:「モテキ」。 【監督・脚本】大根仁 【原   作】久保ミツロウ 【 キャスト 】森山未來 (藤本幸世)・長澤まさみ (松尾美由紀)・麻生久美子 (枡本留未子)         仲里依紗 (愛)・真木よう子 (唐木素子)・...
「モテキ」 恋の一喜一憂 (はらやんの映画徒然草)
「モテキ」、それは人生において突然、異性に持てる時期、らしい。 そんなもんあるん
モテキ (映画情報良いとこ撮り!)
モテキ ライターとして一歩を踏み出した、藤本幸世。 そんな彼にとんでいもないことが、起こる。 それが、モテキ到来なのだ。 いっぺんに性格のことなる4人の女性と出会う。 そんな彼女達との恋の行方は。 果たして、今回のモテキを上手く利用して、恋...
映画「モテキ」を観ました!!(2011-11) (馬球1964)
映画「モテキ」を観ました!!
モテキ(2011-073) (単館系)
久保ミツロウの同名人気コミックを映画化。 ドラマ化もされその1年後という設定で同氏がこの映画を元に 書きおろし。 監督はドラマ版の監督も務めた大根仁。 主演は森山未來。 ドラマ及び原作は未見。 ...
モテキ 森山未來に殺意を抱き、長澤まさみ嬢にムラムラする映画w (マチルダベイビー!)
映画「モテキ」が公開14日間で興行収入10億円を突破する大ヒットらしい。僕もその中の1人な訳だけどw週末で映画の日に見に行ったこともあって確かにお客さんの入りと熱気は凄いものがありました。
モテキ (映画的・絵画的・音楽的)
 『モテキ』を新宿バルト9で見ました。 (1)この映画のことは予告編で知って、面白そうだなと思い見てきましたが(ですから、漫画もTVドラマも知りませんでした)、予想どおり実に楽しい気分で映画館を後にすることができました。  映画はどこをとっても面白さに溢れて...
*モテキ* (Cartouche)
  31歳の藤本幸世(森山未來)は、金なし夢なし彼女なし。派遣会社を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いもないまま。だがある日突然、“モテキ”が訪れた。キュートな雑誌編集者・みゆき(長...
モテキ (B-scale fan's log)
公開中 大根仁監督     森山未來主演     出演 長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、     真木よう子、リリー・フランキー 他 新評価 5.0 最近は出張中なのですが進捗が思わしくないので、 ここで気分転換のために川崎109に行って、 明るく楽しそうで...
「モテキ」 (2011 東宝) (事務職員へのこの1冊)
三川イオンシネマで「猿の惑星/創世記」が終わるのが11時56分。そのまま11時5
モテキ ( ★the tip of the iceberg★)
http://www.moteki-movie.jp/index.html 公式HPまさか、『セカンドバージン』を見た同じ日に、『モテキ』で、セカンド童貞などと言う単語を耳にするとは思わなかった。そういう人、増えているのかもしれない???モテキは、当然長澤まさみちゃん目当てで行ったのです...
映画を観た~モテキ~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
「モテキ」 (Con Gas, Sin Hielo)
恋とカラオケの時は流れて。 カラオケにいちばんよく行ったのは、もう20年前だろうか。 「格好悪いふられ方」は何度か歌った。「今夜はブギーバック」は歌いはしなかったけどよく聞いた。 モテキかどうかはともかく、女性が周りにやや多くいる時期というのは確かにあ....
映画:モテキ 今年のベスト10にランクインしそうな、2011年型 日本恋愛コメディ! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画がテンポよく立ち上がって早々、 「歌手本人」も登場する、プロモーションビデオを圧倒的に凌駕する鋭い出来栄えの挿入歌で、一気に昇天! (「500日のサマー」へのオマージュだそう、な~る~) もうこのあとは、ラストまで一気に突き進むのみ。 この音楽起用の...
「モテキ」 (元・副会長のCinema Days)
 中盤までは好調だが、後半は腰砕け。これはひとえに“第一ヒロイン”を演じる長澤まさみの資質を見抜けなかった作者の側に責任があるのではないかと思ったりする(笑)。  主人公の藤本幸世はカネも無ければ夢も無い、冴えない三十男だ。長かった派遣社員時代によう...
元気ハツラツ! 森山くんのオタク「モテキ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
オタクの藤本に突然、モテキが訪れた。ツイッターで気が合って知り合った雑誌編集者のみゆき、その友人のOLるみ子、お水で子持ちの愛、そして先輩社員の素子。さて、藤本は思いを遂げることができるのか……? 監督:大根仁 出演:森山未來、長澤まさみ
「モテキ」 (古今東西座)
『探偵はBARにいる』が混雑していたので急遽予定変更して観ることにした『モテキ』。いかにもくだらなそうなポスターが「気楽に観られるよ」と誘っていて、その時のこちらの気分に合致した。この作品、予告編から想像するに、モテナイ男の主人公(森山未來)に「モテ期」...
モテキ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
映画観に行く前にGyaoで1話目だけ無料鑑賞。そうか、こーいう物語だったのかっと認識。それにしても・・・この悶々具合がどうもね、、、っと思ったのは猫だけ?藤本くんのヘタレ加減と、勝手に自己完結する性格が観ていてイラっとするのよね。でも、歌って踊ってミュージ...
【映画】モテキ (映画鑑賞&洋ドラマ日記)
JUGEMテーマ:モテキ  ドラマ版が想定よりも好評だったことで映画化された本作品。 テレビ版のもなかなか おもしろかったですね!森山くんどっかハマり役です。案外、気持ち悪い男を演じさせたら、すごいのかも!!漫画のヤツと個人的に生き写しではないかと...
「モテキ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
何か看板に偽りない? どうして? タイトルが「モテキ」で四人の女性にかつがれている森山未来の図、といえば、四股掛ける男のウハウハな話かと思うじゃないか。 ウハウハ?凄い表現。あなた何歳? そんなところに反応するな。 ところが中身は、森山未来と長澤まさみ二人...
モテキ (食はすべての源なり。)
モテキ ★★★★☆(★4つ) かなり好評だったモテキ!やっと観れました。 確かに良作。 前半は「くっだらない~」と失笑の連続なんだけど、ミュージカルのようにBGMが多々使われているのが楽しめる!心の代弁カラオケいっぱい(笑) 後半は意外と泣かせるシーンも...
モテキ (銀幕大帝α)
11年/日本/118分/青春ロマンス・ドラマ/劇場公開 -監督- 大根仁 -脚本- 大根仁 -オープニングテーマ- フジファブリック『夜明けのBEAT』 -メインテーマ- 女王蜂『デスコ』 -出演- ◆森山未來…藤本幸世 過去出演作:『20世紀少年<最終章> ぼくら...
モテキ (いやいやえん)
人生にモテキは二度あるんだっけ?三度だっけ?今までもてた事がないので老年期に一気にくるのかしら…それもなんかイヤンな感じ! 原作漫画もドラマもみてない。主人公の森山未來さんを彩るのは、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子さんという豪華な面々...
モテキ (Blossom)
モテキ 監督 大根仁 出演 森山未來 長澤まさみ 麻生久美子     仲里依紗 真木よう子 満島ひかり     金子ノブアキ リリー・フランキー 日本 2011
【映画】モテキ…90年代サブカルを象徴する際、今夜はブギーバックに頼りがち (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日も調子良く発電中(※太陽光発電) ゴールデンウィークも終わり、本日からお仕事…億劫です 以下は早速、映画観賞記録。ペースアップの意気込み注入中 「モテキ」 (監督:大根仁、出演:森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、2011年日本) TSUTAYA DISCASさんか...