だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

テルマエ・ロマエII

2014-04-27 00:01:24 | 映画(た行)

日本
コメディ

    * * * * * * * *

ヤマザキマリの大ヒットお風呂ギャグマンガを阿部寛主演で実写映画化した
ファンタジー・コメディの続編。
再び現代の日本にタイムスリップした古代ローマの浴場設計技師ルシウスが、
平たい顔族の力を借りて故国の難題に立ち向かっていくさまを描く。
共演は引き続き上戸彩。
監督も前作と同じ「のだめカンタービレ 最終楽章」の武内英樹。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

古代ローマ帝国。平たい顔族(日本人)のアイデアを採り入れた斬新な
テルマエ(浴場)を作って評判となった真面目な浴場設計技師ルシウス。
今度はハドリアヌス皇帝からコロッセオにグラディエイターたちを癒す
テルマエを建設するよう命じられる。
しかしまったくアイデアが浮かばず悩むルシウスは、またしてもお風呂を
通じて現代日本へとタイムスリップしてしまう。
するとそこで、風呂専門雑誌のライターに転向していた真実と驚きの再会を
果たすのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

前作が大変面白かったので、これも面白いだろうなと大いに期待しつつ
MOVIX堺で鑑賞。

前作同様面白かった。

前作同様、テルマエ作りに悩んでるとタイムスリップしてしまい、平たい顔族の
風呂文化にカルチャーショックを受けつつ、それをローマに持ち帰るパターン
で、前作とおなじネタだったりしてわかっているんだけど、大いに笑えた。
ただ、今回阿部寛のアレを絶妙なカメラワークで隠すシーンが無かったのは残念。

だけど今回は、エンドロールでしか観られなかった上戸彩の入浴シーンが劇中で
観られて眼福。

今回は、湯もみに混浴、ウォータースライダーにラーメン・餃子、大相撲、
足つぼマットにマッサージチェアに衝撃を受けるルシウス。
ローマに戻ってそれらを取り入れるんだけど、その度に奴隷達の仕事が
増えていくのが不憫で仕方ない。

キャスティングは前作に引き続き北村一輝、市村正親、宍戸開といった濃い顔の
面々が登場。前作でも思ったけど、顔の濃い族に紛れても全然違和感ないのが
凄いな。

前作は外人が観ても笑えると思うけど、今回は与作とか浪越先生とかちょっと
外人には分かりづらいかも。

お薦め度:★★★★★(5/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相棒 -劇場版III- 巨大密室... | トップ | アメイジング・スパイダーマン2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-04-27 00:53:16
三作目が出来たら、次は海外戦略で逆にニンジャとかゲイシャとか出てきそうですが

(ルシウスが上戸彩と一緒に江戸時代にタイムスリップして最終的にはローマにハラキリが流行る)。
>ふじき78さん (はくじ)
2014-05-01 23:44:33
こんばんは。
コメントありがとうございます。

さすがに三作目はマンネリ感があってなさそうな気が
しますが、出来たら出来たで観に行きたいですね。
3作目は (sakurai)
2014-05-29 13:08:54
ないでしょうね。
小ネタも限界だったし、あれで終わるのがいいかと。
でも、せっかく作ったコロッセオがもったいないか。。
>sakuraiさん (はくじ)
2014-05-29 23:15:32
こんばんは。
コメントありがとうございます。

さすがに3作目はないですよね。
浪越先生とか出したことから、ちょっとネタに限界が
きてるっぽいですしね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「テルマエ・ロマエ?」再び日本と古代ローマをタイムスリップした先にみた平たいスモウレスラーたちの真剣勝負と平和をもたらした混浴... (オールマイティにコメンテート)
「テルマエ・ロマエ?」は2012年4月に公開された「テルマエ・ロマエ」の続編で、古代ローマ帝国からタイムスリップしてきたテルマエ技師のルシウスが現代日本の風呂から様々 ...
『テルマエ・ロマエ?』をトーホーシネマズ日劇2で観て、そこそこ思った通りだけどそれでよしふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★見事に予告通り】   予告編にもう何点か見せ場を追加して薄めて作った映画。 であるが、そんなに悪い気はしない。 別に物凄い物が見れる筈だと身構えて足 ...
「テルマエ・ロマエ?」浴場ファンタスティック! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[テルマエ・ロマエ] ブログ村キーワード  まさかの大ヒットから2年、まさかの続編誕生!「テルマエ・ロマエ?」(東宝)。主要キャスト、オール再結集!そりゃそうでないと、やる意味ないわな~(^^;。  幾度かの現代日本へのタイムスリップを経験した、古代ロー...
テルマエ・ロマエII (Akira's VOICE)
混浴したくなること請け合い!  
テルマエ・ロマエII (映画情報良いとこ撮り!)
テルマエ・ロマエII へ~2作製したんですか、作者といろいろ折り合いも付いたってことなのでしょうけど。 今回は、さらに使用料もアップしたのか。 浴場設計技師ルシウスは、今回は、剣闘士の傷を癒やす風呂場を作るよう要請を受けた。 例によって、悩んでいる...
劇場鑑賞「テルマエ・ロマエII」 (日々“是”精進! ver.F)
温泉の理想郷を、作りたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404270001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】テルマエ・ロマエ2 ムジカ・コレクティオン [ 住友紀人 ]価格:3,240円(税込、送料込) テルマエ...
テルマエ・ロマエII (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/04/26公開 日本 112分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢 世紀のSF(すごい風呂)超大作 [Story]古代ローマ帝国。平たい顔族(日本人)のアイデアを採り入れた斬新なテルマエ(浴場)を作って...
映画『テルマエ・ロマエ?』観てきた (よくばりアンテナ)
公式HPはコチラ 2年前の前作の感想はコチラ 前作は原作の方が・・・・って思ってたので、 今回は期待もせずに映画館へ行きました。 なんと、GWだからなのか、それともコロナワールドがサービスデーだからなのか ものすごい人の行列で、 チケットを買うま...
『テルマエロマエ?』 2014年4月19日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『テルマエロマエ?』 を試写会で鑑賞しました。 2回目の日本橋は何故か同じスクリーン6だった 【ストーリー】  ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませて...
「テルマエ・ロマエ ?」 (ここなつ映画レビュー)
前作は、あまりに原作漫画を読み込み過ぎて、期待と知識が作品の展開と合わず空回りしたような雰囲気を感じ、まあもういいかな、続編出ても観に行かないだろうな、と思っていたものの、やはり「?」が出てしまうと行かざるを得ず…っていう強制力は何に関してもないのだし...
『テルマエ・ロマエ?』 (こねたみっくす)
ヘイ・ヘイ・ホー♪ 日本の風呂文化に多大なるカルチャーギャップを受けたテルマエ技師はジェダイの騎士にもターミネーターにもなれませんでした。あぁ~残念。 ポスターもTVCMも ...
映画「テルマエ・ロマエII」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『テルマエ・ロマエII』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点はだいぶ甘めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 前作で、斬新なテルマエ(浴場)を作り上げ、一躍名声を得た古代ローマの浴...
テルマエ・ロマエII ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップするヤマザキマリの人気コミックを実写映画化した『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデアに煮詰まったルシウスが、再度日本と古代ローマを行き交うさまを描く。主演の阿部寛や上戸彩、市村正...
テルマエ・ロマエII/阿部寛、上戸彩 (カノンな日々)
ヤマザキマリさんの人気コミックを実写映画化し予想外の大ヒットとなった『テルマエ・ロマエ』の続編です。ちょっと悪ノリしているようにも思える今回の宣伝を楽しんでる私は期待 ...
「テルマエ・ロマエII」 (みんなシネマいいのに!)
 原作者のヤマザキマリが原作使用料が出版社から言い渡された100 万円のみであっ
テルマエ・ロマエII (とりあえず、コメントです)
ヤマザキマリ著の人気コミックシリーズの映画化第2弾です。 前作が面白かったので、今作も楽しみにしていました。 同じキャストの揃った物語では、平和なローマを揺るがす大事件が起きようとしていました。
テルマエ・ロマエ2 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:武内英樹 出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親 【解説】 古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップするヤマザキマリの人気コミックを実写映画化した『テルマエ・ロマエ』の続編。新たな浴場建設を命じられアイデア....
テルマエ・ロマエ? (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
古代ローマの浴槽設計技師が現代日本にタイムスリップして引き起こすコメディだ。力士や最新のシャワー・トイレに源泉掛け流しの温泉などがヒントになって、古代ローマの難題を解決していく。バカバカしい内容だけど、鑑賞後の爽快感がたまらない。
『テルマエ・ロマエ?』 (こねたみっくす)
ヘイ・ヘイ・ホー♪ 日本の風呂文化に多大なるカルチャーギャップを受けたテルマエ技師はジェダイの騎士にもターミネーターにもなれませんでした。あぁ~残念。 ポスターもTVCMも ...
テルマエ・ロマエII (勝手に映画評)
2012年に公開され、ヒットした作品『テルマエ・ロマエ』の第二作。 今回は、短編集と言う感じ。ルシウスと真実の絡みも、物語後半までは、すれ違い的な絡みばかり。ただ、前回の出会いを元とした今回の物語になっているので、真実以外の登場人物も、ルシウスの事は覚える...
『テルマエ・ロマエII』を世界に広めよう! (映画のブログ)
 「人生の目的とは、自分を魂として昇華させること。  私にとって映画は芸術だ、ビジネスである前に。」  映画史上の傑作『エル・トポ』を撮ったアレハンドロ・ホドロフスキーにそう云われては、映画はビジネスじゃなく芸術であるべきだと思ってしまう。  しかし...
映画『テルマエ・ロマエ〓』★ひとっ風呂浴びるつもりで与作ゥ~♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161780/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     前作 『 テルマエ・ロマエ 』 の続編です。面白かったですねェ~ (*^_^*)     古代ロ...
「テルマエ・ロマエ?」☆漫画原作の落とし穴 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まあ、面白い。普通に面白い。 前日に「テルマエ・ロマエ」の1作目が放送されたこともあって満席の会場も、和やかに笑ってはいるものの爆笑ほどではなかった。 ぐっと原作に近い(と思われる)マンガちっくな仕上がりは、本来のこのお話の良さを忘れかけていて・・・・
「テルマエ・ロマエII」みた。 (たいむのひとりごと)
2012年公開の『テルマエ・ロマエ』の続編。前作は概ね原作をリスペクトしたつくりに感じられたけれど、今回はよりコメディ色を強くした感じで、ワンパターンをテンポよく見せることでマンネリ感を上手く吹き飛ば
テルマエ・ロマエII (そーれりぽーと)
観終わっても何も残らないなりに原作の読者を納得させる笑いと勢いで楽しませてくれた『テルマエ・ロマエ』の続編、『テルマエ・ロマエII』を観てきました。 ★★★ とは言え前作の★は3.5個とそう多く★を付けていた訳ではなかったけれど、今回は2.5個に減ってしまいま...
映画 テルマエ・ロマエ? (こみち)
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画   冒頭は1作目の方が面白かったのにと思ってしまう程   スローな始まりでした。しかし、中盤から大いに盛り上がり   平たい顔族のパロディー満載。  ...
【 テルマエ・ロマエII 】HEI HEI HOU…HEI HEI HOUUU~ (映画@見取り八段)
テルマエ・ロマエII     監督: 武内英樹    キャスト: 阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、キムラ緑子、勝矢、曙、琴欧洲、菅登未男、いか八朗、松島トモ子、白木みのる 公開: 2014年4月26日 2014年4月30日。劇場観賞 2012年...
勘違いしてほしかったなあ、と(アメイジング・スパイダーマン2とかたまこラブストーリーとか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【軍師官兵衛 第17話】見捨てられし者たちの巻。大国の思惑に翻弄される少数勢力の悲劇、という感じのお話でしたね。よく聞く伝承では、秀吉が尼子勢に対して伝えたのは「城を捨 ...
『テルマエ・ロマエ?』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ?」□監督 武内英樹 □脚本 橋本裕志□原作 ヤマザキマリ□キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、市村正親■鑑賞日 4月27日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5...
テルマエ・ロマエII (心のままに映画の風景)
古代ローマ帝国。 平たい顔族(日本人)のアイデアを採り入れ、斬新なテルマエで評判となったルシウス(阿部寛)は、ハドリアヌス皇帝(市村正親)からグラディエイターたちを癒すテルマエを建設するよう命じられる。 またもや現代の日本へタイムスリップしたルシウス...
テルマエ・ロマエ? (Break Time)
今日から、G/Wの始まり・・・
映画「テルマエ・ロマエII」 (FREE TIME)
映画「テルマエ・ロマエII」を鑑賞しました。
「テルマエ・ロマエ?」 文化ギャップ (はらやんの映画徒然草)
前作は小規模での公開でしたが、関係者も驚く大ヒットとなり、たちまち続編が作られる
テルマエ・ロマエII (単館系)
テルマエ・ロマエII ユナイテッド・シネマ浦和 4/26公開 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、 剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、 またもや現代の日本へタイムスリップ。 ...
「テルマエ・ロマエ?」 (NAOのピアノレッスン日記)
~世紀のSF(すごい風呂)超大作~ 2014年  日本映画    (2014.04.26公開)配給:東宝       上映時間:112分監督:竹内英樹原作:ヤマザキマリ脚本:橋本裕志衣装:宮本まさ江音楽:住友紀人美術:原田満生出演:阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内力....
テルマエ・ロマエ2 (映画好きパパの鑑賞日記)
 古代ローマのテルマエ(公衆浴場の技師)が日本の温泉にタイムスリップするという大ヒット映画の続編。前半のエピソードの繰り返しは笑えたけど、コロッセウムのシーンとか残酷じゃねえ?と思ってしまいました。コメディなので、もっとおおらかに笑ったかった。  作品...
映画『テルマエ・ロマエ?』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
前作公開時は、原作コミックにはまって 漫画から記事まで隅々まで 読み漁っていた頃でした。   そして、今回続編映画化と聞
テルマエ・ロマエII  監督/武内 英樹 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 寛  上戸 彩  北村 一輝  宍戸 開 【ストーリー】 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこ....
テルマエ・ロマエ? (映画的・絵画的・音楽的)
 『テルマエ・ロマエ?』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前作はDVDで見ており(注1)、本作(注2)も当初パスするつもりでしたが、時間に余裕ができたにもかかわらず他に見るべきものが見当たらなかったので、次善の策として映画館に入ったものです。  本作の時代....
テルマエ・ロマエ2 (迷宮映画館)
阿部ちゃんの腹筋にプラス1
『テルマエ・ロマエ II 』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『テルマエ・ロマエ II 』を観てきました。 いやぁ~あのポスターいいですね~スターウォーズ好きとしては、たまらんです。 桶で受け止めているのがいいですね。横のレイア姫風の上戸さんが素敵です(^^) 物語は、前作の続編ですが、前回ほどのインパクトがなかったし、な...
映画『テルマエ・ロマエ?』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-39.テルマエ・ロマエ?■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:112分■料金:1,100円■観賞日:5月1日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督:武内英樹◆阿部寛◆上戸彩◆北村一輝◆竹内力◆宍戸開◆市村正親◆笹野高史◆キムラ緑子◆曙◆白...
テルマエ・ロマエII (いやいやえん)
【概略】 斬新なテルマエ(浴場)を作り、一躍人気者になったルシウス。しかし、新たなテルマエの建設を命じられた彼は、再び現代日本へタイムスリップしてしまう。 ドラマ・コメディ 世紀のSF(すごい風呂)超大作! ! 全世界が沸いた――。 ↑このキャッチ可笑しい...
テルマエ・ロマエ II (銀幕大帝α)
2014年 日本 112分 コメディ 劇場公開(2014/04/26) 監督: 武内英樹 原作: ヤマザキマリ 出演: 阿部寛:ルシウス 上戸彩:山越真実 北村一輝:ケイオニウス 竹内力:館野 宍戸開:アントニヌス 笹野高史:山越修造 市村正親:ハドリアヌス キムラ緑子:山越...
テルマエ・ロマエII (のほほん便り)
前作が、平成12年度、予想外のGWのナンバーワンになって、スマッシュヒット!「それだけに、今回は、スケールアップして帰ってきましたぁ」の感。ワンパターンだけど、あいかわらずの荒唐無稽さ、トボケた味と、ユーモア加減が楽しかったです。なんといっても、阿部ちゃ...