だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

マレフィセント

2014-07-19 21:54:31 | 映画(ま行)

アメリカ
ファンタジー/ドラマ

    * * * * * * * *

主演にアンジェリーナ・ジョリーを迎え、ディズニー・アニメの名作「眠れる
森の美女」をモチーフに、同作で悪役だった魔女マレフィセントの知られざる
物語を実写で描き出す3Dダーク・ファンタジー大作。
共演はエル・ファニング、シャールト・コプリー。監督は「アバター」と
「アリス・イン・ワンダーランド」のプロダクションデザインで2度オスカー
に輝き、これが監督デビューとなるロバート・ストロンバーグ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

とある王国で、待望のロイヤル・ベビー、オーロラ姫が誕生し、盛大なお祝い
のパーティが開かれる。
招待客が見守る中、3人の妖精たちがオーロラ姫に幸運の魔法をかけていく。
ところが3人目が魔法を授けようとしたその時、“魔女”と恐れられる邪悪な
妖精マレフィセントが現われ、“16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠り
に落ちるだろう。そして、それを解くことができるのは真実の愛のキスだけ”
と恐ろしい呪いをかけてしまう。
やがてオーロラ姫は、呪いを恐れた王によって3人の妖精に託され、森の奥で
身分を隠して育てられる。
それでも美しく成長し、幸せな少女時代を送るオーロラ姫。
そんな彼女の姿を、マレフィセントは秘かに、しかもなぜか温かな眼差しで
見守っていた。なぜ彼女はオーロラ姫にあのような恐ろしい呪いをかけたのか。
その謎を解く鍵は、マレフィセント自身の封印された過去にあったのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ディズニー映画なのに悪役にスポットを当てた珍しさと、主演がアンジェリーナ
・ジョリーってことで興味に惹かれたので、出張先の映画館で鑑賞。

そんなに期待してなかったけど、大変面白かった。

原作の「眠れる森の美女」は、呪いで永遠の眠りに陥った姫様が王子のキスで
目覚めるって事くらいしか知らなかったんだけど、それでも楽しく観られる
内容で面白かった。

アンジェリーナ・ジョリーのマレフィセント役がぴったりハマってた。

何だかアンジェリーナ・ジョリーの、アンジェリーナ・ジョリーによる、
アンジェリーナ・ジョリーのための作品って感じの印象を受けるぐらい
彼女が全面に出てて、他の出演者の存在が霞んだ感じ。

後、赤ちゃんがマレフィセントに向かってニコって笑うところはいいな。
赤ちゃんの笑顔って観てるだけで幸せな気持ちになれるな。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ 

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 | トップ | エスケイプ・フロム・トゥモロー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そそそ (sakurai)
2014-08-09 10:23:55
ほかの印象が薄すぎて、あまりに圧倒的ですよね。
これっていいことなのか、どうなのか謎です。
彼女に勝てたのは、実の娘だけでしたかね。
>sakuraiさん (はくじ)
2014-08-10 00:50:18
こんばんは。
コメントありがとうございます。

エル・ファニングも頑張ってましたが、彼女のオーラと
いうか存在感の前には霞んでしまった印象でした。
ま、この作品に限っては、印象が強いのは良いこと
なのかもしれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マレフィセント/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
ディズニーアニメの不朽の名作『眠れる森の美女』においてオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかける邪悪な妖精マレフィセントを主人公にして、彼女の封印された過去とオーロラ姫に呪 ...
マレフィセント 2D字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
娘と一緒に観ました 面白かったー! 「眠れる森の美女」も、娘何度も観てましたね〜〜(笑) でも、この作品は呪いをかけたマレフィセントのお話で マレフィセントの小さい頃からスタートします。 マレフィセント側にたって観ることになりますねー! 知ってるストーリ....
マレフィセント〜レイプ被害女性の復讐譚? (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Maleficent。ロバート・ストロンバーグ監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャールト・コプリー、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュ ...
マレフィセント (とりあえず、コメントです)
「眠れる森の美女」をもとに邪悪な妖精マレフィセントの視点で描いたファンタジーです。 アンジーの強烈な存在感が印象的な予告編を観て、これは観たい!と楽しみにしていました。 クルクルと変わるアンジーの表情に魅せられながら、美しく不思議な世界へと引き込まれてい...
マレフィセント  監督/ロバート・ストロンバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  アンジェリーナ・ジョリー  エル・ファニング  シャールト・コプリー  サム・ライリー 【ストーリー】 とある王国のプリンセス、オーロラ姫の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセントが出現する。オー....
『マレフィセント』 2014年6月23日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マレフィセント』 を試写会で観賞しました。 上映前に、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニングの舞台挨拶があり エル・ファニングはとてもキュートだった アンジーは激ヤセのような細さだった 今日はイベントが六本木ヒルズアリーナでは無かったせいもあり イベ...
マレフィセント ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。マレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が...
映画『マレフィセント』観たよ(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
2D吹替版で鑑賞。 ディズニーアニメの名作『眠れる森の美女』の 悪役である呪いをかけた妖精マレフィセントの視点から 描いた作品。 どうしてオーロラ姫に呪いをかけたのか。 原作の童話は子どもの頃に読んでいて知ってはいたけど、 ディズニーアニメは観...
『マレフィセント』 (beatitude)
ある王国に王女が生まれ、盛大に祝われていた。しかし祝いの席に招かれていなかった妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が現れ、生まれたばかりのオーロラ姫に、16歳の誕生日に永遠の眠りにつくよう呪いをかける。本作ではマレフィセントがこのような邪悪な妖...
『マレフィセント』は『眠れる森の美女』より『アナと雪の女王』!? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『マレフィセント』は『眠れる森の美女』の翻案でありながら、一見すると『アナと雪の女王』のようだ。  『アナと雪の女王』の米国公開は2013年11月、『マレフィセント』は2014年5月だから、ディズニーは立て続けに似たような映画を公開したこ...
「マレフィセント」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ /ロス・フィルム配給:ディズニー 原題:Maleficent監督:ロバート・ストロンバーグ脚本:リンダ・ウールバートン撮影:ディーン・セムラー音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワー
劇場鑑賞「マレフィセント」 (日々“是”精進! ver.F)
True Love Kiss… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】マレフィセント オリジナル・サウンドトラック [ (オリジ...価格:2,700円(税込、送料込) [Blu-ray] 眠れ...
マレフィセント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3、5点】(11) マレフィセントが黒マントを外したその瞬間!
マレフィセント (Akira's VOICE)
慈愛のドラマでした。  
マレフィセント (映画好きパパの鑑賞日記)
 ディズニーの眠りの森の美女の悪役、マレフィセントを主役にした物語。アンジェリナ・ジョリーの存在はさすがだけど、「アナと雪の女王」を見た後だと、ちょっと先祖がえりしてしまった気がします。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ロバート・ストロンバー...
『マレフィセント』('14初鑑賞52・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:30の回を鑑賞。
「マレフィセント」☆韓流なみのドロドロ愛憎劇 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
?王子様はハンサム?悪者の魔女はやっつけられる?王子様の愛のキスで目覚める の3大お約束をことごとく崩した今年のディズニー映画。 この革新的な進歩に先ずは喝采を贈ろう
マレフィセント (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
なぜオーロラ姫に眠りに落ちる呪文をかけたのか、その謎を魔女マレフィセントの過去を丁寧に描くことで明らかにしている。妖精も人間も普通に感情を持っていて、悲しくなったり楽しくなったり愛したり裏切られたりするのだ。実に深い物語になっていた。
マレフィセント (そーれりぽーと)
『眠れる森の美女』のヴィランでディズニーアニメ界でも邪悪度で言ったらダントツのマレフィセントが主役になった実写映画、『マレフィセント』を観てきました。 ★★★★ 予告編を観る限りではマレフィセントを美化するような内容。 マレフィセントと言えばディズニー・...
マレフィセント (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MALEFICENT】 2014/07/05公開 アメリカ 97分監督:ロバート・ストロンバーグ出演:アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー、エル・ファニング、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュノー・テンプル、レスリー・マンヴィル 邪悪な妖精マレフィセント...
ショートレビュー「マレフィセント・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
御伽噺のパラレルワールド。 1959年に公開された、ディズニー黄金期を代表するプリンセスものの名作、「眠れる森の美女」の実写リメイク。 爆発的な大ヒットとなった「アナと雪の女王」でも描かれた、御伽噺の魔女は本当は何者か?という問いかけを前面に出し、タイト...
ショートレビュー「マレフィセント・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
御伽噺のパラレルワールド。 1959年に公開された、ディズニー黄金期を代表するプリンセスものの名作、「眠れる森の美女」の実写リメイク。 爆発的な大ヒットとなった「アナと雪の女王」でも描かれた、御伽噺の魔女は本当は何者か?という問いかけを前面に出し、タイト...
[映画『マレフィセント』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『アナと雪の女王』でノリノリのディズニーが送るは、「新解釈(笑)」の「眠れる森の美女」!!  悪の女王でしかなかったマレフィセントが実は・・・、と言う物語。  おお! かような視点をすれば、この世界、まだまだ物語の鉱脈はザックザクだよ! と思いつ...
マレフィセント (こんな映画見ました〜)
『マレフィセント 』---MALEFICENT---2014年(アメリカ )監督:ロバート・ストロンバーグ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、シャールト・コプリー 、 エル・ファニング 、 サム・ライリー 、 イメルダ・スタウントン 、 ジュノー・テンプル、 レスリー・マン...
マレフィセント (映画的・絵画的・音楽的)
 『マレフィセント』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)待ち合わせまで時間があったということもあって映画館に入ってみました。  本作は、1959年のディズニー・アニメ『眠れる森の美女』を改作したもの。  まず、「人間の国」と「ムーア国」(注1)とが隣り合って...
マレフィセント Maleficent (映画の話でコーヒーブレイク)
子供の頃見たディズニーアニメの「眠れる森の美女」の絵が好きでした。 オーロラ姫の美しさと3人の妖精の可愛らしさ。 そして両手を広げ緑の炎をバックに黒のマントを翻し呪いをかけるマレフィセントの禍々しさ。           ディズニーランドの「ファンティリュ...
「マレフィセント」 (或る日の出来事)
アンジェリーナ・ジョリーさんの魔女(妖精?)、似合っていましたね!
「マレフィセント」、アンジェリーナジョリーの眠れる森の美女 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 「アナ雪」といいこの作品といい、ディズニーは、クラッシックファンタジーをうまく脚色、新しいラブストーリーを生み出している。 本作も、「眠れる森の美女」ファンから見れば、その改変ぶりに唖然というところかもしれない。 ただ、アンジェリ...
マレフィセント (キノ2)
★ネタバレ注意★  ディズニーは一体どこへ行こうとしているんだろう。  アナ雪と2作続けて、まさかの王子様の全否定。  もはや古典的アニメとなった『眠れる森の美女』の別アングルからの実写バージョン。ロバート・ストロンバーグ監督作品です。  隣あう...
マレフィセント (to Heart)
製作年 2014年 上映時間 97分 監督 ロバート・ストロンバーグ 脚本 リンダ・ウールヴァートン 出演 アンジェリーナ・ジョリー/シャールト・コプリー/エル・ファニング/サム・ライリー/イメルダ・スタウントン/ジュノー・テンプル ディズニーが1959年に製作したアニメー....
『マレフィセント』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『マレフィセント』を観てきました。 ついに「アナ雪」を破りましたね。ディズニーを破るのはディズニー!名言ですな。 お話しは、ディズニー・アニメの名作「眠れる森の美女」を、邪悪な妖精とされたマレフィセントの視点から描いたもの。まぁ映画の主人公として取り上...
「マレフィセント」みた。 (たいむのひとりごと)
古典的名作である『眠れる森の美女』を実写化。邪悪な妖精:マレフィセントの視点から描いた作品。マレフィセントはアンジーが担当し、妖しくも魅力のあるマレフィセントになっていた。オーロラ姫にはエル・ファニン
マレフィセント(2014)**MALEFICENT 2D字幕版 (銅版画制作の日々)
 邪悪な妖精マレフィセント―― なぜ彼女は“呪い”をかけたのか? 誰も知らない「眠れる森の美女」がいま目覚める――。 MOVIX京都にて鑑賞。ポイント特典にて1300円にて鑑賞できるのでこの作品を選びました。そういえば遠い昔、父に「眠れる...
マレフィセント (いやいやえん)
真実の愛などない。 「眠れる森の美女」とは違う話。上手にアレンジしていて、マレフィセントがなぜ「呪い」をかけたのかとか、真実の愛のキスとはなにかを描いたファンタジー。 アンジェリーナ・ジョリー、マレフィセントのあの独特の頭(角だった!)違和感ありま...
「マレフィセント」 (ここなつ映画レビュー)
アンジェリーナ・ジョリーのアンジェリーナ・ジョリーによるアンジェリーナ・ジョリーのための作品。そしてそれについては全く問題ない、と言うより素晴らしかった!羽根をもがれた時の痛みと悲しみの演技ときたら!大女優の貫禄充分である。今回に関しては脱帽である。全...
マレフィセント (迷宮映画館)
とにかく半端ない存在感に圧倒・・・。
『マレフィセント』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マレフィセント」□監督 ロバート・ストロンバーグ □脚本 リンダ・ウールバートン□キャスト アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、サム・ライリー、       シャルト・コプリー、ビビアン・ジョリー ジュノー・テンプ...
マレフィセント (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「マレフィセント」監督:ロバート・ストロンバーグ出演:アンジェリーナ・ジョリー(『ツーリスト』『ソルト』)エル・ファニング(『幸せへのキセキ』『SUPER 8/スーパーエイト』 ...
映画「マレフィセント」 (FREE TIME)
映画「マレフィセント」を鑑賞しました。
マレフィセント (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月14日(木) 19:00〜 TOHOシネマズ日本橋7 料金:1200円(TOHOシネマズデイ+TCX) パンフレット:未確認 「アナと雪の女王」と同じ 『マレフィセント』公式サイト 大元は「眠れる森の美女」。 目を覚まさせるのは、王子のキスだった筈だが、本作の真実の...
若さ、若さって何だ?(アオイホノとか少年ハリウッドとか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【白銀の意思 アルジェヴォルン 第8〜10話】敵に急襲されたり、逆に急襲したり、撤退戦をしたりするお話。第8話は前回第7話から続きでしたが、敵エースさんは撤退命令を無視した挙 ...
映画『マレフィセント』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-59.マレフィセント■原題:Maleficent■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:97分■料金:1,100円■鑑賞日:7月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ロバート・ストロンバーグ◆アンジェリーナ・ジョリー◆エル・ファニング◆シャールト・コプ...
マレフィセント (銀幕大帝α)
MALEFICENT 2014年 アメリカ 97分 ファンタジー/ドラマ 劇場公開(2014/07/05) 監督: ロバート・ストロンバーグ 製作総指揮: アンジェリーナ・ジョリー 出演: アンジェリーナ・ジョリー:マレフィセント シャールト・コプリー:ステファン エル・ファニング...
マレフィセント (Sato's Collection)
見ました。 長く対立が続く人間と妖精の国。そんなおり人間のステファン(シャールト・コプリー)と妖精のマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出会い「真実の愛のキス」を捧げる。しかし二人の愛は長続きはしなかった。両国の争いが激化、ステファンは欲に目が...
マレフィセント (のほほん便り)
マレフィセントに、アンジェリーナ・ジョリーのオトナの女性の美しさがハマり役!Wヒロインのオーロラを演じた、エル・ファニングもチャーミング。名作「眠れる森の美女」の、もうひとつの物語。大胆解釈が新鮮でした。「みなさんもよく知っている物語を、私が改めてお話...