だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

プラチナデータ

2013-04-20 21:40:18 | 映画(は行)

日本
サスペンス/ミステリー/SF

    * * * * * * * *

人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを「ハゲタカ」「るろうに剣心」の
大友啓史監督で映画化したSFサスペンス。
全国民のDNAデータが管理され、DNA捜査が万能のシステムとなった
近未来を舞台に、自ら作り上げたシステムによって追われる身となった天才
科学者と現場叩き上げの刑事が繰り広げる緊迫の逃亡・追跡劇をスリリングに
描く。
主演は「GANTZ」の二宮和也と「20世紀少年」の豊川悦司。
共演に鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

近い将来の日本。政府は全国民のDNAデータを極秘裏に収集し、あらゆる
事件の捜査に活用していた。それは“プラチナデータ”と呼ばれ、検挙率100%、
冤罪率0%の社会が実現しようとしていた。
警察庁の科学捜査機関“特殊解析研究所”に所属する神楽龍平は、この画期的
なDNA捜査システムを開発した天才科学者。
ところがある時、このシステムが連続殺人事件の犯人として神楽を導き出して
しまう。まさかの事態に逃亡を余儀なくされた神楽。そんな彼を、現場叩き
上げの敏腕刑事・浅間玲司が執拗に追い詰めていくが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

これはちょっと観てみたいなぁと思いつつも、前売り券発売日の盛況ぶりから
当分の間、二宮君ファンでごった返してるだろうから、ほとぼり冷めた頃に
行こうと思ってて、そろそろゆったり観れる頃合いかなと判断したので出張先の
シネコンへ観に行くことに。

二宮君ファンなら満足な一本かも。

それなりに楽しめる内容でしたよ。
だけど134分もいる作品とは思えなかったなぁ。バイクの逃走シーンとか、あれは
丸々カットしてもいいんじゃないかな。あんま意味あるシーンとも思えないし。

出だしの幼児殺害事件の現場のシーンからDNA捜査システムが神楽龍平を連続
殺人犯として割り出し、警察の追跡から逃れるシーンまではテンポよくて進んで
快適に観られたんだけど、中盤以降がちょっとテンポ悪かった印象を受けた。

真犯人が判明して神楽が決着つけた後もアレコレと続いたりするんで観ていて
ダレてしまった。

後、二宮君が演技上手いのは重々承知なんだけど、豊川悦司や杏と並ぶと
背の低さが余計に強調されてしまい、彼の科学者っていう役柄が嘘っぽく
見えてしまうのが残念。
『GANTZ』の大学生役とかはすごく似合ってるんだがな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲットバック | トップ | 舟を編む »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニノファンですが (sakurai)
2013-04-21 11:32:43
満足とは言えませんでしたね。
役柄があってなかった気がしましたわ。
監督の名前で、これは!と思ったのですが、無駄なシーンが多く、全体のバランスが悪かったですね。
謎ときも想定内だったし。
うーん、肩すかし映画でした。
>sakuraiさん (はくじ)
2013-04-23 02:22:29
こんばんは。
コメントありがとうございます。

おぉ〜、ニノファンなのに満足ではなかったですか?
いろんな表情やアクションがあって彼のカッコいいを
満喫できると思ったんですが、役柄に不満でしたか。
確かにあの役柄はちょっと似合ってなかった感が
ありましたが、個人的にはそれなりに観られた一本でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
プラチナデータ〜天才てんこ盛り (佐藤秀の徒然幻視録)
この美形さえも、DNAで決まるのか。 公式サイト。英題:Platinum Data。東野圭吾原作、大友啓史監督。二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村 ...
プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司 (カノンな日々)
東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...
プラチナデータ (花ごよみ)
東野圭吾の同名小説を実写映画化 監督は大友啓史 主演は二宮和也、 科学者の神楽龍平を演じます。 自ら作り出した DNA解析システムで分析した結果 神楽自身が容疑者になってしまい、 逃亡する羽目に 天才科学者から容疑者に。 そして神楽のもう一つの人格、 リュウ....
さすがの怪演(ROBOTICSNOTESとかプラチナデータ(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【ROBOTICS;NOTES 第22話(最終回)】ロケット発射阻止に向かうスーパーガンつく1(海翔くん)と、立ちはだかるみさ希さん(君島コウ)の巻。冒頭、スーパーガンつく1がロケット発射台 ...
『プラチナデータ』 2013年3月23日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『プラチナデータ』 を鑑賞しました。 やっぱり朝一番の映画は眠気が無い 今日は2時間越え3本見る予定なんですけど。。。 【ストーリー】  政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(え...
映画「プラチナデータ」 (FREE TIME)
映画「プラチナデータ」を鑑賞しました。
映画『プラチナデータ』観てきたよ (よくばりアンテナ)
東野圭吾の同名小説の映画化作品。 原作がめっちゃ面白かったので期待して観に行きました。 原作はコチラ プラチナデータ (幻冬舎文庫)(2012/07/05)東野 圭吾商品詳細を見る 原作の感想はコチラ 原...
プラチナデータ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月23日(金) 15:10〜 チネ4 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 トヨエツがでかいのか、ニノがちっちゃいのか、それは両方正解 『プラチナデータ』公式サイト 国民の情報を警察が抑えているという、どこの「ワイルド7」(映画の駄作の...
「プラチナデータ」DNAで犯人にされた先にみた真のプラチナデータの目的と意味 (オールマイティにコメンテート)
「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...
プラチナデータ (いい加減社長の映画日記)
予告編が面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。 神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA...
プラチナデータ (to Heart)
この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。 連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 製作年度 2012年 上映時間 134分 原作 東野圭吾『プラチナデータ』(幻冬舎刊) 監督 大友啓史 音楽 澤野弘之 出演 二宮和也/豊川悦司/鈴木保奈美/生瀬勝久/...
劇場鑑賞「プラチナデータ」 (日々“是”精進! ver.F)
自分自身の“意志”が、大事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303160003/ プラチナデータ (幻冬舎文庫)東野 圭吾 幻冬舎 2012-07-05売り上げランキング ...
「プラチナデータ」 クールさが立つ (はらやんの映画徒然草)
全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒
『プラチナデータ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想...
プラチナ・データ  監督/大友啓史 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮和也  豊川悦司  鈴木保奈美  杏 【ストーリー】 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平...
プラチナデータ (迷宮映画館)
うーんん、なんつか、、、普通。。。
プラチナデータ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
DNAの解読は標的を定めることで部分的に可能というのが現実だけど、人相や体格や性格まで解読するのは並大抵ではない。開発者の天才科学者は絶対の自信を持っているが、彼自身が犯人にされていまい陰謀に巻き込まれていく。有りがちな展開ではなく、予想外の展開でなかな...
■プラチナデータ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第303回「魅力的なプロットも効果的に使わなくては・・・」 何度もこのブログで言っているように、私はSF(サイエンス・フィクション)が大好きだ。現在の科学ではありえないことかも知れないが、もう少し未来や、もう1つ未開の技術が開発されたら?などと想像され....
プラチナデータ (とりあえず、コメントです)
東野圭吾著の同名小説を二宮和也主演で映画化したサスペンスです。 予告編をもう何回も観ていたので、ようやく公開日が来た!と初日にチャレンジしてみました(^^ゞ こんなシステムが出来たら便利な以上に怖いなあと思うような作品でした。
映画『プラチナデータ』★二宮くんのファンはお待ちかねでしょう。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158645/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     犯人の特定に、DNA鑑定が使われることがあります。 全国民のDNAを登録する“プラチナデータ”が...
プラチナデータ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 [Story]政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報...
プラチナデータ (勝手に映画評)
東野圭吾の同名の小説が原作。元々、原作の小説は映画化を前提に作られており、今回、そのそもそもの目的が達成されたことになる。 原作は読んでいたんですが、結構前なので実はストーリーはうろ覚え。“プラチナデータ”の意味だけは覚えていましたが。うろ覚えでも、今...
「プラチナデータ」 (ゆっくり歩こ。)
映画館で無性に映画が観たくて 今公開の作品だと・・・ これがまぁいいか、 なんて感じで選びました 特別二宮くんに惹かれたわけでもなく 昨日、めっちゃストレス溜まることがあったのでとりあえず観ちゃえ〜! って そーですね、二宮くんは演技上手いん....
映画「プラチナデータ」を観ました!!(2013-06) (馬球1964)
映画「プラチナデータ」を観ました!!
プラチナデータ (Memoirs_of_dai)
簡単に分かるプラチナデータの真相 【Story】 警察庁の科学捜査機関“特殊解析研究所”に所属する神楽龍平(二宮和也)らは、“プラチナデータ”と呼ばれる全国民のDNAデータを極秘裏に収集し犯罪検挙に利...
『プラチナデータ』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『プラチナデータ』を観てきました。 2週目?ということもあり、満員ではないですがそこそこ混んでおりました。 ストーリーはコチラ(^^)/ プラチナデータ - 映画.com これって東野圭吾が原作なんですね。なんとなくその匂いを感じられました。 おもしろかったです(^^)...
プラチナデータ (2012) 134分 (極私的映画論+α)
 ニノの写真はアップ出来ません(笑)
プラチナデータ (単館系)
プラチナデータ ユナイテッド・シネマ浦和 3/16公開 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に 犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は 皆無となった...
プラチナデータ ヾ(@^▽^@)ノ → o( ̄ー ̄;)ゞ → (_ _;)  (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=19 うち今年の試写会2】 完徹明けの昨夜、昼寝をせずに夜は20時にベッドに入ったら、なんと朝6時まで一度も起きること無く熟睡!俺もまだまだ若い!?  警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う....
プラチナデータ (Diarydiary! )
《プラチナデータ》 2012年 日本映画 近い未来の日本、国民のDNAデータを政
【プラチナデータ】DNAは人間の全てを語るのか (映画@見取り八段)
プラチナデータ    監督: 大友啓史    出演: 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人 公開: 2013年3月16日 2013年3月20日。劇場観賞。 原作は東野圭吾氏の同名小説、未読です。 え〜…あんまり高評...
プラチナデータ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2012年日本 上映時間:134分 監督:大友啓史   原作はあの東野圭吾だというのだが、それにしては映画のストーリーは余り面白くなかった。脚本が良くなかったのか、時間が足りなかったのか、はたまた原作自体がつまらないのか、原作を読んでいない私
プラチナデータ (愛猫レオンとシネマな毎日)
ミステリー作家、東野圭吾の同名小説を、「るろうに剣心」の 大友啓史監督が映画化。 初日の舞台挨拶が、全国のTOHOシネマズで、同時中継されました。 ワタシも、そのプラチナチケット?をGETして鑑賞。 見事に満席!二宮さんが登場すると歓声と拍手! ほとんど女子...
「プラチナデータ」 (ここなつ映画レビュー)
思えば3月4月は、「このままでは今月は一回も映画を観られない!」と思った位の日々でしたが、なんだかんだ子どもの付き合いを兼ねて、いわゆる流行りの邦画を続けざまに観る事になりました。 で、順不同ですが、「プラチナデータ」。 例の如く、「原作読んだから俺...
プラチナデータ (いやいやえん)
うーんいまひとつ微妙な作品でした。 二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりと...
映画 プラチナデータ (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     出生時・学校の健康診断などで非合法にDNAデータを入手して   DNAデータバンクを作る政府。しかしシステム製作者が極秘裏に   システムをさらに改良して、何者かに殺害される。 ...