だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

最強のふたり

2012-10-13 01:06:17 | 映画(さ行)

フランス
コメディ/ドラマ

    * * * * * * * *

主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。実話を
基に、首から下が麻痺した大富豪の中年男と、ひょんなことからその介護人と
なったスラム出身の黒人青年が、互いの境遇の違いを乗り越えて真の友情を
育んでいく姿を、ユーモアを織り交ぜハートウォーミングかつエモーショナル
に綴る。
主演は「主婦マリーがしたこと」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」
のオマール・シー。
監督はこれが長編4作目となるコンビ、エリック・トレダノ&オリヴィエ・
ナカシュ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。
彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の
黒人青年ドリス。スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための
不採用の証明書だった。周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易
していたフィリップは、そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、
思いつきで採用してしまう。ドリスには介護の経験がないばかりか、趣味や
生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。
いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で
接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は
固い絆で結ばれていく。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告編観た時に観に行きたいなぁ〜と思いつつも、これも都合がつかなくて
なかなか観に行けなかったんだけど、『エージェント・マロリー』を観に
行くために時間作ったついでにTOHOシネマズなんばにて鑑賞。

とっても良い映画だった。

自身に障害がなければ決して出会うことがなかったであろうスラム街育ちの
青年ドリスと出会い、ドリスの健常者であろうが障害者であろうが関係なく
本音で接する態度に、空疎だったフィリップの日常が少しずつ変わり始めて
行くさまは、コメディな部分もあり笑いながら観られて面白かった。

ドリスがフィリップにマリファナ吸わせたり、車イスを改造させたり、娼館に
連れていったりとはちゃめちゃなんだけど、それがフィリップにとって新鮮で
今までの型にはまった生活と違って楽しくて、そういうのが積み重なって
二人が仲良くなっていくさまは観ていて微笑ましいものがあった。

ラストのドリスからのサプライズは何となく予想できたけど、観終わって
暖かい気持ちになれる素敵な一本だった。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エージェント・マロリー | トップ | 宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝 37個のトラックバック (iina)
2012-10-17 09:53:25
37 個のトラックバックを集めてますから「だらだら無気力ブログ!」とは謙遜と思います。集めるためにはiina宅にTBを貼るなど営業努力の賜のはずです。
世の中には掲示板に誰も書かないから無視されたと思い、殺人を犯した輩があらわれるほどです。
そのサイトをみつけるのは、砂漠の中の一粒の砂をみつけるに等しいです。

iinaも実感しますが、何となく放っているばかりのブログが多いです。そんな性質のサイトであり仕組みになっているから仕方ありません。

「最強のふたり」とは関係のないコメントになってしまい失礼しました。
iina宅に寄せられたコメントに代えさせていただきます。
素敵な (sakurai)
2012-10-22 13:48:48
映画でしたね。
とっても気持ちよかった。
面白いとか、感動したとか、いろいろな感想がある中で、気持ちよかった映画って、自分でも珍しいかもです。
本当に良い映画って、言えるのがうれしいです。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-10-23 22:57:30
こんばんは。
コメントありがとうございます。

これはほんとに素敵な映画でした。
観ていて心地いい気持ちになれましたね。
暗さ感じさせず (メビウス)
2012-11-01 20:22:41
はくじさんこんばんわ♪TB有難うございました。

前評判聞いてからの鑑賞ってのもありましたが、これは自分もツボにハマッタ面白さでしたね。障害者の不遇をネタにしちゃうようなスレスレな場面もありますけど、全体的にお話のテンポも良かったですし、暗さや重さを感じさせず、フィリップの障害を個性のように扱って楽しく見せていたのが個人的には好印象でございました♪
>メビウスさん (はくじ)
2012-11-02 00:26:55
こんばんは。
コメントありがとうございます。

思うにドリスのキャラクターが良かったのが、暗さや重さを
感じさせずに楽しく観られたのではないかと思ってます。
私もこれ、評判いいのを聞いて観に行ったんですが、
観に行って良かったです。
1+1=∞ (iina)
2015-09-16 10:43:42
不採用証明書を貰うためだったのに採用されたから、いつ馘になっていいと、やりたい放題に無茶苦茶な介護をしたのが、いままで大事に扱われ過ぎたことに気づき、より新鮮に感じたのでしようね。

一旦、馘にして本音で付き合えことが心を解きほぐしていたことに気づくのですから、好い仲になりました。

まさに、1+1が2にならず、それ以上の力を与えてくれるのは、ひとの力ですネ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
最強のふたり (to Heart)
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い....
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
最強のふたり  監督/エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ (西京極 紫の館)
【出演】  フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ 【ストーリー】 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採...
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
『最強のふたり』試写 (Nice One!! @goo)
2回目の観賞です。 試写会場: シネマート六本木 公式サイトはこちら。 第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。 これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。 いろいろ応募したらめ....
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディド....
最強のふたり (佐藤秀の徒然幻視録)
有無を言わせる暇もない明るさ 公式サイト。フランス映画、原題:Intouchables、英題:Untouchable。エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー ...
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
「Black  (はらやんの映画徒然草)
本作とか、「ナイト&デイ」などのロマンティックアクションは嫌いじゃないのです。
最強のふたり (Memoirs_of_dai)
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
最強のふたり (Akira's VOICE)
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  
最強の二人 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
首から下が麻痺した大富豪とスラム出身の黒人青年の交流を描いている。介護担当として採用された青年が同情しないで接するのがとてもいい。自分が障がい者なので大変に共感できた。 原題の「UNTOUCHABLE」は「無敵、無比」という意味になるだろう。主人公の二人の関係が無...
最強のふたり (キノ2)
★ネタバレ注意★  2011年、エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督のフランス映画です。  ほとんど多幸感すら感じるほどの、すばらしい映画でした。身障者が主人公でありながら、泣かせる演出なんか一切ないのに、結局号泣してしまった。笑って笑って泣い...
最強のふたり (新・映画鑑賞★日記・・・)
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト....
最強のふたり  INTOUCHABLES (映画の話でコーヒーブレイク)
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...
心は自由。『最強のふたり』 (水曜日のシネマ日記)
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
最強のふたり・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...
最強の友情 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
最強のふたり (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ 車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスを描いていく とってもいい作品でした〜〜〜観に行っ...
「最強のふたり」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Intouchables」…aka「Untouchable」2011フランス シネコンでも上映中のフランス映画は「アーティスト/2011」以来。難病ものでなおかつ実話。感動しないではいられない。ラストに実際の二人の映像が映る。 感動しないではいられないと書いたが、少々出来過ぎの展開...
『最強のふたり』 (ラムの大通り)
(原題:Intouchables) ----この映画、 確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。 すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。 「うん。 タイトルも不思議でね。 電動車椅子に乗っている白人と それを介助している黒人。 このふたりに“最強”とい...
最強のふたり (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情も、たまには良いもんだ。
『最強のふたり』 2012年8月28日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『最強のふたり』 を試写会で鑑賞しました。 大分待たされた挙句、20分押しで時間掛り過ぎたプレミア試写会でした おかげでエンドロール見ずに途中退場を余儀なくされてしまった 【ストーリー】  不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フ...
『最強のふたり』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.08.16 『最強のふたり』試写会@シネマート六本木 migちゃんのお誘い♪ 見たくて試写会応募してたけどハズレ。よろこんで行ってきた〜♪ ちなみに、木曜日だけどバレエはお盆休み。←って、聞いてないか(笑) *ネタバレありです! 「パリ。実業家のフィリップは事故...
最強のふたり (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月15日(土) 19:25〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、あっさり爽やかだった。 予告編での雪合戦での「投げ返してこいよ!」と、「これ...
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
映画「最強のふたり」 (FREE TIME)
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
無敵〜『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
『最強のふたり』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
最強のふたり (風に吹かれて)
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
『最強のふたり』 (こねたみっくす)
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) (勝手に映画評)
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。....
映画・最強のふたり (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語 映画冒頭、高級車で....
「最強のふたり」みた。 (たいむのひとりごと)
首から下が麻痺した大富豪と彼を介護することになった黒人青年との、アンバランスで一風変わった友情の物語。実話に基づいた話であり、エンディングには現在における実際のお二人とその後が少しだけ紹介されている。
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
「最強のふたり」 (或る日の出来事)
よい話ではある。
「最強のふたり」心はひとつ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
最強のふたり (心のままに映画の風景)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...
最強のふたり (rambling rose)
スラムで暮らす黒人青年ドリスは、ひょんな事から、首から下の麻痺を抱えた大富豪フィリップの介護人として雇われる事になるが・・
〜『最強のふたり』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:フランス映画、エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督&脚本、フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、グレゴア・オスターマン出演。
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
★最強のふたり(2011)★ (Cinema Collection 2)
INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12 【解説】 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン....
おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 (Healing )
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも) をW受賞。 ハリウッドリ...
最強のふたり (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
「最強のふたり」 (Con Gas, Sin Hielo)
行き詰ったら空気を入れ替えよう。 とことんさわやかなドラマだ。 首から下が完全に麻痺して動けない富豪のフィリップと、貧民街の生活に浸り切って失業手当で食いつなぐしかできないドリス。 冷静に二人の環境を見つめれば深刻なことだらけなのに、二人が触れ合った....
最強のふたり (迷宮映画館)
とっても、とっても素敵な映画だった!
最強のふたり(2011)☆★INTOUCHABLES (銅版画制作の日々)
さぁ、人生に繰り出そう。 好き度:+5点=85点 大きな期待を胸に抱き、、、。ちょっとたいそうですが。早速鑑賞して来ました。東宝シネマズ二条にて・・・・。 てっきり大感動ものでお涙ちょうだいのようなものを期待していた私、ちょいと肩透しを喰らってしまいま....
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました〜)
『最強のふたり』 ---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首...
最強のふたり (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「わ〜観れたの〜ね?ね?あぁそうだよそうだねと腑に落ちた感あ
最強のふたり (とりあえず、コメントです)
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、ユーモアに満ちていて心が温かくなるような作品でした。...
最強のふたり (538ねん。)
先月1日から公開されて 結構ヒットしてるようで、こういう映画がヒットする 日本って政治を除いてまだ捨てたものじゃないですが ツレも見たいってことでしたが、その中で こっちが足元骨折しちゃって、ようやっと映画が見られるように ほんでもってお互いに日程の調整が....
[映画『最強のふたり』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは非常にいい作品で、完成度も高かった。  完成度の高い作品だと、私はあまり語ることがないので、なんか、つれづれに記す。  似たタイプの良作『最高の人生の見つけ方』でも、私は感想を書くことに困ったんだよなぁ。  パラグライダー事故の後遺症の全身麻痺...
最強のふたり (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】エリック・トレダノ/オリビエ・ナカシュ 【出演】フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/オドレイ・フルーロ/アンヌ・ル・ニ 【公開日】2012年 9月1日 【製作】フランス 【ストーリー...
最強のふたり (カプサイシンノココロモチ)
『最強のふたり』 “INTOUCHABLES” (2011・フランス・1h53) 監督・脚本 : エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 : フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ ある事故で首より下がマヒした富豪の介護の職...
「最強のふたり」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
こりゃ毒蝮三太夫だな。 誰が? 主役の黒人さ。無神経とも思えるほど歯に衣着せぬ言動で雇い主の身障者から信頼を得て行く黒人青年は、平気でババア呼ばわりしながらおばあちゃんたちの懐に飛び込んでいく毒蝮三太夫とそっくりじゃないか。 そういう例え方をすると何か....
最強のふたり (Diarydiary! )
《最強のふたり》 2011年 フランス映画 − 原題 − INTOUCHABLE
最強のふたり (愛猫レオンとシネマな毎日)
実話を元に描かれた本作は、自国フランスのみならず、世界中で、大ヒット! 全身麻痺の大富豪と、彼を介護することになったスラムの黒人青年との友情を 描いたヒューマンドラマ。 ハリウッド・リメイクが早くも決定だそうです。 公開される前から、注目してて、見たかっ...
[映画][☆☆☆☆★]「最強のふたり」感想 (流浪の狂人ブログ〜旅路より〜)
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投...
No.332 最強のふたり (気ままな映画生活)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
最強のふたり ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
昨年の東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞に輝いた、実話をベースにしたドラマ。揃って男優賞を受けた「PARIS」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シーの主演で、他には「ぼくの大切なともだち」のアンヌ・ル・ニ、「屋根裏部屋のマリアたち」...
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (いやいやえん)
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうで...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....
1+1 (もののはじめblog)
こんな映画が創られた。 このふたりは 車椅子の大富豪とその介護者 人は相互に欠点を補いあえる 『 1+1=∞ 』 にも なり得る 本当のタイトルは「最強のふたり」