だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

関ヶ原

2017-08-27 01:03:43 | 映画(さ行)

日本
時代劇

    * * * * * * * *

天下分け目の大合戦“関ヶ原の戦い”を敗軍の将・石田三成の視点から描き
出した司馬遼太郎の同名時代小説を、「クライマーズ・ハイ」「日本のいち
ばん長い日」の原田眞人監督が、岡田准一、役所広司、有村架純、平岳大、
東出昌大をはじめとする豪華キャストを起用して映画化したスペクタクル
時代劇大作。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

幼い頃より豊臣秀吉に仕え、常に秀吉に忠義を尽くしてきた石田三成。
大名に取立てられた彼は、猛将と謳われた島左近を、自らの石高の半分を
差し出し家来に迎え入れる。
何よりも義を重んじる三成を慕い、伊賀の忍び・初芽も献身的に仕えていく。
そんな中、秀吉の体調は悪化の一途を辿り、権謀術数に長けた徳川家康は、
それに乗じて秀吉恩顧の武将たちを言葉巧みに取り込み、着々と勢力を拡大
させていくのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告映像を観るかぎり面白そうな感じだったので、TOHOシネマズなんばへ
観に行く事に。

149分で纏めるには無理があったかな。

先ず関ヶ原の戦いに至るまでの歴史、背景を分かっている上で鑑賞しないと
頭に?マークがいっぱい出てイマイチ楽しめないかもしれないなぁ。

せめて関ヶ原の布陣図やら主要な人物の人名をテロップで入れてあげれば
その辺の歴史や背景に疎い人でも少しは理解しやすかったかも。

それに早口で話す上に周りの音に声が消されて、何を喋っているのかトンと
分からないのはちょっといただけない。

後、149分で纏めないといけないので、関ヶ原の合戦に直接関わりの薄い
小山会議や伏見城攻めや第二次上田合戦やガラシャ自害の所がセリフの中で
そういう出来事があったで済まされていて、他にも省いたところがあって
展開が駆け足っぽくなってるのは残念。
せめて島津の敵中突破は描いて欲しかったなぁ。
折角、島津豊久と長寿院盛敦が登場しているのに、そこを描かないとは。

合戦シーンの映像は見応えあったけど、それだけかな。
駆け足な展開でダイジェスト感が半端なかったので個人的にはあんまり
楽しめ
なかった。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きみの声をとどけたい | トップ | エル ELLE »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (maki)
2017-08-27 01:26:58
メインテーマがよくわからなかった作品でした。
個人的には全体としては楽しめたのですが、
メインテーマがよくわからず…だったので、
なにがいいたいのか、なにが描きたい映画だったのかが
わからないまま終幕になってしまいました。

島津の退き口描写は欲しかったですよねえ。
あれじゃ島津さん悪役っぽい^;

描写が圧倒的に足りない、そして字幕が欲しかった…
>makiさん (はくじ)
2017-08-28 22:36:58
こんばんは。
コメントありがとうございます。

この辺の背景や歴史を知ってれば、それなりに楽しめるんでしょうが、
ちょっと149分で描くには時間が足りなかったですね。
関ケ原 (もののはじめのiina)
2017-09-18 10:02:44
東西の配陣は、西軍が圧倒的に有利だし、戦闘も前半も優勢だったのが逆転するポイントに的を絞ると、尚よかったかなと思ったりします。
家康の筆まめ攻略等々。

ダイジェストも仕方ありませんね。

関ケ原を昨年に歩いていたので、タイムリーな映画公開でした。意外に狭いエリアで戦っていたのです。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/ebd2fd3fd609c1221db67c1f9078bdc4

>もののはじめのiinaさん (はくじ)
2017-09-22 22:15:30
こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに2時間ちょっとじゃ、がっつりは無理ですよね。
それこそ前編後編の2部構成とかにしないとですね。
ちょっと期待しすぎたかもです。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「関ヶ原」 (日々“是”精進! ver.F)
大一、大万、大吉… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250001/ オリジナル・サウンドトラック 関ヶ原 [ 富貴晴美 ]
関ヶ原 (あーうぃ だにぇっと)
関ヶ原@イイノホール
関ヶ原 (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 日本  時代劇  監督:原田眞人  出演:岡田准一      役所広司    
『関ヶ原』 2017年8月15日 アスミックエース試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『関ヶ原』 を試写会で鑑賞しました。 長いけど楽しめる作品だった 【ストーリー】  豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳......
[映画『関ヶ原』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・かなりの圧巻! 面白かった。 こんな大作とは思わなかった。 勝手知ったる関ヶ原、観ている者の主観も飲み込めるだけの度量あるボリューム。 セリフが良かった。 分......
『関ヶ原』('17初鑑賞98・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月29日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:45の回を鑑賞。
関ヶ原 ★★★ (パピとママ映画のblog)
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突し......
「関ヶ原」(2017 東宝=アスミック・エース) (事務職員へのこの1冊)
わたしたちは関ヶ原がどのような結末を迎えたかを知っている。日本のほぼ中央で、ふたつの勢力が激突。ある人物が寝返ったことで、この大勝負はわずか半日でけりがついてしまう......
映画 「 関ケ原 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
歴史上有名な「関ケ原の戦い」が映画化されました。多くの人が知っている物語だけに、どのように描くかがこの映画の見所なのかも知れません。結末が分かっているだけに、この映画......
映画「関ヶ原」 (FREE TIME)
映画「関ヶ原」を鑑賞しました。
『関ヶ原』『スキップ・トレース』をトーホーシネマズ新宿7と8で観て、どっちもモヤ...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
同日鑑賞2本をまとめてレビュー。 ◆『関ヶ原』トーホーシネマズ新宿7 ▲かーいー。 五つ星評価で【★★沢山人が出てきて整理されない】 何回か見ると面白くなってくるか......
映画・関ヶ原 (読書と映画とガーデニング)
2017年 原作・司馬遼太郎「関ヶ原」 石田光成(岡田准一)が幼い頃、豊臣秀吉(滝藤賢一)に取り立てられるきっかけとなった茶の一件から、天下分け目の戦い=関ヶ原の合戦ま......
関ヶ原 (花ごよみ)
司馬遼太郎の小説を映画化。 岡田准一、役所広司、 平岳大、有村架純らが共演。 監督は原田眞人。 石田三成を中心に 関ヶ原の合戦の真実を描く。 すごい数のエキストラ 西軍、東軍......
関ヶ原 (ネタバレ映画館)
メイクアップに圧倒された。
関ヶ原  監督/原田 眞人 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  役所 広司  有村 架純  平 岳大  東出 昌大 【ストーリー】 豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成は、天下取りの野望に燃える徳川家康と対立を......
関ヶ原 (映画的・絵画的・音楽的)
 『関ヶ原』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て良さそうと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1600年の戦いの前日の関ヶ原。  ススキの生い茂る野......
『関ヶ原』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「関ヶ原」□監督・脚本 原田眞人□原作 司馬遼太郎□キャスト 岡田准一、役所広司、有村架純、平 岳大、東出昌大■鑑賞日 8月27日(日)■劇......
「関ケ原」:なんだか総集編のようで (大江戸時夫の東京温度)
映画『関ケ原』は、(やけに低く評価された)傑作『日本のいちばん長い日』('15)
「関ケ原」、あの関ヶ原の合戦を石田三成がわから描いた大作。 (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) 歴史もの好き ☆☆☆★ 世に有名な関ケ原の合戦。でも、案外中味はよくわからない人が多いのでは。 司馬遼太郎の原作を映画化。石田三成を中......
関ヶ原 (映画と本の『たんぽぽ館』)
渋めの歴史ドラマ * * * * * * * * * * 関が原の合戦に至るまでの石田三成の物語。 私、以前は石田三成には好印象がなくて、 どちらかと言えばキライな人物......
関ヶ原 (勝手に映画評)
司馬遼太郎の小説の映画化作品。 うーん。あまり司馬遼太郎の本は読んだ事は無いですが、なんか、司馬遼太郎っぽいなと思ったらだめでしょうか? いや、個々の映像は素晴らしい......
関ケ原 (もののはじめblog)
石田三成の「旗印」は、「一人が万民のために、万民が一人のために尽くせば、天下の人々は幸福になれる」の意。 石田三成を演じた岡田准一は、そろそろ俳優業で一本立ちしたらと......