だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

殿、利息でござる!

2016-05-24 00:01:04 | 映画(た行)

日本
時代劇/ドラマ/コメディ

    * * * * * * * *

『武士の家計簿』の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外な
アイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った
評伝『穀田屋十三郎』を「予告犯」「残穢【ざんえ】 -住んではいけない
部屋-」の中村義洋監督、「舞妓 Haaaan!!!」「夢売るふたり」の阿部サダヲ
主演で映画化した痛快人情時代劇コメディ。
共演は瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、山崎努。
また、フィギュアスケーターの羽生結弦選手が殿様役で映画初出演を果たした
ことも話題に。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

江戸時代中期の仙台藩。
百姓や町人には重税が課され、破産や夜逃げが相次いでいた。
貧しい宿場町・吉岡宿も例外ではなく、造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、
そんな町の行く末を深く案じていた。
ある時彼は、知恵者の篤平治から、町を救うあるアイデアを打ち明けられる。
それは、藩に大金を貸し付け、その利息で町を再建するという前代未聞の奇策
だった。
計画に必要な額は、なんと千両(約3億円)。
簡単につくれる額ではないが、宿場の仲間たちを説得し、必死の節約を重ね、
家財も投げ打ってひたすら銭集めに奔走する十三郎たちだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ポスターや予告映像からコレは何だか面白そうだなぁと、『ガンダムオリジン』
や『GARO』を観た後、続けてなんばパークスシネマにて鑑賞。

まさかこんな心打つ作品だったとは・・・。

ちょんまげが銭になってるポスターや予告映像から、とんちをきかせてお上
相手にお金儲けするような話でコミカル7~8割、ホロリが2~3割な実話を
ベースにコメディ部分を膨らませたお話しなのかなぁって思ってたら、全然
違ってた。

何なん?めっちゃエエ話やん。
宿場に住まう住民たちの為に、苦しいながらもまだ余裕のある旦那衆が見返りの
ない献金を行う様や浅野屋二代にわたる滅私奉公の精神、父に嫌われていたと
思っていた十三郎が父や弟の真意を知るくだりなど、めっちゃホロリと来る
内容で、とても良かった。

伏線の張り方や回収が上手く、当初、非道な金貸し一族と思わせておいて、
実際はその真逆だったという見せ方とか、養子に出されたのは相手側に病弱な
方を差し出すわけにはいかなかったとか大いに見応えあった。

この吉岡宿では寺の僧侶が克明に記録を残していたので、現在までにこの話が
伝わっているんだろうけれど、他の地域でも伝わっていないけれどこうした
事績は多くあるんだろうな。
こういうのは短期間では自分に見返りなくても長い目で見ると自分の家業等に
跳ね返ってくるってことを昔の人は理解してたのかな。

それにしても下々が私財を投げ打ってるのに、お上が私利私欲で無駄遣いする
のは昔も今も変わらんのだな。
自分が汗水流して稼いだ金じゃないから、気軽に湯水のように使っちゃうん
だろうな。

今話題の禿げとかガソリンババアもこの映画観て反省すべきだなと思うが、
あの禿げやガソリンババアはこれぐらいで反省するような禿げやババアでは
ないな。
そんな殊勝な心持があったら発覚した時点で辞任するだろうし。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN... | トップ | スノーホワイト/氷の王国 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2016-07-01 00:02:51
「ガンダムオリジン」と「ガロ」と「利息でござる」だったら「利息でござる」ですね。しかし、ハードスケジュールっすね。
>ふじき78さん (はくじ)
2016-07-01 00:20:15
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ここ数カ月の仕事が忙し過ぎて、なかなか映画館に
行けないので、行けるときは1日で2~3本ははしご
しちゃいますねぇ。
最後の方はお尻が痛くて大変ですけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[「殿、利息でござる!」☆舛添さん観てください (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化したと後で知って納得。 まさかのこんなに泣ける人情映画だったとは!!ハンカチ用意するの忘れていて、焦ってしまったわ。
劇場鑑賞「殿、利息でござる!」 (日々“是”精進! ver.F)
無私の心… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605150000/ 無私の日本人【電子書籍】[ 磯田道史 ]価格:630円 殿、かねささでござる!価格:540円(税込、送料別)
殿、利息でござる! (映画好きパパの鑑賞日記)
 笑って泣けて、感動できる素晴らしい作品。これが実話だということで、日本のこの美しい心を、今に伝えたいという気持ちにかられました。お金の勉強にもなるし、お勧めです。  作品情報 2016年日本映画 監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ、瑛太、山崎努 上映時間:...
殿、利息でござる! (佐藤秀の徒然幻視録)
借金をなくさなければ、日本は滅びるpart2 公式サイト。磯田道史原作、中村義洋監督。阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西 ...
映画『殿、利息でござる!』★“無私”のドタバタに笑い心打たれる (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168121/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   ・ 原作:磯田道史「無私の日本人 」 ・大和町のHPです→ コチラ   殿様にお金を...
殿、利息でござる! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 泣いて笑って最後はハッピーエンド!まさかこの映画で泣けるとは
「殿、利息でござる!」 (2016 松竹) (事務職員へのこの1冊)
このタイトルで、主演が阿部サダヲなのだから、歴然としたコメディだと誰だって予想する。イメージとしては「超高速!参勤交代」あたりかな。でもちょっと肌合いは違った。いやもちろんコメディ色はかなり強いんだけど、実は感動大作でした。大作、は言いすぎか。でもわ...
殿、利息でござる! (勝手に映画評)
江戸時代中期の1770年代に仙台藩の吉岡宿の領民が、仙台藩に1000両という大金を貸し付けて、その利息を持って宿場の繁栄を目指したという事実に基づく作品。 正直、あんまり期待しないで見に行ったんですが、いい意味で期待を外されました。意外に良かったし、勉強になり...
殿、利息でござる!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが庶民の生きる道。 江戸時代の仙台藩で、百姓たちが藩にお金を貸して利息をとったという、実話ベースの物語。 森田義光監督で映画化された、「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による「無私の日本人」の中の一編「穀田屋十三郎」が原作となっている。 ...
映画 「 殿、利息でござる!」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
原作は、磯田道史氏の「無私の日本人」に収録されている「穀田屋十三郎」の映画化です。今から240年程前の江戸時代中期の仙台藩吉岡宿は、生活が苦しく、ここから出てゆく人が増えていた。というのも、吉岡宿は重い年貢の取り立てだけではなく、伝馬役という大変な課役...
殿、利息でござる! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/05/14公開 日本 129分監督:中村義洋出演:阿部サダヲ 、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努、羽生結弦 これも世の貯め、人の貯め。 STORY:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙...
殿、利息でござる!  監督/中村 義洋 (西京極 紫の館)
【出演】  阿部 サダヲ  瑛太  寺脇 康文  妻夫木 聡 【ストーリー】 江戸中期、財政の逼迫した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎と同志たちは、藩に金...
「殿、利息でござる!」こんな映画やったんや! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[殿、利息でござる!] ブログ村キーワード  実話がベースの歴史物。「殿、利息でござる!」(松竹)。さして予備知識も入れずに、『コメディっぽいのかな~』ぐらいの軽~い気持ちで見に行ったのですが、なんとこれが!驚きの映画でございました。  江戸時代中期の...
『殿、利息でござる!』('16初鑑賞50・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
殿、利息でござる! (そーれりぽーと)
『武士の家計簿』原作者の別著書が原作で今回も実話ベースの、『殿、利息でござる!』を観てきました。 ★★★★★ シリアスながらも笑いを交えた軽快な展開が無茶苦茶面白い。 役者が全員生き生きと演じていて楽しい。 意外な展開に涙もさせられる。とい言うか、いい話...
殿、利息でござる! (映画的・絵画的・音楽的)
 『殿、利息でござる!』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見ておもしろそうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「これは本当にあった話」と字幕が出て、先代の浅野屋甚内(山崎努)が、貨幣を壺の中に投げ入れてニタっと笑い、次い...
『殿、利息でござる!』 (beatitude)
江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが後を絶たなかった。小さな宿場町・吉岡藩もすっかり寂れてしまい、造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を案じていた。そんな中、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)がある秘策を...
殿、利息でござる! (みすずりんりん放送局)
 『殿、利息でござる!』を観た。  【あらすじ】  江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮...
『殿、利息でござる!』をUCT9で観て、日本人良いよなあふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲こんな黄金屏風前の贅沢な絵は映画上に皆無。実直に貧乏な絵ばっかり。 五つ星評価で【★★★★全力の善良】 とてもいい美談。 そうそう、美談ってついつい警戒してしまうけ ...
殿、利息でござる! (rambling rose)
江戸時代の仙台藩。重税によりさびれる一方の宿場町・吉岡宿を案じる酒屋の十三郎は、知恵者の篤平治から町を救うある突拍子もないアイディアを聞かされる。
ポスターと予告に騙された。大真面目な感動の実話。~「殿、利息でござる」~ (ペパーミントの魔術師)
このポスターの阿部サダヲを見たら、コメディかと思うじゃないですか。 最初のほうの瑛太との掛け合いこそクスクス笑うとここそあるものの、 大真面目な人情ものでございました。...
殿、利息でござる! (C’est joli ここちいい毎日を♪)
殿、利息でござる! '16:日本 ◆監督:中村義洋「予告犯」「奇跡のリンゴ」 ◆主演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、...
殿、利息でござる! (2016) (のほほん便り)
実話ベース、だそうですね。ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャ......