だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

苦役列車

2012-07-17 23:54:12 | 映画(か行)

日本
ドラマ/青春

    * * * * * * * *

第144回芥川賞を受賞しその放埒な言動とともに作者自身のユニークなキャラ
クターも話題となった私小説作家・西村賢太の同名ベストセラーを、「モテキ」
の森山未來主演、「リアリズムの宿」「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督
で映画化した青春ドラマ。
社会の底辺に生きる不器用な青年の恋と友情を巡る屈折した青春模様を赤裸々
かつほろ苦いタッチで綴る。共演は高良健吾、前田敦子。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1986年。日雇いの肉体労働でその日暮らしの生活を送る19歳の青年、北町貫多。
稼いだお金も家賃より先にお酒と風俗に消えてしまう自堕落の日々。
そんなある時、職場で新入りの専門学生、日下部正二と知り合い意気投合、
初めて他人と友達らしい付き合いをするようになる。
やがて貫多は日下部に協力してもらい、秘かに想いを寄せる古本屋の女性、
桜井康子とも友達になることに成功、思いがけず人並みの青春を謳歌し始める
のだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

MOVIXで『ぱいかじ南海作戦』でも観ようかと思って出かけたら、時間間違えて
次の上映まで2時間近く待たないといけないので、仕方なく待ち時間が少ない
こちらを鑑賞することに。

主人公に全く共感できないんだが。

原作読んでないし、読もうとも思わない状態で観たんだけど、貫多には全くと
いっていいほど共感するところがなかった。
父親が性犯罪者で一家離散の憂き目にあったことは可哀そうだと思うけど、
若いのにそのどん底の生活から這い出そうとせずに酒・たばこ・風俗と目先の
快楽に身をゆだねていて、何かあれば中卒だからなのかとか卑屈な態度をとる
主人公にうんざり。
そんな貫多に嫌気がさして正二がいつまでも周りの責にして甘えてるんじゃない
って怒るが、全く同じ気持ち。

で、そんな貫多の行いで一つだけ痛快なのは、サブカルやマスコミ関連で
通ぶってるいけ好かない正二の彼女に田舎者めと暴言吐いたうえに、正二と
会えない時はオナニーしてるんでしょって聞くくだり。
貫多には共感できないけど、ここでは顔面15点のいけ好かない女へのイライラ
っぷりが勝ったので、ここは面白かった。

まぁ全体的にはあんまり楽しめなかったけど、主人公・貫多を演じた森山未來の
演技力は凄かった。
貧乏な主人公なので体絞ったり、卑屈な性格を一層際立たせるために猫背気味
で歩いたりと、うだつのあがらない貫多を上手く表現していたと思う。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャーク・ナイト | トップ | アメイジング・スパイダーマン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですねえ (sakurai)
2012-08-14 20:21:36
森山君のいやらしさは、ホント、へどが出るほどうまかったです。
この監督さんは、人間のやーーな部分を描くのがうまいですよねえ。
見たくはないし、見た後も、いやーーな気分なんですが、見て損ではないと言う気持ちです。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-08-14 21:04:50
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ほんとに森山未来のいやらしさ満開の演技は
上手かったですねぇ。
確かにやーーな部分があますとこなく描かれて
ましたね。見ていて嫌悪感しかなかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
苦役列車 (佐藤秀の徒然幻視録)
前田敦子に体当たり列車 公式サイト。西村賢太原作、山下敦弘監督、森山未來、高良健吾、前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲ、中村朝佳、野嵜好美。原作者の自伝的な1986年の ...
苦役列車 (LOVE Cinemas 調布)
第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説を『マイ・バック・ページ』の山下敦弘監督が映画化。中卒で日雇い仕事でその日暮らし、金が入ると酒と風俗に全て消えて行くというどうしようもない青年の恋と友情を描いている。主演は『モテキ』の森山未來。共演に『軽蔑』の...
苦役列車/森山未來、高良健吾 (カノンな日々)
芥川賞受賞時の会見がとても風変わりで印象的だった西村賢太さんのその受賞作である「苦役列車」を森山未來さんを主演に山下敦弘監督が映画化した作品です。山下敦弘監督といえば ...
『苦役列車』 2012年7月3日 東映試写室  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『苦役列車』 を試写会で鑑賞しました。 監督のティーチインを聞いて、この映画には救いがあったので納得しました 【ストーリー】  1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っていた。他人を避けなが...
映画「苦役列車」@東映本社第一試写室 (新・辛口映画館)
 今回は「Yahoo!映画ユーザーレビュアー」試写会に招かれた、客席は満席だ。映画上映後には山下敦弘監督と観客のティーチインが行われた。    映画の話  1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っ...
『苦役列車』 (ラムの大通り)
----この映画、原作は芥川賞受賞だけど、 かなりエグイ内容だよね。 見るからに不潔そうなんだけど…。 「うん。でも作っちゃった。 この映画は、映画とは何かをあらゆる方向から 考えさせてくれる ぼくにとっては刺激的な作品だったね」 ----あらゆる方向からって? 「 ...
「苦役列車」 強烈な原作の臭い (ももたろうサブライ)
監督 山下敦弘
苦役列車・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きる事は難しい。 日雇い労働で生きる若者の青春を描き、第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説「苦役列車」を、「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督が映画化。 昭和末期を舞台に、金も友も失い...
映画「苦役列車」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「苦役列車」観に行ってきました。第144回芥川賞を受賞した西村賢太の同名私小説を実写映画化した作品。映画のタイトルに反して、作中に列車の類は一切出てきません(苦笑)...
「苦役列車」 (みんなシネマいいのに!)
 父親が性犯罪をやらかし、「ウィークエンダー」のネタになって一家離散。 中卒で日
『苦役列車』 (こねたみっくす)
この憎めないダメ男をナメんなよ! 友ナシ、金ナシ、女ナシがナンボのもんじゃい。ろくでナシがナンボのもんじゃい。夢がないヤツよりは数百倍マシな人生を送っとるわ! ダメ男に ...
苦役列車 (あーうぃ だにぇっと)
苦役列車@東映第一試写室
「苦役列車」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/配給:東映 監督:山下敦弘 原作:西村賢太 脚本:いまおかしんじ 撮影:池内義浩音楽:SHINCO プロデューサー:川田 亮、根岸洋之 企画:近藤正岳 2010年・第144回芥川賞を
『苦役列車』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「苦役列車」□監督 山下敦弘 □脚本 いまおかしんじ□原作 西村賢太 □キャスト 森山未來、高良健吾、前田敦子、田口トモロヲ、マキタスポーツ■鑑賞日 7月16日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★ (5★満点、☆は...
俺はわるくない/Trash ~『苦役列車』 (真紅のthinkingdays)
 19歳の北町貫多(森山未來)は、父親の犯した性犯罪のために一家離散、中卒 以来日雇い人足で生計を立てる孤独な青年。読書が唯一の趣味で、古書店でア ルバイトする女子大生・康子(前田敦子)に憧れを...
苦役列車・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きる事は難しい。 日雇い労働で生きる若者の青春を描き、第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説「苦役列車」を、「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督が映画化。 昭和末期を舞台に、金も友も失い...
苦役列車(2012-097) (単館系)
苦役列車 渋谷TOEI 1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、 家賃も払えない生活を送っていた。 他人を避けながら孤独に暮らす貫多だったが、職場で専門学校生...
苦役列車 (映画的・絵画的・音楽的)
 『苦役列車』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作は、私小説作家・西村賢太氏の芥川賞受賞作(2010年)を映画化したものです。  19歳の主人公・北町貫多(森山未來)は、父親が性犯罪を犯したことから故郷にいられなくなり、東京に出てきて日雇い労働者として働いてい...
「苦役列車」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
昔はいっぱいあったよなあ、同じようなところでグダグダ、グダグダしているだけの青春映画。 藤田敏八の一連の青春映画とか、神代辰巳の「アフリカの光」とかね。 そうそう。グダグダしてないで早くアフリカ行っちまえよショーケン、とか声をかけたくなるような映画。 ....
苦役列車 (愛猫レオンとシネマな毎日)
芥川賞を受賞した西村賢太の私小説を、山下敦弘監督が映画化したものです。 一家離散によって、中学卒業後は、日雇い労働生活を送る主人公。 お金が入っても、酒と風俗に使い果たすような、どうしようもない青年だ。 そんな彼にも、田舎から上京し、専門学校に通う同い...
苦役列車     評価★★★★82点 (パピとママ映画のblog)
お金も学歴もなく、彼女もいないダメ男だけど、どこか人間臭くて放っておけない19歳の日雇い労働者の主人公、北町貫多のバイト生活をユーモラスに描いた青春映画。芥川賞受賞小説を、山下敦弘監督が、森山未來、高良健吾、前田敦子と旬のキャストを揃えて映画化。 まず...
苦役列車     評価★★★★82点 (パピとママ映画のblog)
お金も学歴もなく、彼女もいないダメ男だけど、どこか人間臭くて放っておけない19歳の日雇い労働者の主人公、北町貫多のバイト生活をユーモラスに描いた青春映画。芥川賞受賞小説を、山下敦弘監督が、森山未來、高良健吾、前田敦子と旬のキャストを揃えて映画化。 まず...
苦役列車 (迷宮映画館)
うーん、やな男が似合いすぎる。
苦役列車 (銀幕大帝α)
友ナシ、金ナシ、 女ナシ。 この愛すべき、 ろくでナシ -感想- 尿瓶片手にゲラ笑いするマエアツ。 手の甲を舐められて「ちょ、何!?」と引きまくるマエアツ。 サヨナラの挨拶代わりに頭突きを食らわすマエアツ。←すげぇ音したぞ そして森山未來とキスを交わすマ...
【苦役列車】それでも人は繋がりを求める (映画@見取り八段)
苦役列車     監督: 山下敦弘    出演: 森山未來、高良健吾、前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲ、藤井京子、高橋努 公開: 2012年7月14日 2013年8月27日 DVD観賞。 簡単感想で。 原作は西村賢太氏作の同名小説。未読です。 ううう…見てるのが辛かっ...