だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

しあわせのパン

2012-02-08 00:02:38 | 映画(さ行)

日本
ドラマ

    * * * * * * * *

『東京オアシス』の原田知世と『探偵はBARにいる』大泉洋が初共演を果たし、
夫婦を演じたハートウオーミングな人間ドラマ。
北海道でパンカフェを開いた夫婦のもとに集まる客たちとの温かい交流を
紡ぎ出す。客として登場するのも森カンナ、平岡祐太、光石研、余貴美子と
いった個性派の俳優たちばかり。
コメディーとはひと味違う優しさを醸し出す大泉と原田の掛け合いや、
北海道の豊かな食材で作られた食事が起こす小さな奇跡が胸に染みる。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、
パンカフェ「マーニ」を開店する。夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を
作るのは妻の担当で、いつも季節の食材をふんだんに使った料理がテーブルを
彩っていた。
そんな「マーニ」には、それぞれ何かしらの事情を抱えた客たちが店を訪れる
ものの、帰りには不思議とみんな心が軽くなっているのだった。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

なんとなく荻上直子監督の『かもめ食堂』とか、大森美香監督の『プール』、
松本佳奈監督の『マザーウォーター』みたいなほんわか癒し系映画なのかな?
癒し系ならどうせ途中で寝落ちするからスルーしようかなと思っていたんだが
主演がブレンディの人と知り、そういえばブレンディの人は『となり町戦争』
以降は観てないなぁと思い、久しぶりに観てみたいなぁと思って観に行くことに。

温かい気持ちになれる一本。

不思議な雰囲気を醸し出す一組の夫婦と、その夫婦が営むカフェにやってくる
訳ありの客たちの交流を描いたお話。

夏・秋・冬とそれぞれ事情を抱えた客がカフェにやってきて、水縞夫妻が出す
料理と月浦の風景に触れているうちにそれぞれの心の傷が癒され、再生して
いく様が淡々と描かれているんだが、今回はなぜか眠たくなかったな。
思うに水縞夫妻を演じたサイコロの旅の人と、ブレンディの人の配役が
ぴったりだったからかな。二人の雰囲気が凄く良かった。

個人的には、秋の少女と父親が出て行った母親の存在を乗り越えるシーンが
良かった。あれはちょっちウルッと来た。

それにしても、ブレンディの人、あれで44歳・・・だと・・!?
その年であの透明感なのか。あの横顔は反則だろ。
角川映画に出てた若いころより、断然、今の方が綺麗だな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビーストリー | トップ | 第7回大阪アジアン映画祭 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブレンディの (sakurai)
2012-04-08 19:15:45
人は年とりませんねぇ。
演技の方は昔から下○くそと言われてますが、あの透明感は彼女ならでは。
現実味がないファンタジーみたいな物語が成り立つのも、あの人あっての話なんでしょうね。
なもんで、最後のこうのとりのお話は、ほんとにこうのとりか!と思いました。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-04-08 22:54:40
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ブレンディの人、何らかの組織の下で、不老不死の手術を受けたんではないかと思うぐらい、綺麗で年齢を感じさせませんねぇ。
『となり町戦争』の時も同じようなこと思ったんですが、今回も同じこと思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「しあわせのパン」 (ようこそMr.G)
映画 「しあわせのパン」
しあわせのパン 【映画】 (as soon as)
ハナタレナックスで「しあわせのパン」の番宣に出ていたふたり 原田知世、大泉洋 関連記事「しあわせのパン」 『わけあうたびに わかりあえる気がする』 そのとき、安けんが軽くからかうように突っ込...
『しあわせのパン』 2012年2月4日 TOHOシネマズ西新井 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『しあわせのパン』 を鑑賞してきました。 いや~ギリギリ劇場間にあったので良かった 早めに出て正解でした 【ストーリー】  りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、パンカフェ「マーニ」を開店する。夫が丁寧に...
『しあわせのパン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「しあわせのパン」□監督・脚本 三島有紀子 □キャスト 原田知世、大泉 洋、森 カンナ、平岡祐太、光石 研、八木優希、中村嘉葎雄、      中村靖日、池谷のぶえ、本多 力、渡辺美佐子、あがた森魚、余 貴美子 ■鑑賞日 1月29...
しあわせのパン/原田知世、大泉洋 (カノンな日々)
映画予告編のなんだかとても人が好さそうで穏やか大泉洋さんを観てると何故かカチンとくるのは私だけでしょうか?別に大泉洋さんが嫌いではなくむしろ好きなほうなんですけど、何 ...
映画・しあわせのパン  (読書と映画とガーデニング)
2011年 日本 北海道・洞爺湖畔の月浦でCafeマーニを営む水縞くん(大泉洋)とりえさん(原田知世)夫妻 Cafeマーニを訪れるご近所の常連さんたちと夏・秋・冬にそれぞれやってくるお客さんたち 夏のお客さま、香織(森カンナ)とトキオ(平岡祐太) ...
しあわせのパン (佐藤秀の徒然幻視録)
パンよりも帽子に注目 公式サイト。三島有紀子監督、原田知世、大泉洋、森カンナ、平岡祐太、光石研、八木優希、中村嘉葎雄、渡辺美佐子、中村靖日、池谷のぶえ、本多力、大橋の ...
ひとつだけ~『しあわせのパン』 (真紅のthinkingdays)
 北海道・月浦。洞爺湖を望む静かなこの土地に、夫婦ふたりが営むカフェ「マー ニー」はある。「水縞くん」(大泉洋)が焼くパンと、「りえさん」(原田知世)が挽くコ ーヒー。好きな場所で、好きな人と...
しあわせのパン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『東京オアシス』の原田知世と『探偵はBARにいる』大泉洋が初共演を果たし、夫婦を演じたハートウオーミングな人間ドラマ。北海道でパンカフェを開いた夫婦のもとに集まる客たちと ...
月とマーニ。~「しあわせのパン」~ (ペパーミントの魔術師)
矢野顕子メインで考えるならベスト盤なんだけど、 清志郎とコラボしてるのはコチラのアルバムらしい。 はじめてのやのあきこ矢野顕子 槇原敬之 小田和正 YUKI 井上陽水 忌野清志郎 上原ひろみ ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-03-08売り上げランキング...
「しあわせのパン」 (みんなシネマいいのに!)
 北海道の湖が見渡せる丘の上でパンカフェを始めた夫婦。 そこにやってくる客は色々
ほんわか生活の裏に見え隠れする闇と分け合う幸せ ─ 映画『しあわせのパン』 ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 映画『しあわせのパン』 ─ 矢野顕子と忌野清志郎がデュエットした名曲「ひとつだけ」が起用されたと知って気になっていた映画『しあわせのパン』を観てきました。 オール北海 ...
しあわせのパン (とりあえず、コメントです)
洞爺湖のほとりにある月浦を舞台に原田知世&大泉洋主演でおくるヒューマンドラマです。 美しい風景と美味しそうなパンの登場する予告編を観て、これは観たい~と思っていました。 ちょっとファンタジックな雰囲気を醸し出すような人々の優しい心に癒される時間を過ごしま...
『しあわせのパン』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
なぜか、全く予告を観ていませんでした。 でも、チラシは手元にあって、まぁ~るいおいしそうなパンに 原田知世さんと大泉洋さ
しあわせのパン(2012-016) (単館系)
しあわせのパン ユナイテッドシネマ浦和 りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、 パンカフェ「マーニ」を開店する。 夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の...
『しあわせのパン』 (2011) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 三島有紀子 出演: 原田知世 、大泉洋 、森カンナ 、平岡祐太 、光石研 公式サイトはこちら。 フリーパスポート14本目。 パン焼きな私としてはこれ、公開日に鑑賞することはmustに近いものがあり(笑)、何を差し置いても行かねばならなかったのであり....
No.307 しあわせのパン (気ままな映画生活)
原田知世と大泉洋が主演し、北海道・洞爺湖のほとりの小さな町・月浦を舞台に、宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェを営む夫婦と、店を訪れる人々の人生を四季の移ろいと ...
しあわせのパン(2011) (銅版画制作の日々)
わけあうたびにわかりあえる気がする 評価:=70点 京都シネマにて鑑賞。 なんてことはないお話なのですが、意外に好きでした。まったく関係ないのですが、昨年観た原田さん出演の「東京オアシス」があまりにも何じゃこれ!って感じだったので観ようかどうしょうか?...
しあわせのパン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
最近偏頭痛がひどかった原因は、環境が激変したせいだったのかもしれませんが、ストレス解消はおいしいものと映画でしょう♪久々の2連休で、おいしい生牡蠣食べた後にこの作品。北海道の月浦でパンカフェを始めた水縞夫婦とカフェマーニに訪れた人々の物語。しあわせは、...
しあわせのパン (迷宮映画館)
原田知世さんは、まるでマリア様!
しあわせのパン (がらくた新館)
北海道の自然豊かな場所を舞台にした、ハートフルな物語。 「りえさん」「水縞くん」
しあわせのパン (愛猫レオンとシネマな毎日)
本作は、2月の東京散策時に、新宿ピカデリーにて鑑賞しました。 東京では、本作を含め、8本見ましたが、公開作品が多くて レビューが後回しになってます。 チョット、気合いを入れて、バンバンいきまーす! 本作の脚本・監督は、三島有紀子さん、主演は、大泉洋さん...
幸せのパン (のほほん便り)
北海道の湖のほとり、泊まる施設もある、手作りパン屋さんを営む夫妻のお店「マーニ」で起きた物語の数々… 丁寧に紡がれた、ほっこりワールド。 なんといっても、原田知世が、とても雰囲気で似あってました。大泉洋も、いい感じ 好き嫌いはあるかもしれませんが、...