だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2017-07-30 00:01:07 | 映画(は行)

アメリカ
ドラマ/伝記

    * * * * * * * *

「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン
“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。
マクドナルド兄弟が始めた片田舎のバーガー・ショップを世界的巨大企業へと
急成長させたビジネスマン、レイを主人公に、成功のためには手段を選ばない
彼の冷徹な信念と飽くなき情熱を、職人気質の兄弟との対立を軸に赤裸々な
筆致で描き出す。
共演はニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン。
監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」の
ジョン・リー・ハンコック。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1954年、アメリカ。レイ・クロックはシェイクミキサーを売り歩く52歳の
営業マン。
ある日、1度に8台もの注文が入り驚くレイ。
さっそく店を訪ねてみると、そこはマクドナルド兄弟が経営する大繁盛の
ハンバーガー店だった。
レイはその無駄のない合理的なシステムに感服し、ビジネスとしての可能性を
見出す。
さっそく兄弟にフランチャイズ化による全国展開を提案し、晴れて契約を取り
交わすレイだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

マクドナルドの創業者のお話しってことで、大いに興味に惹かれたので、
『東京喰種』を観たついでに、引き続きなんばパークスシネマにて鑑賞。

ビジネスの世界は厳しいなぁ。

これは大変に見応えある作品だった。アメリカ社会でのビジネスでの冷血さ
とか垣間見ることが出来たし、マクドナルドって最初はマクドナルド兄弟が
始めた事業で、そしてなんだかんだあって今に至るっていうのが知れて
大変面白かった。

観てるとマクドナルド兄弟に感情移入して、レイは酷い奴だと思ってしまい
がちだけど、ビジネスやってる以上、より儲けようとするのは資本主義社会
なら至極当然だと思うので、そこまでレイを酷い奴だとは思えない。

それにレイがマクドナルドを利用して楽して金を儲けようとしているなら
嫌悪感MAXになるだろうけど、レイ自身も家を抵当に入れたり、加盟者を得る
ためにあちこち出かけたり、店のゴミ掃除したりと汗水流して一生懸命働いて
いる姿を見てると、ここまでしてるのに取り分少ないとか不満出てくるのは
仕方ないよなぁと、そんなに嫌悪感が湧かない。

もちろん儲けよりも地域に根差してとかお客様第一云々っていう心情も分かる。
だったら最初からレイの話に乗らずに現状維持でやっていくべきだし、拡大する
ならするで、レイがやったことを自分達でやるべきだったんだよなぁ。

しかも売却時に契約書に乗せない紳士協定で妥協するのはなんぼなんでも
兄弟馬鹿じゃねって思える。
自分達を裏切りブランドを奪おうとしている人間が紳士協定を守る訳ないのに。
契約社会のアメリカで、紳士協定を信じるってこの兄弟よっぽどお人よしなん
だろうな。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京喰種 トーキョーグール | トップ | ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎の......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ / The Founder (勝手に映画評)
実話に基づく作品。世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を、レイ・クロックがどの様にして作り上げていったのかを描いている。 事前にある程度知ってはいたけど、レ......
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ/フィルムネーション=ワインスタイン・カンパニー、他 配給:KADOKAWA 原題:The Founder監督:ジョン・リー・ハンコック脚本:ロバート・シーゲル製作:ドン・ハンドフ
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER (銅版画制作の日々)
 英雄か。怪物か。 MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックと......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (ネタバレ映画館)
関東のマックか?関西のマクドか?金にモノ言わせるなら“アクド”だな・・・
ファウンダー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実に基づ......
『ファウンダー』を角川シネマ有楽町で観て、勧善懲悪が好きなんだよ★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲「爆誕!」っぽいポーズ。 五つ星評価で【★★★スカっとしない】 ちゃんと最後まで息をも付かせぬ展開があるのは立派。 でも、最初の頃からラストまで、主人公を好きにな......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER (銅版画制作の日々)
 英雄か。怪物か。 MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックと......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (映画と本の『たんぽぽ館』)
本家VS元祖??? * * * * * * * * * * マクドナルド創業者レイ・クロックの実話を元にしたストーリー。 1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・......
ショートレビュー「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なぜ彼は、1個15セントのハンバーガーで帝国を築くことが出来たのか? 異色のアメリカンドリームの展開に、目が離せない。 「マクドナルド」という店名が創業者兄弟の名前なのは......
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 マクドナルドのセールスポイント (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『ウォルト・ディズニーの約束』などのジョン・リー・ハンコック。  マクドナルドのファウンダー(創業者)についての実話をもとにした物語。  『バードマン』『スポ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  監督/ジョン・リー・ハンコック (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  ニック・オファーマン  ジョン・キャロル・リンチ  ローラ・ダーン 【ストーリー】 1954年、アメリカ。シェイクミキサーのセールスマンである52......
[映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・作品としては面白かった。 角川シネマは満席で、私、最前列に滑り込み、帰りには、次回上映の「SOLD OUT」が告知されているほどだった。 マクドナルドの誕生にまつわる「......
[映画] ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (12時間Blog)
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を角川シネマ有楽町にて観てきました 現在もなお世界最大級のファーストフードチェーンで日本でもお馴染みのマクドナルドの1950年代の ......
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ (rambling rose)
1954年のアメリカ。レイ・クロックはミキサーを売り歩く52歳の営業マン。しかし思う様には売れず・・そんなある日、一度に8台の注文が入り、驚いた彼は早速その店を訪ねてみる事に......