だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的

2017-06-14 20:49:40 | 映画(か行)

スペイン
サスペンス/ドラマ
DVD観賞

    * * * * * * * *

「気狂いピエロの決闘」の鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督が、
謎の狙撃手に狙われたバルに取り残された8人の男女を描いた密室劇。
出演は「私が、生きる肌」のブランカ・スアレス、「スガラムルディの魔女」
のマリオ・カサス、「ペーパーバード 幸せは翼にのって」のカルメン・マチ。
シネマート新宿、シネマート心斎橋で開催の「シネ・エスパニョーラ2017」
上映作品。
                                                              (映画.comさんより抜粋)
    * * * * * * * *

マドリードの交差点に建つ1軒のバル。
常連たちで賑わう中、店を出た客が突如として頭を撃ち抜かれ、その様子を
見に行った客も銃撃されて死んでしまう。
店内に残った人々は、どこから狙われているのかわからないため外に逃げる
こともできず、パニックに陥っていく。
ところが、ふと外を見ると、道に転がっていたはずの2人の死体と血痕が跡形
もなく消えており……。
                                                              (映画.comさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ある日突然、バルにいると人が狙撃されて、バルから出られなくなって
パニックになるっていう予告動画が面白そうだったので、レンタルして観る
ことに。

あの副題はあかんで!

街角の狙撃手と8人の標的ってあるから、てっきりテロリストか警官か何者かが
何らかの理由があってバルにいる人達を狙撃していくサスペンスものかと
思ったら、狙撃手全然出てこないでやんの。

最初に犠牲になる2人を撃ったらお役御免とばかりに以降は一切出てこないし、
狙撃してもこない。
完全に副題をつけた奴は最初の数分しか観てないやろ。

それでもバルの中で何が起きているのか推理したり、お互いが疑心暗鬼になって
互いの持ち物を怪しんだりとそれぞれの本性がむき出しになってくる展開は
なかなかに面白い。
特に状況が自分に有利になった際の変わり方とかがなかなか見応えあったし、
所々笑わせるようなシュールなシーンもあったりして終盤ちょい前までは
面白かった。

でもってこっからどういうオチにもっていくんだろうかと思っていたら、
この辺りから画づらが汚くなっていって、個人的にはちょっと観る気が
失せだした。
飯食いながらの鑑賞じゃなくて本当に良かった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴン×マッハ! | トップ | レッド・ダイヤモンド »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2017-06-20 15:10:55
パニック映画でしたが、
ちょっと笑えるところもあって、なかなか面白かったですね
私も食事中ではなかったので、後半の下水シーンも大丈夫でしたが、汚物まみれは嫌な人は拒否反応おこしちゃうかもですねえ。

怪しげな風貌から、絶対店長がなにかしらやらかしてくれると思ってたのにー
あっさりと退場でした^;
それにしてもこの監督の作品はどれもいまのところ面白くて、それも凄いなあと。
>makiさん (はくじ)
2017-06-24 00:12:19
こんばんは。
コメントありがとうございます。

緊迫したシーンなのに、やってる事は端からみると
おかしなことをまじめにやってるのがシュールでしたが
結構面白かったです。
下水道のシーンにいくまでは。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的 (銀幕大帝α)
EL BAR/THE BAR 2017年 スペイン 102分 サスペンス/ドラマ 劇場公開(2017/03/25) 監督: アレックス・デ・ラ・イグレシア 『スガラムルディの魔女』 製作: アレックス・デ・ラ......
17-110「クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的」(スペイン) (CINECHANが観た映画について)
恐怖が本性を表す  マドリードの交差点に店を構えるバルは、いつものように常連たちで賑わっている。  そんななか、一発の銃声が鳴り響く。バルにいたひとりの男の客が店の外に......