だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

西遊記2~妖怪の逆襲~

2017-09-09 21:29:51 | 映画(さ行)

中国/香港
アドベンチャー/コメディ/ファンタジー

    * * * * * * * *

チャウ・シンチーが監督を務めたアクションファンタジー『西遊記~はじまり
のはじまり~』の続編。
天竺を目指して旅する妖怪ハンターの三蔵法師が、孫悟空らと共に妖怪たちに
立ち向かう。
メガホンを取るのは『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズ
などに携わってきたツイ・ハーク。
『あの場所で君を待ってる』などのクリス・ウー、『修羅の剣士』などの
ケニー・リン、『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』などのヤオ・チェンら
が出演。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

病気ながら、孫悟空(ケニー・リン)、猪八戒(ヤン・イーウェイ)、沙悟浄
(メンケ・バータル)を引き連れ天竺へ旅をする妖怪ハンターの三蔵法師
(クリス・ウー)。
美女に化けては近づく人間を食う蜘蛛女たちを退治した孫悟空が、理不尽な
三蔵法師を始末しようとその機会をうかがう中、一行は比丘国へ。
国王・九宮真人(ヤオ・チェン)に迎えられるが、常軌を逸した気分屋である
国王の機嫌を三蔵法師が損ねてしまう。
困った彼は孫悟空に助けを求めるが、事態は悪化するばかりで……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

チャウ・シンチーの『西遊記~はじまりのはじまり~』の続編が公開された
ので前作が楽しめたからコレも楽しめそうと思い、なんばパークスシネマへ。

なんでキャスト変えちゃうかな~。

事前に予告映像とか一切観てなくて、続編が公開されるという情報だけで
映画館へと赴いたのだが、始まって早々悟空がホアン・ボーで無いことに
衝撃を受けた。
あの禿げ散らかした悟空が面白かったのに。

さらに三蔵法師もウェン・ジャンじゃないし、猪八戒も沙悟浄も前作と違う。
キャストだけでなく監督もチャウ・シンチーじゃなくてツイ・ハークだし。

前作からCGが派手になったものの、チャウ・シンチーが製作に回った所為か、
笑い所が少なくて前作ほどクスクス笑えなかったし、面白くなかった。

良かったのは前作同様、最後にGメン75のテーマ曲を使ってきたこと
だけど、あのテーマ曲使うなら三蔵法師一行が横一線に並ばないと。


西遊記~はじまりのはじまり~

 

お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機動戦士ガンダム THE ORIGIN... | トップ | ダンケルク »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-09-12 00:02:43
「如来掌」は「カンフー・ハッスル」の主人公の必殺技なので、そこだけちょっとだけ胸熱。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-09-12 06:31:53
こんにちは。
コメントありがとうございます。

カンフー・ハッスルは面白かったですよねぇ。
あれは武侠物をはじめ、いろんなオマージュが
入ってて観てて楽しかったです。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『西遊記2』をトーホーシネマズ六本木4で観て唖然茫然 (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲画像は後から。 五つ星評価で【★★チャウ・シンチー脚本の映像化って難しいのか?】 前のチャウ・シンチー版『西遊記』がかなりお気に入りだったので、遠くに来ちゃったなあ......
17-279「西遊記2 妖怪の逆襲」(中国) (CINECHANが観た映画について)
ああ見えて、師匠は危機管理の達人だ  孫悟空、猪八戒、沙悟浄を従え、天竺への旅を続ける妖怪ハンターの三蔵法師。暴れん坊の孫悟空に手を焼き、妖怪退治をしながらどうにか食......