だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

ローマ法王の休日

2012-08-11 21:23:26 | 映画(ら行)

イタリア
コメディ/ドラマ

    * * * * * * * *

「親愛なる日記」「息子の部屋」のナンニ・モレッティ監督がカトリックの
総本山“ヴァチカン”を舞台に、人間味溢れる聖職者たちを登場させて描く
ヒューマン・コメディ。
意図せずして新法王に選ばれ、プレッシャーのあまり逃亡を図ってしまった
真面目で気弱な主人公が、ローマの街で束の間の人間らしい時間を過ごすさまを
シニカルな視点を織り交ぜつつユーモラスに綴る。
主演は「昼顔」「美しき諍い女」の名優ミシェル・ピッコリ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ある日、ローマ法王が逝去した。システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結し、
次期法王を決める選挙“コンクラーヴェ”が開催されることに。投票は新法王が
決まるまで何度でも繰り返される。
誰もが法王という重責に尻込みし、本命視されていた枢機卿たちも規定の票数を
獲得するには至らず、時間ばかりが過ぎていく。
そんな中、天の配剤か運命の悪戯か、まったく予想されていなかった無名の
枢機卿メルヴィルが不意に新法王に決定してしまう。
その結果に誰よりも驚いたのはメルヴィル自身だった。
そしてパニックに陥った彼は、新法王のスピーチを待ちわびる大群衆の前に
現われることが出来なくなってしまう。困り果てた報道官たちは、素性を
知らないセラピストに診察してもらうため、極秘裏に法王をヴァチカンの外に
連れ出すことに。ところがメルヴィルは、彼らの隙を突いてローマの街へと
逃げ出してしまうのだった。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『ローマ法王の休日』っていう邦題が『ローマの休日』に掛かっている所から、
法王に選ばれた主人公が弱気になってバチカンから逃亡し、街でいろんな人と
の出会いから法王としてやって行こうと気持ちを新たにするような感じの
作品かと思って、大阪ステーションシティシネマに観に行ったんだが。

これは邦題のタイトルのつけ方がいただけないな。

主人公が無理!ってパニックになってカウンセリングを受けに行った際に
逃亡するあたりまでは枢機卿たちの言動とかが面白かったんだが、法王が
逃亡してからがちょっとイマイチだったかな。

街の人々とふらあうんだが、特にこれといった広がりもなく身一つで逃げ出した
割にはホテルに泊まれたりと都合良すぎる展開は観ていて飽きた。

で、最後にバルコニーでの挨拶での意外なラストに拍子抜け。
え?これで終わりって感じで何か釈然としなかった。
だけど、その後の枢機卿たちのあぁ~まだ当分帰れそうに
ないって感じの落胆した姿は笑えた。


お薦め度:★☆☆☆☆(1/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盗聴犯~狙われたブローカー~ | トップ | 遊星からの物体X ファース... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ところどころは (sakurai)
2012-09-28 09:16:56
くすっとできたし、いろいろな皮肉も効いてましたが、根本なところが違うんじゃないかなあ・・でしたね。
法王さまも人間なことはわかりますが、せめて踏ん張ってもらいたかったです。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-09-28 23:42:58
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ちょっと、いやだいぶ期待してたのとは違ってました。
タイトルで釣られた観客は、逃亡した法王が市井の
人々との交流を経て、法王としての決意をあらたに
バチカンに戻る的なものを期待してたと思うんですが、
そんなハッピーエンドじゃなかったですしね。
法王もか弱い人間だってことを言いたいのかも
しれませんが、職務投げっぱなしで終わられて
もって感じです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ローマ法王の休日』 映画が楽しめない、という人に (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  ローマ法王は、かつてローマ帝国の首都だったローマの司教である。  数あるキリスト教の教会の中でも、ローマ・カトリック教会はもっとも信徒が多く、その数は11億人以上と云われる...
ローマ法王の休日 (こんな映画見ました~)
『ローマ法王の休日』---HABEMUS PAPAM---2011年(イタリア)監督:ナンニ・モレッティ出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、ナンニ・モレッティマルゲリータ・ブイ ある日、ローマ法王が逝去した。 システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結....
ローマ法王の休日 (あーうぃ だにぇっと)
ローマ法王の休日@シネマート六本木
2012年7月 観賞記録 (Nice One!! @goo)
7月1日(日) 『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』 『きっと、ここが帰る場所』 異形にも近いようなシャイアンの風貌は、元ロックスターという設定ゆえなんだろうけど、さすがにこの感じは引く。黒髪の手入れがされてない状態ってかなりひどいし、リップラインが正....
「ローマ法王の休日 」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Habemus Papam」…aka「We Have a Pope」2011 イタリア/フランス ローマ法王/メルヴィルに「昼顔/1967」「美しい諍い女/1991」「ランジェ公爵夫人/2007」のミシェル・ピッコリ。 ヴァティカン報道官に「「カイマーノ/2006」のイエルジー・スチュエル。 グレ...
ローマ法王の休日 (試写会) (風に吹かれて)
神の思し召しじゃないの?公式サイト http://romahouou.gaga.ne.jp7月21日公開監督・脚本: ナンニ・モレッティ  「息子の部屋」ローマ法王が逝去し、次の法王を決めるコンクラー
ローマ法王の休日 (そーれりぽーと)
軽くてほのぼのとしたタッチのコメディーのように思える劇場予告編で楽しみにしていた『ローマ法王の休日』を観てきました。 ★ 予告編作った人が恨めしい程に、予告編から受けた印象とは違う、新法王の苦悩と翻弄される周囲を描いた重苦しい映画でした。 正確に書くと...
『ローマ法王の休日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ローマ法王の休日」□監督・脚本 ナンニ・モレッティ□キャスト ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ■鑑賞日 8月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満...
ローマ法王の休日 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年7月31日(火) 20:00~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(フリーパスポート) 『ローマ法王の休日』公式サイト フリーパスポート21本目。 そのタイトルと予告編から「英国王のスピーチ」のような笑いありの感動作と勝手に推定。 ところが、重苦しく話が...
『ローマ法王の休日』 (・*・ etoile ・*・)
'12.07.24 『ローマ法王の休日』@TOHOシネマズシャンテ 実は『ダークナイト ライジング』ジャパン・プレミアの前日に見に行ってた(笑) 仕事があまりに順調に終わって、定時上がりできそうな勢いだったので、ポイントもあるし映画でも見に行こうと思い立つ。シャンテな...
ローマ法王の休日 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ローマ法王の休日/HABEMUS PAPAM 2011年/イタリア/105分 監督: ナンニ・モレッティ 出演: ミシェル・ピッコリ/イエルジー・スチュエル/レナート・スカルパ/ナン...
「ローマ法王の休日」 (みんなシネマいいのに!)
 これはもう日本語のタイトル勝ちというか、タイトルだけの出オチ的な映画。 この日
ローマ法王の休日 (映画の話でコーヒーブレイク)
チラシを見て面白そうなので、早速映画館に行ってきました こんな映画作っちゃっていいんですかね? バチカンからクレームはこないんでしょうか?  次期法王や枢機卿(カーディナル)たち。ローマカトリック教会の頂点に立つ方々なのに・・・。 何だかカワイイおじいちゃ...
ローマ法王の休日 (迷宮映画館)
うーーーーーん。。。
ローマ法王の休日 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
メルヴィル自身の人生再生の物語であるのと同時に、観客も同じ体験ができる内容になっている。どんなに格好つけて、地位がある人でも怖いものがある。押し潰されそうなときは誰にでもある。枢機卿たちがグループに別れてバレーボールをする。その生き生きとした表情がすば...
「ローマ法王の休日」みた。 (たいむのひとりごと)
ハートフルコメディとうたった愉しげな予告編と、『ローマ法王の休日』というパロディめいた邦題にすっかり騙されて鑑賞。しかし、実際は爽快感はないわ、心は温まらないわ、どちらかというとブラックユーモアの類に
映画『ローマ法王の休日』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-64.ローマ法王の休日■原題:Habemus Papam■製作年・国:2011年、イタリア・フランス■上映時間:105分■字幕:岡本太郎■観賞日:8月4日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本・精神科医:ナンニ・モレッティ□脚本:フランシェスコ・ピッコロ、フェデリカ...
『ローマ法王の休日』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
法王逝去に伴い行われたコンクラーヴェでは、何人かの有力候補者に票は集まるものの、なかなか一人に絞り込まれない。だが何度目かの投票の際にようやく新法王が決まるのだが、それは下馬評にも上らないような人物だった。そして当の本人はあまりのプレッシャーに押しつぶ...
【ローマ法王の休日】法皇だって人間だ (映画@見取り八段)
ローマ法王の休日~ HABEMUS PAPAM ~    監督: ナンニ・モレッティ    出演: ナンニ・モレッティ、ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、マルゲリータ・ブイ 公開: 2012年7月21日 2013年2月26日。DVD観賞。 え~…フィクション...
ローマ法王の休日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HABEMUS PAPAM】 2012/07/21公開 イタリア 105分監督:ナンニ・モレッティ出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ、マルゲリータ・ブイ 神さま、なせ、私なんですか? [Story]ある日、ローマ法王が逝去した。シ....
ローマ法王の休日 (映画感想メモ)
選ばないで。神様、絶対に私だけは選ばないで! いい加減あらすじ 新しい法王を決め
ローマ法王の休日 (いやいやえん)
「神様、一生のお願いです。どうか私が選ばれませんように―。」コンクラーヴェ(ヴァチカンで開催される法王選挙)において、システィーナ礼拝堂に集められた各国の枢機卿たちは、全員が必死にそう祈っていた…!(笑) 聖職に身を置いて目指す最終地位といえば法王...