だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

舟を編む

2013-04-21 01:52:10 | 映画(は行)

日本
ドラマ/コメディ/ロマンス

    * * * * * * * *

2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平主演で
映画化した感動ドラマ。
新しい辞書の編纂という一大事業に取り組む辞書編集部に配属されたマジメで
不器用な青年が、地味で気の遠くなるような作業のなかで個性豊かな編集部員
たちと織り成す人間模様と、板前を目指す下宿先の孫娘との恋の行方をユーモ
ラスかつハートウォーミングに綴る。
共演は宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華。
また、八千草薫、小林薫、加藤剛らベテラン勢が脇を固める。
監督は「川の底からこんにちは」の石井裕也。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1995年。玄武書房に勤める青年・馬締光也は、真面目すぎる性格ゆえに営業部で
浮いた存在。そんなある日、彼は言葉に対するセンスを買われて辞書編集部に
異動となる。迎えたのは、定年間近のベテラン編集者・荒木やお調子者の西岡ら
個性あふれる面々。
辞書編集部では現在、新しい辞書『大渡海』の編纂に取り組んでいた。
馬締は彼らを通して辞書の世界の奥深さに触れ、辞書作りに没頭していく。
そんな馬締がある夜、下宿先の大家と同居することになった板前修行中の孫娘・
林香具矢と出会い、一目惚れしてしまう。
言葉を扱う仕事をしていながら、彼女にうまく自分の思いを伝えられず苦悶する
馬締だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

出演作に駄作が少ない宮崎あおいが出演している以上、期待できる作品だろうと
思い、『プラチナデータ』を観た後、同じシネコンで続けて鑑賞。

辞書作りって大変なんだな。

こっちも2時間越えの作品だけど、その前に観た同じ2時間越えの『プラチナ
データ』と違って最後までダレることなく観られた。

特に派手な出来事もなく淡々と展開する内容だったけど、笑える所やジーンと
くる所もあり、大いに見応えあった。
馬締が香具矢に筆書きで読めない恋文書いたくだりは笑えたし、死期が近い
編集主幹・松本のために死ぬまでに辞書を完成させようと決意するあたりは
個人的に好きなシーンでちょっとグッとくるもんがあった。

それにしても辞書作りって大変だな。出来上がるまでに10年以上もの時間を
費やすなんて。その間に上司・先輩が定年退職したり、異動したり、監修者の
先生が亡くなったり、出来たら出来たで改訂作業に入らないといけなくてって、
ほんと一生の仕事って感じ。
確かに雑誌なんて記事に誤りあっても次号で訂正記事かけば済むんだろう
けど、辞書はそういうわけにはいかないもんな。それだけに間違いが許され
なくて編集者のプレッシャーも大変そう。

宮崎あおいの板前姿、あれはイイな。凛々しくて萌える。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラチナデータ | トップ | トールマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 舟を編む (充実した毎日を送るための独り言)
・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也...
映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...
劇場鑑賞「舟を編む」 (日々“是”精進! ver.F)
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
舟を編む (あーうぃ だにぇっと)
舟を編む@東商ホール
『舟を編む』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月...
舟を編む〜言葉の光と影 (佐藤秀の徒然幻視録)
「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配...
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
大渡海〜『舟を編む』 (真紅のthinkingdays)
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
舟を編む/松田龍平、宮崎あおい (カノンな日々)
三浦しをんに同名の原作小説は出版当時から本屋さんで見かけるたびに気にはなっていたもののハードカバーはちょっと億劫なので文庫化されてからでもいいかなと思っていたら、2012年 ...
舟を編む (Akira's VOICE)
大渡海めっちゃ欲しい。  
『舟を編む』 (こねたみっくす)
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...
舟を編む (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
舟を編む (とりあえず、コメントです)
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じられるような作品になっていました。
映画 舟を編む (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。   中盤から後半は、辞書製作の苦労を現...
映画『舟を編む』★ “大渡海〜キラキラ光る海は言葉が輝くような (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/i...
舟を編む (いい加減社長の映画日記)
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(ま....
舟を編む (勝手に映画評)
なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言い...
「舟を編む」 (ゆっくり歩こ。)
家に帰ってすぐ、岩波の国語辞典で調べました “右” おぉ〜〜〜! ホントに書いてあるぅぅ〜 馬締光也という大変まじめな青年が辞書を作るお話 この真面目で不器用な感じに・・・ 笑いました 思わずクスクスしてしまった 辞書って・・・ 作るの大変...
「舟を編む」:仕事×年月=感動 (大江戸時夫の東京温度)
映画『舟を編む』は小生にしては珍しく原作を先に読んでいたのですが、良い映画化でし
「舟を編む」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜マジメって、面白い〜 2013年  日本映画   (2013.04.13公開)配給:松竹=アスミック・エース    上映時間:133分監督:石井裕也原作:三浦しをん 『舟を編む』(光文社刊)脚本:渡辺謙作音楽:渡邊崇出演:松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/....
舟を編む (テレビ徒然記)
辞書作りという特殊な仕事とはいえ、出版社で働くのもサラリーマン、 その普通のサラリーマンをオダジョさんが演じるのは興味あるなあ、と予告を見た時から気になっていました! 物語は淡々と進み、2時間超でしたが、飽きることなく見られました! 馬締くんは天職を見....
『舟を編む』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『舟を編む』を観てきました。 舟を編む - 映画.com まず一言言いたいのは、、時代背景が・・・・?? 1995年という時代背景ですが・・・・バブル崩壊後・・・まだソフトスーツ着てた気がします。 ネクタイも明るめのものが流行っていた気がします。 そのあと3つ...
映画『舟を編む』 (健康への長い道)
 今日も新宿ピカデリー。『舟を編む』を観てきました。原作は未読ですが、文庫になったら読むつもりです。  これまで読んだ三浦しをんさんの小説の中では(それほど読んではいないけど)、『まほろ駅前多田便利軒』と『神去村なあなあ日常』がお気に入りです。 Story...
舟を編む  監督/石井裕也 (西京極 紫の館)
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー 【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ...
映画「舟を編む」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...
舟を編む (映画的・絵画的・音楽的)
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集....
「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ (オールマイティにコメンテート)
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...
「舟を編む」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201
舟を編む (にきログ)
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...
【舟を編む】繋がりを編む人 (映画@見取り八段)
舟を編む    監督: 石井裕也    出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、宇野祥平、又吉直樹、波岡一喜、森岡龍、斎藤嘉樹、麻生久美子、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛 公開: 2013年4月13日 2013年4...
映画・舟を編む (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 ほぼ三浦しをんさんの原作通りでした 主人公の馬締(松田龍平)は原作から自分が想像していたよりさらに風変わり 一生懸命な人間が見せる滑稽さ、でもカッコイイ 真面目な馬締は松田龍平以外では誰が演じられるか、と思うくらい嵌まっていました ...
舟を編む (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:133分 監督:石井裕也  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがある。この物語でも『大渡海』という辞書を15年間かけて製作している。事業として
辞書を作ろう! (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ  ...
[映画『舟を編む』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。  でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水...
舟を編む (カレサンスイノTTZMI)
『船を編む』 (2013・日本・2h13) 監督 : 石井裕也 出演 : 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、伊佐山ひろ子、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、八千草薫 一冊の辞書を作るのには膨大な時間と手間がかかる。辞書作りに携わった人たちの...
ショートレビュー「舟を編む・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
言葉の大海の、静かなる冒険者たち。 普段何気なく使っている辞書を作るのに、これほどの時間がかかっていたとは! 本作に描かれるのは、全く新しい辞書「大渡海」の編纂に挑む人々の、15年間に渡る創造の...
舟を編む (花ごよみ)
監督は石井裕也。 三浦しをんの同名小説の映画化。 主演の馬締光也役には松田龍平、 馬締が恋する香具矢役には、 宮崎あおいがキャスティング。 先輩役の西岡正志をオダギリジョー、 加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子等、 共演者達もそれぞれ個性的で、 魅力ある人物....
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
舟を編む (愛猫レオンとシネマな毎日)
2012年、本屋大賞に輝いた同名小説を、「川の底からこんにちは」の 石井裕也監督によって映画化したもの。 ストーリーは「今を生きる辞典」というコンセプトの元に、新しい辞書作りに 情熱を注ぐ人々のお話でした。 新しい辞書のタイトルは「大航海」 言葉の海を渡...
舟を編む (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
舟を編む '13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に勤...
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...
舟を編む (いやいやえん)
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集...
舟を編む (タケヤと愉快な仲間達)
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 【解説】 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が....