だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

アナベル 死霊人形の誕生

2017-10-15 00:01:04 | 映画(あ行)

アメリカ
ホラー

    * * * * * * * *

大ヒット・ホラー「死霊館」に登場した実在する呪われた人形“アナベル”を
フィーチャーしたスピンオフ・シリーズの第2弾。
アナベルの知られざる戦慄の誕生秘話を描き出す。
出演はステファニー・シグマン、アンソニー・ラパリア、ミランダ・オットー。
監督は新たに「ライト/オフ」のデヴィッド・F・サンドバーグ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

12年前に最愛の娘を亡くして以来、悲しみから立ち直れずにいる人形師の
サミュエル・マリンズとその妻エスター。
そんなある日、夫婦は孤児院の少女6人とシスター・シャーロットを受け
入れる。
家の中が賑やかになり、元気を取り戻していくエスター。
しかし孤児たちは不気味な現象に遭遇し不安を募らせる。
足の不自由なジャニスは特に敏感で、何者かの気配に怯えるあまり、夫婦の
亡き娘の部屋に忍び込み、図らずも恐るべき力を秘めた人形アナベルの封印
を解いてしまうのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『死霊館』シリーズの呪われた人形の誕生秘話を描いたスピンオフってことで
ちょっと観てみたいなぁってことで、なんばパークスシネマへ。

言いつけは守らないとね。

いかにしてあの呪われた人形が誕生したのかっていう顛末が描かれており、
さらに『死霊館』につながるシーンでラストを迎える展開は、おぉ~なるほど
そうなってるのかって得心。

でも怖かったかというと、ここでドーン!と来るってのが分かりやすいので
怖さは全然無い。

ジャニスに関しては自業自得というか、入るな!って言われた場所に入って
一度懺悔しておいて、再侵入して悪魔に憑りつかれちゃうから、可哀そうとも
何とも思わん。

孤児院の少女の内、アイツとアイツは悪魔が憑りついたジャニスに殺されるん
だろうなぁと思ってたけど、生存しちゃったな。
アメリカ映画だと子供が無残に殺されるシーンは御法度なんだろうな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙戦艦ヤマト2202 愛... | トップ | 劇場版「Fate/stay night [He... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

アナベル 死霊人形の誕生 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 映像が綺麗だから多少の粗も大して気にならない。
『アナベル 死霊人形の誕生』 2017年10月3日 ワーナーブラザース内幸町試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『アナベル 死霊人形の誕生』 を試写会で鑑賞しました。 上映開始時にDolby7.1と出てきてテンションダウン こんな怖い映画はそんな音響で上映する必要ないよね。 【ストーリー】 ......
『アナベル 死霊人形の誕生』('17初鑑賞114・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 10月13日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:15の回を鑑賞。 字幕版。
アナベル 死霊人形の誕生★★★ (パピとママ映画のblog)
ホラーシリーズ『死霊館』に登場する人形アナベルに迫るスピンオフの第2弾。手にした者を怪現象に引きずり込むアナベルの生まれた経緯が明らかになる。メガホンを取るのは『ライ......
ショートレビュー「アナベル 死霊人形の誕生・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
彼女の中にいるのは誰? 実在の心霊研究家、ウォーレン夫妻を描くオカルトホラー、「死霊館」のオープニングに登場した最恐の呪いの人形・アナベルをフィーチャーしたスピンオ......
17-300「アナベル 死霊人形の誕生」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
日記よ、今日私は戻ってきた  12年前に最愛の娘を亡くして以来、悲しみから立ち直れずにいる人形師のサミュエル・マリンズとその妻エスター。  そんなある日、夫婦は孤児院の少......