だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第2章「たましい」

2017-04-17 00:00:52 | 映画(や行)

日本
ファンタジー/アクション/ドラマ/アニメ

    * * * * * * * *

テレビアニメ「結城友奈は勇者である」の2年前を描いたイラストノベル
「鷲尾須美は勇者である」をアニメ化したシリーズ第2弾。
勇者として選ばれた鷲尾須美ら小学6年生の少女3人が、世界を滅ぼそうとする
敵と戦いを繰り広げる。
企画原案・脚本のタカヒロ、総監督の岸誠二、監督の福岡大生らスタッフ陣、
ボイスキャストの三森すずこ、花澤香菜、花守ゆみりらキャスト陣が前作より
続投している。
鷲尾たちの勇敢な戦いぶりが見どころ。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

勇者としての結束を強めた鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀は、小学6年生ながら
重要な役目に向き合い、日々励んでいた。
それと同時に日常を大切に過ごしていた三人だったが、ある日、世界を
滅ぼそうとする敵が出現。
その進化した行動により、彼女たちにピンチが訪れ……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1章を観ちゃって、2章の予告であの方がお亡くなりになりそうな感じで続きが
気になったので、新宿バルト9で鑑賞。

散り様が壮絶だなぁ。

今回の2章は2期の3~4話にあたる部分で、予想通りにあの方が最後に
傷ついた仲間を守る為、愛する家族の日常を守る為に命を燃やして散って
いく様はなかなかに壮絶。

ただ2章の3/4ほどが日常パートというかギャグパートで、彼女達の友情を
育んでいくシーンで、戦闘パートは終盤にやっと出てくる感じで、個人的
には何だかなぁ~って感じ。

3人の絆とか守りたい家族がいるとかいう描写も大事なんだろうけど、
ずっとあのノリの展開を見せられるのはちょっとつらい。

それにしても主人公の鷲尾須美。1章に比べて何だかキャラが違っている
ような。あんな右側に寄っちゃった人でしったっけ。
1年生を教化しようとしたりして、みずぽとかレンホーとか反日売国を糧と
しているあっち側の面々が観たらブチ切れるんじゃないかな。

3章の予告映像からは新しいキャラクターの姿が見えなかったので、新しい
仲間とかは出てこずに、残った2人で戦うことになるのかな?

 

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第1章「ともだち」

 

お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレートウォール | トップ | キングコング:髑髏島の巨神 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-04-21 00:00:21
いたいけな子供を国防に投入しちゃいかんよね。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-04-23 22:02:16
こんばんは。
コメントありがとうございます。

あれ、TVで放送できるんですかね。
放送しちゃうと騒ぎ出す馬鹿が現れてしまいそうですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL