だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門

2017-02-26 00:01:00 | 映画(ら行)

日本
アクション/サスペンス/アニメ

    * * * * * * * *

「ルパン三世」の原点に回帰し、原作の危険なテイストそのままに、若きルパン
たちをハードボイルドに描く「LUPIN THE IIIRD」シリーズの「次元大介の墓標」
に続く第2弾。
石川五ェ門を主人公に、裏切り者の汚名を着せられた五ェ門の壮絶な復讐の行方
と、ルパンとの出会いを描く。
監督は前作に引き続き「REDLINE」の小池健。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

鉄竜会に用心棒として雇われていた若き石川五ェ門。
ある日、伊豆沖を航行中の賭博船で何者かに襲撃された組長を救い出すも、
直後に大爆発が起き、結局組長は命を落としてしまう。
犯人は、かつて戦場で2000人を殺戮し、“バミューダの亡霊”と恐れられる
大男ホーク。
組員から裏切り者と罵られた五ェ門は、自らの汚名をそそぐべくホークを追う。
そんな中、ホークの次なるターゲットとして命を狙われるルパン、次元、
不二子たちだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

第1弾の「次元大介の墓標」が大変良かったので、第2弾の石川五ェ門に
スポットを当てた本作も見たくて新宿バルト9へ。

今回は意味深なワンシーンは無かったな。

本作の公開楽しみにしてたのに、すっかり公開されているのを失念してて
危うく見逃すところだった。

今回はやくざの用心棒をしていた五ェ門が親分を間接的に殺したホークに
勝負を挑むも負けてしまうが、修行をやり直して新たな境地に至って、
ホークにリベンジを挑むという王道パターンで、そこにルパンや次元や
不二子に、銭形警部が絡んでくる内容で大変面白かった。

前作ほどの渋さ、ダンディズムは無かったけれど、それでも銭形警部は
なかなかにシブくてイイ。

今回はラストシーンで意味深なシーンは無かったけれど、もちろん第3弾も
あると思っていいのかな?
次は銭形警部にスポットを当てるのかな?


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイスガイズ! | トップ | クリミナル 2人の記憶を持つ男 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-03-04 00:23:24
ホークって一歩間違えると、クレヨンしんちゃんに出てきそうなキャラすけどね。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-03-04 18:54:00
こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かにあのキャラはクレしんに出てきても違和感ない
感じでしたね。
しんちゃん一家などを執拗に襲撃するも最終的には
しんちゃん達にこっぴどくやられてしまうのがイメージ
できちゃいますね。
これは......... (S.K)
2017-05-04 00:05:51
今回のルパンはエグ過ぎて、若干気分が悪くなりました。

血が吹き飛んだり、斬り落とされた腕が落ちるなどのシーンが続き、ちょっと吐きそうになったり、自分まで斬られてるような気持ちになって体が痛いような錯覚を起こしました

せっかくのルパンなので、今度はもうちょっとコミカルにするべきです
>S.Kさん (はくじ)
2017-05-04 19:55:43
こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに今回は次元の時よりグロさ全開でしたね。
五ェ門メイン回なので、コミカル要素が少なかったかもですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五エ門』をシネマサンシャイン池袋2で観て、スタイリッシュ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲動かざること不動の山・風。 五つ星評価で【★★★センスよなあ】   大傑作の前作『次元大介の墓標』ほどではないが満足できる作品だった。 前作と比べると、もう一つトリ ......
『LUPIN THE IIIRD/血煙の石川五エ門』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
鉄竜会が仕切る賭博船が爆破され、組長が死んだ。犯人はホークというコードネームを持つ殺し屋だが、既に死んだ筈で「バミューダの亡霊」と呼ばれていた。船にはルパン三世、次元......