だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

エル ELLE

2017-08-28 00:01:27 | 映画(あ行)

フランス
サスペンス/ドラマ

    * * * * * * * *

「氷の微笑」「ブラックブック」の鬼才ポール・ヴァーホーヴェン監督が
「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」の原作者フィリップ・ディジャンの同名
サスペンス小説を、主演にイザベル・ユペールを迎えて映画化し、アカデミー
賞主演女優賞ノミネートやゴールデングローブ賞外国語映画賞・主演女優賞
受賞をはじめ数々の映画賞を賑わせた衝撃作。
ある日突然、正体不明の覆面男にレイプされたヒロインが、自らの手で犯人
探しをする予測不能の復讐譚を通して、モラルや常識で捉えることのできない
複雑なヒロイン像が浮かび上がってくるさまをスリリングに描き出す。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

新鋭ゲーム会社で敏腕女社長として辣腕を振るうミシェル。
彼女はある日、ひとり暮らしをしている自宅で覆面をした男に襲われる。
男が去ると、何事もなかったかのように振る舞い、訪ねてきた息子を迎える。
その後、ミシェルの行動を監視していると思われる嫌がらせメールなどから、
レイプ犯が彼女の身近にいると確信するミシェル。
それでも幼いときのトラウマから、決して警察に頼ろうとしない彼女は、
自ら犯人探しを始める。
そんなミシェルの周囲には、犯人になりうる動機を持つ怪しげな人物が何人も
いたのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告映像から、ある女性の復讐物かと思い、これは面白そうだなぁと
大阪ステーションシティシネマへ。

う~ん、これは自分には合わなかったなぁ。

上映早々ミシェルが覆面男にレイプされてるショッキングなシーンから
はじまり一気に引き込まれたものの、その後の展開で犯人を見つけて追い
詰めて行くのかと思いきや、全然違った感じで自分には合わなかった。

ミシェルは過去に大変な事があって、そこからやっと平穏な日常を手に
入れたのに、レイプによってそれを失うわけにはいかないから、何事も
なかったように平然としているのかな、だから犯人がわかっても警察に突き
だしたりせずに追い返したかなと思いつつも、結局よくわかんなかった。

ミシェル意外にも出てくる人物がいろいろとタガが外れていて、ちょっとは
面白かったんだけど、全体的につまらないなぁっていうか自分には難しかった
印象。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関ヶ原 | トップ | ワンダーウーマン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たくさんな映画鑑賞 (もののはじめのiina)
2017-09-15 08:29:13
> これは自分には合わなかったなぁ。
そんな映画も、なかにはあります。たくさん見ていると、仕方ありません。

犯人はゆがんだ性向だし、襲われた方もおかしな性向でした。
こんな体験はしたくないものの相手がたまたま見染めていた相手だったため、眠っていた何かが触発された気もします。

最新記事に列挙された映画では、 「ダンケルク」と「関ケ原」しか見ておりません。

>もののはじめのiinaさん (はくじ)
2017-09-17 14:41:45
こんにちは。
コメントありがとうございます。

予告映像観た時は、もっと積極的に犯人捜しするのかなって
思っていたら、そういう感じの話じゃなかったのも合わなかった
一因かもしれませんね。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エル ELLE (あーうぃ だにぇっと)
エル ELLE@有楽町朝日ホール
エル ELLE (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(00) このヒロイン、少女時代のトラウマから何かしらの精神疾患に
『エル ELLE』 (こねたみっくす)
犯人探しが目的ではない。性欲を満たすことも目的ではない。ただ歪んだ彼女を受け入れることが目的なのだ。 さすがポール・ヴァーホーヴェン監督作品だと称賛する前に、さすがイ......
[映画『エル ELLE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画の日なので、「スキップ・トレース」に続いて、2本目を観るのだ!☆・・・ちまたで評価の高いポール・ヴァーホーベン監督作品! これが観たいから、いちいち、そこでしかや......
エル(ELLE) (映画的・絵画的・音楽的)
 『エル ELLE』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)主演のイザベル・ユペールがこの作品で様々な賞を受けているとのことなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞......
エル (もののはじめblog)
(原題:ELLE, フランス語で「彼女」を意味する) サスペンスとして評判が高いというので、公開初日8月25日に観てきた。 近くの映画館では公開してないため、ららぽーと横浜まで車......
エル ELLE (rambling rose)
独り暮らしの自宅で覆面男に襲われたミシェル。その後、何事もなかったかの様に振る舞う彼女の元に犯人からと思われる不気味なメールが届き・・
「ELLE」 (ここなつ映画レビュー)
イザベル・ユペールが凄い。どう凄いかというと、どうもこうもなく凄い。それでは身も蓋も無いのでこう言おう。強い女…だがしかし常に芯の部分では孤独にしか生きられなかった、......