だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

クライム・スピード

2016-04-29 22:34:32 | 映画(か行)

アメリカ
アクション/サスペンス
DVD観賞

    * * * * * * * *

スティーヴ・マックィーン主演の59年作品「セントルイス銀行強盗」を
下敷きに、舞台を現代に置き換えて描くクライム・アクション。
主演は「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンと「戦場のピアニスト」の
エイドリアン・ブロディ。
監督はアルメニア出身で本作がハリウッド・デビューとなるサリク・アンドレ
アシアン。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

爆弾製造の罪で半年間収監されたことを後悔し、ヨリを戻したエミリーと一緒に
真っ当な人生を歩もうと決意したジェームズ。
そんな彼のもとに、すべての元凶である兄フランキーが、10年の服役を終えて
戻ってきた。
兄との関わりを避けようとするジェームズだったが、仲間だというレイと
シュガーを紹介され、いつの間にか再び犯罪の世界へと引きずり込まれていく。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

エイドリアン・ブロディが写ってるチラシを見て、面白そうだなとレンタルして
観る事に。

一度堕ちると這い上がれない。

過去にしでかした事を後悔し、真っ当に生きようとするも、同じく犯罪者として
収監されていた兄が出所して来たことによって、否応なく犯罪者の道へと引き
込まれていく中、何かかんだあっても兄を見捨てる事はできない弟、最後は
自分を犠牲にしてでも弟を守ろうとする兄の兄弟の情を描いた作品でなかなかに
見応えあった。

一度犯罪者になって堕ちると這い上がれないんだなぁって、この手の作品を
観てるとつくづく思う。
銀行からの融資もおそらく前科者ってことで断られているだろうし、兄の存在
なくても真っ当な一般市民より信頼もなく差別区別されて生きていかざるを
得ないのは、まぁ自業自得で仕方ないよなぁ。

ジェームズの彼女のエミリー役がジョーダナ・ブリュースターなんだが、
駄目だ!彼女を観てしまうと、どうしても『ワイルド・スピード』シリーズの
ミアがちらつく。自分の中では彼女はミアっていうイメージしかないので。
とは言え、あいかわらずスタイルいいなぁ。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

 

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイエナ | トップ | ラストエグザイル -銀翼のフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クライム・スピード ★★ (パピとママ映画のblog)
オスカー俳優エイドリアン・ブロディと『海辺の家』などのヘイデン・クリステンセンが、兄弟役で共演したクライムサスペンス。実話を基に1959年にスティーヴ・マックィーン主演で製作された『セントルイス銀行強盗』をリメイク。ならず者の兄と、過去と決別し真面目に生き...
「クライム・スピード」、銀行強盗の兄弟愛! (ひろの映画日誌)
おすすめ度 ☆☆ クライムサスペンス好き ☆☆☆ R15+  実話ベースの「セントルイス銀行強盗」(スティーブ・マックィーン主演)をリメイクしたクライムサスペンス。 爆弾製造の罪で半年服役し出所した自動車整備工のフランキー。店を持ちたいが、前歴のため銀...