だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命

2017-01-08 00:01:09 | 映画(か行)

日本
アクション/アニメ

    * * * * * * * *

怪物カバネと人類の対決を描いた人気アニメの総集編シリーズ第2弾。
武器を手に、カバネとの最終決戦に挑む少年・生駒たちの姿を追う。
スタッフ陣は、監督の『進撃の巨人』シリーズなどの荒木哲郎、シリーズ構成
と脚本の『コードギアス』シリーズなどの大河内一楼、キャラクター原案の
『トップをねらえ!』シリーズなどの美樹本晴彦らが集結。
繰り返される激闘、その中で展開する生駒と仲間たちのドラマに引き込まれる。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

カバネに襲われ廃駅となった八代駅にて融合群体・黒煙りの襲撃を受けた生駒
達一行は来栖らとの協力で黒煙りを倒し八代駅を後にする。
やがて顕金駅を出てから初めてカバネに襲われていない人が暮らす駅・倭文駅
に到着する。
そこで補給物資を整える一方、生駒達一向は束の間の平安を味わう。
しかしそこに無名が兄様と慕う美馬が率いる狩方衆が乗る駿城・克城が倭文駅
に到着するのであった・・・。

    * * * * * * * *

総集編前編がイイ総集編だったので、後編も楽しみにして公開初日になんば
パークスシネマへ。

生駒に姫様抱っこされる無名が可愛い。

後編は7話から12話までをまとめた内容で、前編同様端折れる所は端折って、
初見さんでも分かりやすいように編集してある印象。

なので逞生が殺害された事に憤慨して鰍が狩方衆相手に啖呵切るシーンとか、
甲鉄城クルーの蜂起の際の侑那と巣刈のやり取りとかがカットされている。

テレビ版だと金剛郭を脱出して、生駒が息を吹き返して、甲鉄城の甲板上で
主要メンバーが集まってるシーンから甲鉄城が遠ざかっていくシーンで
終わりだが、総集編ではその後のシーンが新規カットで少しあるので、
要注意。

無名のいでたちがちょっと変わっていて、生駒から託されたアレをアレに
して、身にまとっているので、テレビ版のラストカットが出たから終わりと
判断して帰らないように。
私が観に行った劇場では、その時点で帰っちゃうお客さんがいたので、あぁ
このシーン観ずに帰ったのはもったいないなぁと、彼らにちょこっと憐憫の
情をおぼえる。

劇場用でも通用する出来の作画なので、総集編とは言え、劇場の大きな
スクリーンで観られたのは良かった。


『甲鉄城のカバネリ 序章』
『甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光』

お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土竜の唄 香港狂騒曲 | トップ | ドント・ブリーズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-01-09 12:14:41
細かい所はTVシリーズの長さにはもちろん敵わないのですが、物凄くスピーディーにでかい画面でいい音響で見れて満足です。
ホロビさんの狂ってくさまが哀しくて超好きです。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-01-09 19:11:26
こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当はヤマト2199みたいにTVシリーズをそのまま
劇場版として上映してくれるのが一番ですが、

やっぱ大きいスクリーンでいい音響で観るのが一番ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命』を新宿ピカデリー10で観て、今回も一...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★★やけくそ気味に後編も星五つでもええやろ】 大画面で展開される殺戮や情感の雨霰に酩酊しまくった。 私はこの物語の主人公・生駒の青臭くて不器用で無......
甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命 (真・天文台)
監督:荒木哲郎 脚本:大河内一楼