だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光

2017-01-03 00:01:28 | 映画(か行)

日本
アクション/アニメ

    * * * * * * * *

2016年に放映された人気アニメの総集編第1弾。
鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持つ怪物カバネと人類が繰り広げる戦いを、
壮大なスケールで活写する。
監督は『進撃の巨人』シリーズなどの荒木哲郎、キャラクター原案は
『マクロス』シリーズなどの美樹本晴彦。
ボイスキャストに畠中祐、千本木彩花、内田真礼、梶裕貴、宮野真守らが
顔をそろえる。
波瀾(はらん)万丈な物語、舞台となる蒸気機関の発達した島国・日ノ本
の世界観に目を見張る。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

産業革命で世界が飛躍的な発展を遂げる中、心臓を鋼鉄の皮膜で覆った怪物
カバネが出現。
心臓を撃ち抜かない限りは死なず、かまれた者もカバネとなって人を襲うこと
から、人類は恐怖と混乱に陥る。
極東の島国・日ノ本では、各地に駅と呼ばれるカバネの襲撃に耐えうるとりでを
設け、そこで人々が生活していた。
その一つである顕金駅に暮らす蒸気鍛冶の少年・生駒は、カバネを倒すことを
夢見てツラヌキ筒という武器の開発に奔走する。
ある日、装甲機関車・駿城と共に無名という少女が顕金駅に現れる。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

TVアニメシリーズは全部観たんだけど、映画館の大きなスクリーンで生駒や
無名らのアクションを堪能したかったのでなんばパークスシネマへ観に行く事に。

コレはイイ総集編。

劇場版といいながら中身は総集編っていうパターンが多々ある中で、最初から
総集編と謳っている本作は、良心ある作品だなぁと感心。

全12話を前編後編にわけていて、前編は1話から6話までをまとめた内容で、
妊婦さんカバネ化のエピソードとか端折れる所は端折って、初見さんでも
分かりやすいように編集してある印象。

それにしても何回観ても顕金駅での無名の戦闘シーンが圧巻。
『甲鉄城のカバネリ 序章』を観た時もここのシーンに圧倒されたけど、
改めて大きなスクリーンで観られてよかった。

『甲鉄城のカバネリ 序章』
『甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命』


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 個人的Best&Worst | トップ | ファンタスティック・ビース... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-01-06 23:00:08
おもろいすよねー。
本当、気が付いたら終わってたって感じでずーっと面白かった。
>ふじき78さん (はくじ)
2017-01-07 00:20:24
こんばんは。
コメントありがとうございます。

前半面白かったですよね。
後半は無名無双のシーンがないので、
個人的にはちょっと物足りないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光 (真・天文台)
監督:荒木哲郎 脚本:大河内一楼
『甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光』を新宿ピカデリー2で観て、一瞬たりとも...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「カバネリ」って「屍入り」かな? 五つ星評価で【★★★★★やけくそ気味に星五つでもええやろ】 TVアニメ放映前にその1話から3話までを「序章」として公開していて、そ......
[映画『甲鉄城のカバネリ(前編:集う光)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・テレビシリーズの再編集版の映画の前編を観に行った。 この作品、『進撃の巨人』がなかったら誕生しなかっただろう作品だ。 『進撃の巨人』アニメスタッフが、その和風......