だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

火花

2017-11-26 00:01:03 | 映画(は行)

日本
ドラマ/青春

    * * * * * * * *

人気お笑い芸人・又吉直樹による芥川賞受賞の一大ベストセラーを菅田将暉と
桐谷健太主演で映画化した青春ドラマ。
お笑いの世界に生きる若者たちが、夢と現実のはざまでもがきながら繰り広げる
熱き人間模様を笑いと涙で綴る。
共演に木村文乃。
監督は原作者・又吉直樹の先輩芸人にして映画監督としても高い評価を受ける
板尾創路。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

お笑いコンビ“スパークス”のボケ担当、徳永。
鳴かず飛ばずの日々を送っていたある日、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人
の神谷と出会う。
その天才肌の型破りな芸風と人間性に惚れ込み弟子入りを志願する徳永。
すると神谷は“俺の伝記を書いてくれ”と突飛な条件を出し、徳永を弟子に
迎える。
こうして2人の奇妙な師弟関係が始まり、徳永は神谷のお笑い哲学に深く心酔
していく。
そんな中、くすぶり続ける神谷とは対照的に、徐々に売れ始めていく徳永
だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

原作未読だけど、Netflix製作のWebドラマは観たことがある状態で、今回の
映画版はそんなに興味なかったんだけど、『MASTER マスター』を
観に行ったついでに鑑賞することに。

木村文乃の変顔が一番の見せ場

ドラマ版は浪岡一喜が神谷で、林遣都が徳永だったんだけど、劇場版は、
桐谷健太が神谷で、菅田将暉が徳永を担当。
徳永のキャラがドラマ版と劇場版では微妙に性格が違ってたな。
原作読んでないので、どっちが原作の徳永に近いのかはわかんないけど、
個人的にはドラマ版の徳永の方がいいな。

まぁ話はドラマ版見てるので、展開わかってるから先がどうなるんだろう
的なワクワクもなく、ラストライブのシーンも特に感動することもなく、
あぁそうですかって感じで観てた。

原作は話題性もあって売れたようだけど、ドラマは視聴率が散々な結果だった
ので、劇場版もそんなに客入んないだろうなぁと思ったら、案の定、半分も
入ってなかった。

ただし木村文乃の変顔が可愛いので、観に行った甲斐は一応あったかな。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MASTER マスター | トップ | ローガン・ラッキー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木村文乃 (kossy)
2017-11-27 21:54:21
変顔よかったです♪笑えなかったけど。
月曜メンズデーだというのに、
観客は俺を含めて2人・・・
ちょっと寂しかったです。
>kossyさん (はくじ)
2017-11-27 22:47:55
こんばんは。
コメントありがとうございます。

こちらは日曜、昼間なのに半分も入ってなかったです。
話自体はそんなに盛り上がりもないので、仕方ないかもですね。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

『火花』 2017年11月18日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『火花』 を試写会で鑑賞しました。 逆は脳みそフル回転だから感動が半減w 【ストーリー】   徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの......
火花 (あーうぃ だにぇっと)
火花@一ツ橋ホール
『火花』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「火花」□監督 板尾創路□脚本 板尾創路、豊田利晃□原作 又吉直樹□キャスト 菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士、三浦誠己■鑑賞日 1......