レス男にご用心!

結婚してみたら実は旦那がレス男だった…。
セックスレスに悩む、28歳主婦(子1人)のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自己愛性人格障害

2009年01月22日 | Weblog
診療内科で
先生に言われた「共感性のないタイプの人」というのが妙に頭に残り
なんとなくネットで調べていて、

思わず「これだっ!」と思ったのが

自己愛性人格障害。


その診断基準です。アメリカ精神医学会 DSM-IV

誇大性(空想または行動における)、賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。
以下のうち5つ(またはそれ以上)で示される。


自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績やオ能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。

限りない成功、権力、才気、美しき、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。

自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。

過剰な賞賛を求める。

特権意識つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。

対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。

共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。

しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。

尊大で傲慢な行勤 または態度。



また、この原因は母親の「過保護」があると。


まさに、旦那さんそのもので驚きました。
旦那の母は、父親不在の中、すべて息子に費やしてきた人。
旦那さんも、「自分の母親は女姉妹で育ったから、男が珍しくて
自分に手をかけてきたんだと思う、そう思わないと自分で納得できなかった」と、付き合い初めに言っていた。
今も、旦那の母は旦那を絶大に信頼している。

そして、旦那さんの人格ですが、
「特別な人」という意識は非常に強く、また「特別な人」にしか自分は理解されない、されるべきと思っている。
進学校に行ってたから周りに東大生が多く、自分も東大くらいいけたとよく言っている。
私の知り合いの電通マンと話す機会があったのですが、
旦那は、「あの人は、俺をライバル視している」というようなことを言っていて
驚いたこともあります。まさに、自分が嫉妬しているのに、自分が嫉妬されていると考えてしまう。
人に批判されても、「どうして分からないのかね~。世の中にはわからないアホがいるんだね」というかんじで
全く省みることを知らず。
新聞も、「記者はこの程度しか書けないのかね」といって、新聞購読もしてくれない。テレビを見ても文句ばかり。
で、自分はさもすごいことを言っている。
機械はわりと苦手なのに、自分は機械屋出身とか言ってるし
その割に使い方が分からないと
「この機会つくったやつ馬鹿だね。甘いよ。ものの本質をみてない」などという
始末。私でもわかるような簡単な操作だったのに。
結婚してから、私に非常に傲慢な態度。
私にはすごい人格を否定するようなことを言うのに、
私が反論すると「わからないやつにはわからない。言っても無駄だから、もういい」と言ってしまう。

普段から「?」な発言は本当にたくさんあった。
そういう人なんだと思ってきた。
かなりプライドが高く、そして傷つきやすい人だと理解してきた。

でもやっぱり、人格障害といってもいいくらいだと思う。
ちょっと社会になじめないタイプ。

ゲームのことについても、
「ただゲームしているようにしか見えない人に説明しても仕方ない」なんて言い訳してんの。
いろいろ考えたりしてるんだって。
自分が何に面白いと感じ、時代が何を求めているのか。さぐってるんだって。
ふ~んって感じ。

そしてね、この自己愛性人格障害
治療は超困難だって。そりゃそうだろうね。
本人がなんとも思っちゃいないから。

周りはたまんないよハッキリ言って。

この人とずっとやっていけますか?
赤ちゃんもこの人のもとで育って幸せですか?

よく自分の気持ちをさぐりたい。

実際離婚したとしても、
「なんで俺を理解できないのかね」くらいにしか思わないのかもしれない。
そう思うと、今の我慢はなんだろうとも思う。

決断するのはとても勇気のいること。
私には女としての弱い部分、未熟な部分がある。
きっと答えはわかっているのに、行動にはまだ移せないような気がしている。

母には、
「今の状況がみじめなんじゃないよ、あんたが決断できないことがみじめなんだよ」
と言われた。
「お母さん昔辛い恋愛をしたとき、そのころはまだ弱くて別れるのに時間を要した。(不倫じゃないよ、念のため)でも、別れてしまったら、それでよかったと本当に思える。そのあと、自分の中でラインをつくるようにした。
ここを超えたら自分は嫌なんだと自分を守ることを覚えた。
弱い気持ちがあるのもよくわかる。でも、そのままじゃいけないよ。
何を恐れてる?何を怖がってるの?よく考えなさい。
そして、妊娠、これだけはするな。今妊娠したら、あんたは不幸になる。
意地でも自分を守れ。」

と言われました。
もう答えはでてる。
こんな人と一緒にいて、幸せになれるわけがない。

情?それとも傷つきたくないから?社会の目?何を気にしてる?
自分でもわからない。
今はとても弱くて弱くて、まだ大人になりきれていない自分。

でも、まっすぐ今の現状から逃げずに向き合って戦いたい。
幸せになれるように努力したい。

地に足をつけて自分の足できっちり立つんだ。
自分のためにも、赤ちゃんが不安にならないようにするためにも。

セックスレス解消のために開設したブログだったけど、
いつの間にか「離婚」に向けたブログになってしまうのかも・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診療内科 | トップ | これからの敵は「情」? »

あわせて読む