goo

murray perahia in recital




娘の試験明けの週末、遊びすぎで疲れてしまい、発疹がでた(笑)。

一番楽しみにしていたのはマレイ・ペライヤのリサイタルで、演目は


J S Bach French Suite No 6 in E major, BWV 817

Schubert 4 Impromptus Op 142, D 935

Mozart Rondo in A minor, K 511

Beethoven Sonata No 32 in C minor, Op 111


選曲にもバランスが取れていて、とにかく毎度のことながらす・ば・ら・し・かったあー。

彼の魅力は、万人に対してものすごくオープンでウェルカムであるのにもかかわらず、決して大衆的でない(その反対だ)点。
それから楽譜に率直に忠実であり、しかも「ペライヤでこそ」という生身が重なるところだと思う。

技術面に走り過ぎると機械的になり、感情面に走り過ぎるとクサくなるとはよく言われるが、彼はそのバランスの取り方がすばらしい。


どの演奏もこの上なく良かったが(モーツアルトのロンドをあんなに美しいと思ったのは初めてだ。ロンドは生で聴くものなのだ!)、シューベルト(わたしはシューベルトがあまり好きではない)さえも美しく、最後のベートーベンでは「これが永遠に終わらなければいいのに!」と願ったほどだった。何ですか、いったいこれは。これは音楽なのか、何か体験したことのない他のものなのか?!


もう一回聴きたいなあ!!
アンコールはなかった...舞台を去る彼の後をついて行きたかったです、ほんとに。



(写真は開演前のバービカン・ホール中庭。日が長くなり、公演後の9時半もまだ外は明るかった。わたしはこの中庭が好き)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 真珠のネック... 試験明けの開... »