goo

kalita, loup charmant...








わたしのパスポートはどうやら8月か9月まで返却されそうになく、
わが家の2017年カレンダーの夏の旅行の予定はわざとらしく消されていて


それでもやっぱり今年もバケーションの服が気になる。
服飾に関してはそればかり考えているほど。

サンドレス、帽子、サンダル、サングラス、水着、
植物繊維のかばん、カラフルなジュエリー...
朝用、プールサイド用、観光用、ディナー用...


毎年あれこれ書いているが、今年のドレスは

NYのLoup Charmant
ロンドンのKalita


Loup Charmantは
Bonpointの子供服をそのまま大きくしたようなサンドレスが揃っていて
懐かしい美しさにぐっとくる。

Kalita、去年一目惚れ。しかしサイズがなく秋になってから購入。
今季のコレクションはさらにバージョンアップしていて、ほんとうに素敵だ。
乾いた黒や、海の泡のような色のサンドレス、いつになったら着られるだろうか。


欧州に住んでいてよかったと思うことの一つは、こういう服を着ていても誰も
「年甲斐もなく」とか「いい年をして」などと野暮を言わないところ。

むしろ枯れた細い体でこういう服を真夏の夕暮れに優雅に着こなしたい。
正しい姿勢のために、なにはさておき背筋が必要。


ああ、地中海に行きたいなあ。
この5月の英国は寒いんですよ...毎日13度、14度ですよ...


(写真はkalita.co.ukから前に保存したもの。現在サイトは工事中です)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ベルギーの報道 zazzy »