goo

dr vranjes rosso nobile








一気飲みしてしまいそうな香り。


引越し先に荷物の搬入が終わり、馴染み深いものが定位置に片付き始めても
なにかよそよそしく感じるのは「家の匂い」が違うからだと思う。

玄関やリビングにルーム・キャンドルを炊き
寝室にルーム・フレグランスを置くと
一気に自分の家になるような気がする。


ロッソ・ノビーレはハイティーンになった娘の寝室用。
甘いにもかかわらず、ものすごくすっきりしていて
研究されてるよなあ、と感心させられる。

赤ん坊の時から使っているDyptiqueの干し草の香りは
音楽室に移動させた。

わたしの寝室はAstier de Villatteの「神戸」。もちろん。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 引越し準備で... mast brothers... »