goo

polunin project




セルゲイといえば、ラフマニノフかプロコフィエフか、ディアギレフかポルーニンか。


サドラーズでセルゲイ・ポルーニンの「ポルーニン・プロジェクト」を鑑賞した。

英国プレミアのVladimir Vasiliev’s Icarus「イカロス」

ソビエト時代の作品 Tea or Coffee「ティーorコーヒー」choreographed by Andrey Kaydanovskiy

世界プレミアのNarcissus and Echo「ナルキッソスとエコー」co-created by Polunin

(見よ、この麗しさ。写真は彼自身のTwitterより)


セルゲイ・ポルーニンはウクライナ生まれ、今年27歳の「今世紀もっとも優れた」バレエダンサーの一人だ。
19歳の時に史上最年少で英国ロイヤル・バレエのプリンシパルになり、キャリア上昇期の2年後、啖呵を切ってロイヤル・バレエを去ったというエピソードの持ち主。


彼のドキュメンタリー映画、The Dancerは一見の価値がある。
ポルーニンはウクライナの貧しい家庭に生まれた。バレエの才能に恵まれ、バレエの授業料を賄うために父親と祖母が外国へ出稼ぎに行き、その後両親は離婚、家族離散。一方で彼は英国ロイヤル・バレエ・スクールに入学し、史上最年少のプリンシパルになるのである。


ポルーニンがロイヤル・バレエを去ったのは、エスタブリッシュメントが求めることと彼の目指す方向に齟齬があったからだと言われている。本人はインタビューでクラシック・バレエを憎んでいるとまで言っている。

当時の彼は例えばキラキラした王子様役に飽き飽きしていたのだろうし、あふるる才能とカリスマをもってバレエを時代に即したヒップでクールなものに変えようという野望を抱いていたようだった。

しかし...


わたしの下世話な想像に過ぎないが、貧しい家族の全期待を背負い、まるで自分のせいで家族が崩壊したような結果になったと聞けば、その輝く肖像の陰にどす黒さを抱えている人かもしれない、と想像するのは難くない。

バレエを続けてきたのは、バレエ芸術への愛というモーティベーション以外に、やめるにやめられない才能、周囲の大きすぎる期待、社会に対する不満、エスタブリッシュメントへの反感、見返してやるという気持ちや、もっと俗物的な成功への乾きもあったのかもしれない。

彼のバレエへの愛憎というのは相当なのではないか。
そりゃバレエを憎んでいるだろうて。

バレエを別の次元のアートにトランスフォームしたい、バレエを超えたことをやりたい、などと渇望しつつ、しかし幼い頃からバレエしかやったことがない、というもどかしさ。



ポルーニンの「プロジェクト」は、いちバレエファンとしてはいたたまれないものだった。
ひとことでいうと才能の持ち腐れ、浪費。

彼が今世紀の最高に優れたダンサーのひとりで、姿形も美しく野心もあり、反抗的ポーズすらも魅力的...というのは喜んで認めるし、これからも彼がロンドンで踊ると聞けば飛んでいくと思う。
が、彼は、新しいバレエ、バレエを超えた新しいアートを創造し、プロデュースする才能にも恵まれているだろうか?
まだまだ若いから今後を期待はできるが。


第一に、わたしから見てもセンスが古くさすぎた。
45分間の一幕もののバレエ「ナルキッソスとエコー」のセンスは、場末のコスプレ・バアのショウのようだった。
彼がバレエを憎むあまり、それを場末のショウに引き摺り下ろしたいと考えているのならば話は別だが、わたしが受けとったところでは彼は大真面目だった。大真面目に「ナルキッソス」(自分に陶酔している美青年!)を演っていた。

ひとり、彼の実生活上のパートナーであるナタリア・オシポヴァ(ボリショイバレエを経て、現在ロイヤルバレエのプリンシパル)が、彼の作品を盛り上げようとしているのがいじらしかった。そのいじらしさはエコーのいじらしさそのもので、彼女にさらにパワーを与え、さらに輝かせていた。


ただ、この舞台の前に、ナショナル・ギャラリーで開催中の「ミケランジャロとセバスティアーノ」展を鑑賞したばかりで、ミケランジャロが目指し、大理石から切り出した「心身ともに完璧なキリスト像」の美しさが彼の身体に重なり、そこは勝手に感動させてもらった。

さらに冒頭の「イカロス」で、スクリーンに太陽神ヘリオス(のちにアポロンと習合)の父権主義的な顔が大映しされたため、ヘリオスとキリスト教の神のイメージがリンクし、ポルーニン演ずるイカロスが、贖罪するキリストに見えましたね。

って、わたしのセンスも相当古いか(笑)。


「若さと美しさを兼ね備えていたナルキッソスは、ある時アプロディーテーの贈り物を侮辱する。アプロディーテーは怒り、ナルキッソスを愛される相手に所有させることを拒むようにする」(ウィキペディアより)

美の女神アフロディテがナルキッソス:ポルーニンへ贈ったのは「バレエの才能」だったのかもしれない。


うまくまとめたつもり(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 春も夕暮れ london calling »