呉かみしばいのつどい ~紙芝居はワクワクどきどき~

子ども達と心を通わせ、共感の感性を育む

日本独自の文化、紙芝居


紙芝居の輪が広がりますように~

つくし文庫ジオジオはの絵本会

2017年07月23日 22時54分30秒 | 絵本
呉市焼山泉ヶ丘の自治会館で、絵本会を開いています。
毎月1回 第4土曜の10:00〜11:00まで

「つくし文庫ジオジオ」は2006年12月のクリスマスにスタートしました。
2歳から来ていた女の子が、4月に中学生となり巣立ちました。
お腹にいた妹は、5年生。今は、1人で来ています。
地域のこどもたちの成長を見守る楽しみがある絵本会。
あっ、おばちゃんたちも10歳成長したんだね〜

自治会館の中に本棚があるので、文庫活動もしています。
以前ブログに書いた中に、本棚が写っています。こちらから
絵本会は畳の部屋に座布団をひいて、公園側に縁側がある昔のお家に遊びにきたような感じです。


6月のプログラムをお伝えします。

手遊び歌
雨だ雨だ カエルが鳴くからケロケロケロ


語り『あまがえるさん、なぜなくの?』


絵本『しずく』ちいさなかがくのとも
越智典子 ぶん  野口満一月 え  (福音館書店)





絵本『それほんと?』から「か」のところを朗読
松岡享子 ぶん 長新太 え (福音館書店)




絵本『わたり鳥』
鈴木まもる/作・絵


絵本の紹介『つばめの旅』鈴木まもる/作・絵



愛蔵版おはなしのろうそく1『エパミナンダス』から なぞなぞ3つ




紙芝居『うめぼしさん』脚本 神沢利子 絵 ましま せつこ (童心社)





紙芝居『こわがりつばめのピッピ』脚本 こいずみゆうこ 画 福田岩男 (童心社)


ピッピがお母さんのために、勇気だして飛び立つ場面で、男の子の手が・・・あら?
ん?あっ!!手をパタパタ動かして飛びはじめました。
とっても激しく羽ばたいています。

この子は4歳でお兄ちゃん。
緑の服を着た弟、1歳の赤ちゃんも紙芝居に夢中です。

この紙芝居には、こどもの心のなかにある、勇気と優しさを引き出す力があることを目の当たりにしました。
こんな紙芝居があるんですね。

幼稚園の年中さんのクラスでは、同じ場面で
「頑張れ〜頑張れ〜」とこどもたちが口々に応援しはじめたそうです。
すごいですね〜

小学校では先生が感動されて、紙芝居の絵を廊下に張り出されました。



はい、126回目の絵本会は、この季節のブックトークのようなプログラムになりました。



楽しかったね〜最後までありがとう
またね、またね、また来てね〜





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紙芝居『ふうちゃんのそら』... | トップ | 広報誌くれにょんに呉の作家 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

絵本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。