広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キリマンジャロ登山(3日目)

2012年12月17日 | タンザニア
森林限界という言葉があります。

森林限界(しんりんげんかい、forest limit、forest line、tree line)とは、高木が生育できなくなる限界高度のことを指す。亜高山帯から高山帯に変わる地点でもある。日本の森林限界より手前(亜高山帯)における植生は、主にモミ属・トウヒ属・コメツガなどの常緑針葉樹林だが、森林限界の境界線付近では落葉広葉樹のダケカンバの比率が高くなる場合が多い。森林限界より奥(高山帯)では、ハイマツなどの小低木が多い。高木の先端部がそれ以上伸びることができなくなる高度を高木限界と呼ぶ。
                                  <出典:ウィキペディア

日本は、北緯36度前後に位置するため、富士山5合目(2300M)ではすでに高木はなく、低木も6合目を過ぎたころからなくなり、代わりに永遠と続く石ごろごろ道に変わったような気がするけど忘れた!?

一方ここは赤道直下。3000Mまでは高木が、それを過ぎても低木とジャイアント・セネシオが生い茂る。そのおかげか空気が濃い!!(←そんなわけないんやけど)富士山5合目でガチの鬼ごっこをした時は、50Mダッシュで死ねると思ったものだ。

富士山5合目からの夕日↓



さてさて、富士山よか高い標高で一夜を明かしたわけですが、高山病の気配ゼロ。体質?にもより、症状の程度・発症する高度等は十人十色と言われる高山病。「なんだ、余裕じゃん!」なんて思ってみたものの、やはり大いなる自然の力を前にして人(私)があらがうすべはありませんでした。


シラ・キャンプからの朝焼け↓早寝早起き。超健康的。


写真に写ってる山はメルー山。アフリカ大陸第三の山(だったような気がする。)。富士山型でなじみがある。少なくともキリマンジャロよか私は好き。「今度はあっちに登るぞ!」とサカ(ガイド)。いやいや、そうほいほいタンザニアに来れへんから!


たびたび話に登場するガイドのサカ。自称30歳。
キリマンジャロ初登山(登頂ではありません)は2006年。

ここで、ガイドやポーターについてちょっと。キリマンジャロに登る際、一般的にガイド・ポーター・コック(兼ポーター)と登山客でパーティーを組みます。今回は私1人に対し、ガイド1人、コック1人、ポーター2でした(多くのツアー会社はポーターを3人つけます)。登山客が5人とかのグループであればサブガイドがつきます。また、欧米のお金持ち?は、簡易トイレや食事用テント、更にお金持ちになると?酸素ボンベや救急スタッフ同伴で登山するらしいので(そこまでして登らなあかん?)予算によりけりです。

ガイドになるためには、ポーターから初めて、コック、サブガイドを経験する必要がありまた、すべてのルートを知る必要があります(←誰がどう管理してるんやろ?)。

通常、ポーター及びコックは登山客には同伴せず、先にキャンプ地に行き、テントなり、食事の用意なりをするため、あまり接点がありません。私の場合は特に、キャンプ地に着いたころには雨が降っており、外に出るのも難しく、食事を運んでくれたポーター(兼ウェイター)のおっちゃんとガイド以外はほとんど知らずじまいでした。ちなみに、ガイド(とサブガイド)以外は登頂しない模様。



ふぅ、ようやく出発。

今日は高度順応日。一旦4600Mまで登って3900Mに降りてきます。


やっぱり途中から天候が…。目に見てわかるくらい雲(地上で言う霧)が迫ってきて覆われた。


晴れていれば目の前に現れたはずの「ラバータワー(溶岩の塔)」↓(本日の折り返し地点4637M地点)。


この植物の恩恵を受けられる唯一の鳥。長いくちばしで蜜を吸う。なんやっけ名前?


標高4000Mに生息するねずみ。



キャンプ地についてしばらくすると晴れ間がのぞいた。

初めて間近に見るキリマンジャロの頂上付近。ホンマのてっぺんは奥側らしい。


南米に行く機会があればついでに見てみたいと思ってたギアナ高地はこんな感じ!?↓


ジャイアント・セネシオ畑。


冒頭に書いた森林限界にもちょっと関係しますが、通常は標高が高くなればなるほど、草木の背丈は小さくなります。が、しかし!!!このジャイアント・セネシオは8m程度まで成長します。また、この植物は20年ほどの寿命の中で数回だけ花を咲かせるそうです。そして開花時期は9月前後。今は12月。ち~ん。ひねくれものいないかなぁ。いませんでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリマンジャロ登山(2日目)

2012年12月16日 | タンザニア
「フトイ…」
と、サカ(ガイド)。

「何が?」
と、言いつつ顔を上げると、ちょっと先には太っちょのおばちゃんが…。

「こら、サカっ!!」
と言いつつも、人目はばからず大爆笑。
ホンマに誰でも登れる最高峰の山なんやと、勝手に納得!!

「大根足」という単語を教えてあげました。
大根を知らないらしいので、どの程度理解したかわからないけど。


今日は3時間くらいかなぁ。


「森」を抜け、「低木地」に突入。


上の写真に写ってるおっちゃんはポーターさん(荷物持ち)です。
登山客には「ポレポレ(ゆっくりゆっくり)」と声をかける一方で、自分らは
平地を歩くかのように山道を登っていく。それも、十数キロの荷物を担いで。
頭が上がりません(ポーターさんの話は次の日記で)。



ちょこちょこジャイアント・セネシオをめにするようになってきたけどまだまだ。


今日は、シラ・キャンプ(3837M)で野営。すでに日本の最高峰、富士山の標高を越えてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリマンジャロ登山(1日目)

2012年12月15日 | タンザニア
「ポレポレ」

キリマンジャロ登山では避けて通れない言葉。
1日に少なくとも数十回は聞く言葉。

「ゆっくりゆっくり」


日本語がしゃべれる面白い日本語をしゃべるガイドのサカ。
ネットでキリマンジャロのことをいろいろ調べてたらたどりついたガイド。
6日間を通して笑いに事欠かなかった。



午前11時半登山開始。ものすげ~中途半端な時間。
登山って言うと、朝早く動き出して昼過ぎには落ち着くイメージやってんけど…、
あれ?

私が選んだルートはマチャメルート。7つ?あるルートのうちの一つ
(ホンマはレモショルートから登頂するはずやってんけど諸事情により変更)。
マチャメルートのスタート地点はマチャメゲート(2000M)で、すでに
6つの区分のうちの2つ目、「森」。富士山やってスタート地点の5合目は
2300Mやし、まぁこんなもんか。シャー!!!



3時間半後…

何事もなく1日目のキャンプ地マチャメキャンプ(3033M)到着。どうやら
ポーター(荷物持ち)のおっちゃんらよか早く着いたみたいで待ちぼうけ。



寒い!!!

12月中旬と言えば雨季の終わり。この日は(ってか6日間ずっとやったけど)
お昼を過ぎたくらいから雨雲が…。道中は雨が降ったりやんだり。
森の中だったので気にせずに歩いてきたけど、足を止めたせいで
汗が冷えてきた。ここは3000M。自分の荷物はと言えば水と昼飯、
かっぱくらいであとは全部ポーターさんに預けてまった。

着替え…。

ポーターはよこいや~!!!


夕方6時、夕食。

まずスープが出てきた。これが噂のキュウリ入り味噌汁か!!
ほ~ほ~、なかなかうまいやん。

私がサカ(ガイド)にインスタント味噌汁をあげてしまったせいで、
あるいは、サカの辞書から失われてしまったかもしれない
「キュウリの味噌汁」という言葉。サカは、「スープ」は日本語で
「味噌汁」だと思っていたらしい。
とあるブログで「キュウリの味噌汁」を知っていたため驚くというよりは
「やっぱり言った~!」と、一人で大爆笑。

次に、パンとサラダ。そしてメインディッシュの肉。

おい。ちょっと待て!!
食糧が限られた山の中で、普段の夕食(一品)より豪華なものが出るって
どういうことや!!ちょっと、コートジ帰ったら食事を見直さなあかんかなぁ…。


待ちに待った夜。なぜかというと…↓。


準備が足りず、経験も足りず(、後の話で天候にも恵まれず)、
うまく撮れた写真はこれ1枚だけ。期待していた宇宙は見れなかったけど、
確かに、満点の星空がそこにはあった。フランス以来や。

レンズが曇っていたため取り直そうと思ったのですが、標高が高く空気が薄いため
ホッカイロが使えず、「明日でいいや」と思ったのが運の尽きでした。

明日は8時出発。2日目で富士山越えの3900M。今のところ
高山病の気配なし。


おまけの三日月↓

普通の三日月の日のはずなのに、なぜか日食とも月食ともいえない月やった。
なんなんやろ、これ?


ちなみに、キリマンジャロ登山(1日目)の最後の、「ありえない大きさ」は
写真に収まりきらなかったため断念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリマンジャロ登山(プロローグ)

2012年12月14日 | タンザニア
後輩:「俺、キリマンジャロ登ってん!!」
私: 「はっ!?(ナニヲイッテイルンダ、コイツハ!?)」


あれから2年弱。


私: 「俺、キリマンジャロ登ってくるわ!」
友達1:「マジで!」
友達2:「はっ!?」
友達3:「…」

と、まぁ、あの時の私の反応は間違いではなかったと、今だからこそ思う。


<キリマンジャロ>
キリマンジャロ(スワヒリ語: Kilimanjaro) はタンザニア北東部にある山で、
標高5,895m。アフリカ大陸の最高峰。山域がキリマンジャロ国立公園に
指定されている。山脈に属さない独立峰としては世界一の高さを誇る。
                                 <出典:Wikipedia

キリマンジャロ。いつかのクイズ番組で、キリマ・ンジャロだと知り
へ~、と思った記憶がある。
ウィキにも書かれている通り「輝く山」を意味すると一般的には
言われているものの、私のガイド、サカ氏いわくスワヒリ語で
「氷の山」を意味するとか何とか。
赤道直下に位置するにもかかわらず頂上付近には氷河を抱くことから
ありえなくもないだろう。

そうそう、『不都合の真実』には、地球温暖化に警鐘を鳴らす資料として
キリマンジャロの氷河の衰退の様子が写真で掲載されている。ただ、
最近では?温暖化の影響よりも、(アホな私は理解できなかったが)
昇華現象によるものであるという説がより有力である。いずれにせよ、
あと数十年でキリマンジャロから氷河が消滅すると言われている。


さてさて、標高5895Mのキリマンジャロ。全体図はこんな感じ↓。


耕作地、森、低木地、荒れ地、高山砂漠、頂上と6つに区分されている↓。



上空(飛行機の中)から、どんな姿を見せてくれるのだろうと楽しみに
していたのだけれど、結局行きの飛行機では見れなかった。
まぁ、2,3時間後にありえない大きさを目の当たりにするのだけれど…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エイズ:間もなく最新の治療薬が最貧困層へ

2011年07月14日 | フランス語

Sida : les médicaments les plus récents bientôt accessibles aux plus pauvres
エイズ:間もなく最新の治療薬が最貧困層へ

Par RFI
RFIより

C'est une avancée incontestable pour la lutte contre le sida dans les pays pauvres.
エイズが課題となっている貧困国にとって朗報である。
Un laboratoire pharmaceutique américain, Gilead, vient en effet de donner son accord pour la fabrication de médicaments génériques, des copies des antirétroviraux qu'il commercialise déjà, ce qui devrait faire baisser leur prix.
アメリカの製薬研究所ジリード社は、終にジェネリック薬の製造を承認した。ジェネリック薬とは、すでに市場に出回っているアンチレトロウイルスのコピーであり、これにより、安価な薬の供給が可能となる。
Selon les chiffres de l'ONU, plus de 33 millions de personnes sont atteintes du virus du sida à travers le monde.
国連の統計では、世界中で3300万人以上がエイズウィルスに犯されている。

Cet accord est le premier du genre et il pourrait être une solution à l’épineuse question des brevets.
この承認は初めてなされ、特許という複雑な問題に一石を投じることになるだろう。
Le laboratoire Gilead, l’un des principaux fabricants d’antirétroviraux dans le monde, accepte que les producteurs de génériques copient ses médicaments les plus récents, toujours protégés par des brevets.
多くのアンチレトロウイルス薬を取り扱うジリード社は、ジェネリック製造業者が特許で保護された同社の最新薬のコピーすることをを認めた。
Deux sont déjà commercialisés dans les pays du Nord, les deux autres sont en phase finale de développement.
2種類の薬は北半球の国々ですでに販売されており、もう2種類は販売まであと一歩の段階にある。
Les génériqueurs pourront aussi produire une combinaison de ces produits en un seul comprimé.
ジェネリック薬を取り扱う人はこれらの製品を一つの薬として調合することも可能である。
A cela deux conditions : ces génériques ne seront vendus que dans les pays les plus pauvres, et le laboratoire touchera de 3 à 5 % de royalties, sauf sur les formes pédiatriques qui seront exemptes de droits.
それには、2つの条件がある。一つは、それらのジェネリック薬が、最貧国のみで販売されること。もうひとつは、特許料を免除された特定の小児科を除き、3~5%の特許料を支払うこと。

Convaincre les autres laboratoires
他社を説得する


L’accord de licence a été signé avec le Medicines Patent Pool, une communauté de brevets médicaux créée en 2010 par l’organisation internationale Unitaid*, dont le but est de favoriser l’accès aux médicaments contre le sida, la tuberculose et le paludisme.
ライセンス使用の調印は医薬品特許プールに対して行われた。医薬品特許プールとは、ユニットエイドにより2010年に設立された医薬品特許コミュニティーで、目的はエイズや結核、マラリアに対する医薬品へのアクセスを促進することにある。

Les copies d’antirétroviraux devraient être produites en Inde à des coûts faibles et la concurrence entre fabricants devrait faire encore baisser les prix.
アンチレトロウイルス薬の模造品はインドで格安で生産されており、他社との競合により更なる価格の低下が見込まれる。
Les malades des pays pauvres pourront ainsi avoir accès à certains médicaments de dernière génération, mais pas encore à tous.
このように、貧困国の患者も最新の治療薬を得ることが期待されているが、その使用はまだ一部の人々に限られている。
Il faut pour cela encore convaincre les autres laboratoires de s’engager dans cette démarche.
そのため、他の製薬会社にもジェネリック薬製造を承認してもらう必要がある。

引用:http://www.rfi.fr/science/20110713-sida-medicaments-plus-recents-bientot-accessibles-plus-pauvres

≪単語≫
incontestable 議論の余地のない、明白な
epineux    とげのある、困難な
brevet    特許、資格証明
royalties  特許使用料、ロイヤリティー
exempt    免除された
tuberculose  結核
démarche   歩み、足取り、過程
コメント
この記事をはてなブックマークに追加