ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!

熟年オジサンの映画・観劇・読書の感想です。タイトルは『イヴの総て』のミュージカル化『アプローズ』の中の挿入歌です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

硫黄島からの手紙

2006-12-31 | 映画
2部作の第1弾『父親たちの星条旗』では戦争を推進する側の欺瞞が暴かれたが、本作では日本軍の視点で、戦争が個を蹂躙する不条理なものだと訴えている。
それを証明するのが、元パン屋の二等兵(二宮和也)である。お国のために死ぬなんて真っ平、妻子のために生きて帰るんだという、個の思いがギリギリのところで圧殺されず、彼の視点が生きているのが、この映画の素晴らしさである。
もう一人の二等兵、加瀬亮が演じた元憲兵隊員の本土でのエピソードもポイントになっていて厚みが増している。
栗林中将(渡辺謙)やバロン西(伊原剛志)など、アメリカナイズされた優しくて格好良すぎる上官や、本来のステレオタイプの悪役的中尉(中村獅童)よりも、この2人の兵隊さんの造型と、二宮和也と加瀬亮の演技面での頑張りが、本作の成功要因の要になっている。

バロン西と負傷米兵のエピソードで、「母親からの手紙」によって、鬼畜米英の垣根を簡単にクリアしてしまうのは感傷に過ぎるが、戦うことの動機付けに兵士達が懐疑的になる効果的な場面である。
さらに、投降日本兵に対する米兵の信じられない行為も衝撃的である。イーストウッドはここでも、戦争が個の兵隊の理性を狂わせる実態を見せ付けて、敵味方なく双方とも非人間的になるのが戦争だと言っている。
非人間の大元、大本営にとっての硫黄島の位置付けには、憤りを感じてしまう。本土決戦への時間稼ぎの防波堤として、硫黄島の徹底抗戦から見えてくる、あの戦争とは何だったのか? そこまでの検証には至らないが、「戦争なんてもうたくさんだ」という兵隊さんの声はしっかりと発せられている。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラガール | トップ | スウィート・チャリティ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
力作でしたね。 (ヌートリアE)
2006-12-22 20:42:43
こんばんは。
僕も、捕虜となった加瀬亮ら日本人がただ面倒だという理由で殺されたシーンは圧倒的でした。
彼が特高でヒューマニズムに悩んだ男だったからこそ戦争とは何か、をまさに言い表していましたね。
この映画は今年の僕のベストテン上位に入ると思います。
横路で、先日いつもの演劇仲間と恒例の忘年会演劇鑑賞会を開きました。いつも12月しか会えない4人です。今年は国立小劇場で岡田利規の「エンジョイ」です。岡田は2004年発表の「三月の五日間」で岸田国士賞を受賞した人だそうです。
現代社会のハザマに生きるフリーターたちの独白めいた、若者用語のオンパレード、饒舌、意味があるのかないのかはっきりしないセリフの長回しなど、一瞬退屈の見える演劇がそのうち光って見えてくるから対したものです。
観念的映画ともいえるし、とにかく既存の演劇ではないことは確かでしたね。
観客も、30代、40代が多く、けれど、終わったあとの拍手は困惑していた人が多かったのか、少なめでしたでしょうか、、。
ぼくは面白かったですけれど、。
久々の演劇は本当に新鮮なものでした。
これで後もう一週間で2006年も終わり。
いつもの独り言ですが、早いです。
今年は仕事も忙しくかなり悩みましたから一層そう思いますね。
それでは、また。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
硫黄島からの手紙 (ネタバレ映画館)
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
硫黄島からの手紙(2006) LETTERS FROM IWO JIMA 141分 (極私的映画論+α)
 日本唯一のオリンピック馬術でのメダリスト・・・しかも金メダリスト「バロン西」こと西竹一中佐も硫黄島で・・・
硫黄島からの手紙 (映画のメモ帳+α)
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・ ...
『硫黄島からの手紙』 (Sweet* Days)
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は ...
「硫黄島からの手紙」:麻布台バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}麻布台にあるアメリカンクラブって何の施設だ? {/hiyo_en2/}Welcome to Tokyo American Club. Learn about Japanese culture, make new friends, get fit and spend time with your family all at one place. {/kaeru_en4/}おいおい、日本語でやっ ...
感想/硫黄島からの手紙(試写) (APRIL FOOLS)
イーストウッド監督作、衝撃の二部作後編『硫黄島からの手紙』12月9日公開。日本側の視点で描かれた硫黄島は、熾烈極まる戦いとそこで散っていった兵士たちの物語。あらゆる意味で歴史的作品。 父親たちの星条旗|硫黄島からの手紙 同じ舞台で、日米どっちの視 ...
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
『硫黄島からの手紙』 (ラムの大通り)
(原題:Letters from Iwo Jima) ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----「硫黄島」2部作「第2弾」。 クリント・イーストウッドが日本人俳優を使って描く戦争映画。 敵国の軍隊を描くな ...
硫黄島からの手紙 (悠雅的生活)
余は常に諸氏の先頭にある。
映画「硫黄島からの手紙」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最 ...
硫黄島からの手紙 (eclipse的な独り言)
 この映画・・・なんて受け取ればよいのでしょうか?イーストウッドがとる必要があ
★「硫黄島からの手紙」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
『硫黄島からの手紙』in箕面 (☆えみたんの日記帳☆)
昨日は本当久しぶりに映画観て来たぁぁ~~鍊 涙そうそう以来観てないから・・・相当間があいてるぅ~~嶺 本当ならもっと映画観に行きたいんだけど、なぁ~んかなかなか時間がなくて行けてなぃんだぁ~(涙) んで、今回はあの『硫黄島からの手 ...
硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA (銅版画制作の日々)
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しか ...
ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
硫黄島からの手紙・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「父親たちの星条旗」 に続く、「硫黄島二部作」の第二弾。 太平洋の小さな孤島を巡る戦いを、アメリカ側の視点、日本側の視点でそれぞれ一本づつの映画にするという、クリント・イーストウッド監督の壮大な実験映画だ。 第一部
真・映画日記『硫黄島からの手紙』 (CHEAP THRILL)
12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段に列が出来てるではないか? さすがは人気作。 なんとか中通路の席が取れ ...
硫黄島からの手紙 Letters From IWO Jima (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志主演 2005年、硫黄島発掘調査団は洞窟の中から多くの手紙を見つける その中には 60年前に硫黄島を連合軍から死守しようする 日本軍の兵士達が本土の家族に託した 届けられる事のない手紙でした 1944年 栗林陸軍中将が硫黄島 ...
映画「硫黄島からの手紙」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将 ...
硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り ...
硫黄島からの手紙 (It's a Wonderful Life)
「父親達の星条旗」の感想で、「敵=日本」というのを 意識しないような作り方に驚いたと書きましたが、 やはりアメリカ人兵士は物語にほとんど登場せず、 あくまでも日本兵たちの描写に終始する作品。 もし何も知らずにたまたまこの映画を観た方がいたら ...
硫黄島からの手紙(映画館) (ひるめし。)
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。
硫黄島からの手紙 / アメリカの目線 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性
日本は硫黄島で2度負けた~「硫黄島からの手紙」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、と ...
「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
【劇場映画】 硫黄島からの手紙 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地 ...
映画レビュー#46「父親たちの星条旗」&「硫黄島からの手紙」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006、アメリカ、日本) 監督:クリント・イーストウッド(許されざる者、ミスティック・リバー) 脚本:ポール・ハギス(ミリオンダラー・ベイビー、クラッシュ)ウィリアム・ブロイレス・JR(ジャーヘッド)、アイ...