BRIX Ⅱ in つくば (The Hardy-style Scientific Bids at Tsukuba)

ハーディ式の“つくばSci”(サイエンティフィック)を軸に,『ブリッジソサエティ掲示板』同様他システムも取り上げる.

WA楽園用サプリメント作成日記 二  ソロウェイ・ジャンプシフト(続)

2017年05月03日 | Weblog

mythical goddess tarot:  

ブリジッド     XIV 錬金術師

 

〔口絵の言葉〕 この絵は、怪しげなサプリを作っている雰囲気で選びましたが、正統のタロットカードではなく、ケルト族をモチーフにしたものらしい。ブリジッドはケルト族の、火、生産、農業、家政、および知恵の女神。なお本来の14番は「節制」。

 

承前。タイプ1のスーツの条件、読み直してみると、やっぱり初~中~上級共通の約束にするには煩雑過ぎると思います。これを簡明にする工夫は先送りにして、タイプ2を考えます。

クーパー夫妻は、良い5⁺枚スーツと良いサポートとし、

マイナーオープンの良いサポートとはxxxx以上(それ故オープナーはHxxxでプレイできることが分かる。)

メジャーオープンの良いサポートとはHxxかxxxx以上

(HはAKQのどれか)

としています。

従来は、例えばカレン・ウォーカーや、恐らくACBLテキスト(ベティさんやオードリーさん)も、前稿に記したように、良いスーツ=ソリッド、良いサポート=KQxxでしたから、それに比べたらどちらも2段階位弱くて良いことになって居ます

これは覚えやすいから、そのまま採用しましょう。

この程度の弱いサポート条件とバランスを取ると、良い5枚とは、バーゲン点の「質」=「グレート・スーツ」の定義を適用して、(AKQの2枚以上‡ または)絵札5枚中3枚以上含むスーツとしても、一応良さげです。

しかしそれだと私達が普通「良い5枚」とは言わないQJ10xxが入ってしまう一方で、少なくともバーゲンのオリジナルには、逆にAKxxxが入らないという違和感が有ります。(バーゲン点の場合には、前者はQuacks=「ガア」点で僅かながら評価が減らされている。)

ここまで来て、ハッキリしたことは、タイプ1タイプ2共通の問題として、なるべく簡明に「良いスーツ」の基準を定めることが出来さえすれば、クーパー夫妻が書いている通りに約束を明文化することで、そう煩雑で覚えにくくはならず、SJS(強いジャンプシフト)の適用可能なハンドの範囲が飛躍的に拡大されるという見込みです。

これについては、諸賢のご意見も求めながら、明文化する方法を見出したいと思います。

(続く ・・・ アイディアが或る程度まとまったら書く。)

______

† このサイトはノートンでは「安全」としていない。私は何度も参照しているが、心配な向きには、これをほぼそっくりコピーしたページが有る。

‡ つまりHHxxx以上。ホームページの記事の該当箇所みよ。因みにハーディの2Cオープンに対するポジティブ・レスポンスはメジャーの場合HHxxx、マイナーの場合HHxxxx以上。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WA楽園用サプリメント作成日... | トップ | WA楽園用サプリメント作成日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿