BRIX Ⅱ in つくば (The Hardy-style Scientific Bids at Tsukuba)

ハーディ式の“つくばSci”(サイエンティフィック)を軸に,『ブリッジソサエティ掲示板』同様他システムも取り上げる.

プレイ問題 文月篇 (全体のハンド)

2017年07月11日 | Weblog

画像検索結果  「豊田 議員 イラスト」の画像検索結果

 

〔口絵の言葉〕 日本初の〝怒りタレント〟に転身することを期待するファンが出て来たという自称「豊田真由子様」の良質の似顔絵がなかなかネットに載りません。今日は、描画技術と中身の良いものを選びました。

そうそう、左は、筆者にとっては、なんか新しいタイプのおバケ(おバカ)さんたちなのです。ウフッ

 

プレイ問題 文月篇は、つまらな過ぎたらしく、御解答なしかと思いましたが、NISHIDA様が昨朝模範解答を下さいました(感謝)。全体のハンドを示します。

   BD10

KJ2

   

 17/6/3 Sat

     
    AK754
    KQ1086
A96543   1087
QJ7   ---------〇   K9864
63    QJ2
A3     J9
   
    A10542
    1098
   
7542

  OL 

  答え ♠2.

これで♠Aが出た後、勝ち次第、ダミーの♠K(J)でハンドのを棄てる。

こころは:ディフェンスは5♣をダウンさせ得る唯一のセッティングトリックはQまたはラフなので、なるべく早くを2度リードするしかないし、それ故デクレアラーはを棄てるのを最優先すべき。

         ___________

ただ出題の場面では、デクレアラーへのエントリーが無いから、♠が自然なプレイだし、♣Kを出してさえも、を棄てるのが間に合うので、初級者以外にはつまらなかったでしょう。

上級者は却って訝られたと思いますが、出題のときは、デクレアラーが2トリック目に切札を狩りに行くと、♣Aを取って、二度目のを出され、♠Aに負けに行ったときは手遅れになるように錯覚していました。 文字通りの拙問で済みません。

NISHIDA様にはそもそもリードで正体を見抜かれてしまいました。創作ハンドでなくて、実戦から程よいディフェンス問題を見つけるのは難しいことが良く分かりましたが、出題をビッドから広げるべく精進しますので、よろしくお願いします。

______

†  下のハンドだと、デクレアラーがOLをKで取って、切札を狩りに行き、二度目をAで取ってから♠を負けに行くと、Qを取られて1ダウンします。

  参考

KJ2

   

 

     
    A10754
    KQ1086
1096543   A87
QJ7   ---------〇   K9864
63    QJ2
A3     J9
   
    A10542
    K98
   
7542
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競り合い問題 文月篇 ‥つく... | トップ | リード問題 文月篇   ‥フ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL