BRIX Ⅱ in つくば (The Hardy-style Scientific Bids at Tsukuba)

ハーディ式の“つくばSci”(サイエンティフィック)を軸に,『ブリッジソサエティ掲示板』同様他システムも取り上げる.

年末のビッド問題2 (全体のハンド)

2016年12月31日 | Weblog

 

正義の剣  正義の女神が堕落して自ら不正に手を染めたら厳罰を

 

年末のビッド問題2の全体のハンドは下の通りでした。

  BD15

984

   

 16/12/21 Wed

    10874
    A984
    A4
AK65   |

Q103

-   | K93
Q1062   | KJ763
 QJ1083   ○  62
    J72
    AQJ652
    -
    K975


答え Taka様とNISHIDA様が同じお答えを下さいました。(感謝)

(問題1) 2.3C ヘルプスーツGT(ゲームトライ)

(問題2) 3.Dbl マクシマルOC(オーバーコール)ダがル

が、今の標準ビッドなわけですね。

ここでHardy-つくばSciでは、2年ほど前まで、誘われた方のゲーム・ジャンプには、トライ側と同じHxx(HはAKQ)を要求しておりましたが、現在ではHxも有りにしています。今のところxやxxは認めていません。Aceシングルトンは多分OKにしても良いのかもしれませんが、事例に出会った記憶が有りません。

NIHIDA様は余力問題にもご回答くださいました。仰る通りですね。

3. 3Hへのレイズは特に、意味不明になりますね。つくばSciでは介入後のジャンプレイズは誘いよりも弱いし、無競争だとハーディでは「切札GT」になっています。

4. オープナーのSPLは、ハーディつくばSciでは、15HCPになっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末のビッド問題1 (全体... | トップ | つくばWA楽園にて 申年が去... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL