BRIX Ⅱ in つくば (The Hardy-style Scientific Bids at Tsukuba)

ハーディ式の“つくばSci”(サイエンティフィック)を軸に,『ブリッジソサエティ掲示板』同様他システムも取り上げる.

ビッド問題 FSF ――WA楽園の五月

2017年05月12日 | Weblog

 10  運命の輪

 

〔口絵の言葉〕 猫が輪を管理しているのは、恐らく19世紀以降でしょうが、不明です。

 

両バルでパートナーが2番席でオープンしました。

あなたの手は

   ♠KQJ1032 Q 8 ♣K7642

無競争でつぎのように2度目のビッドになりました。

   1H - 1S

   2D -  

問題 どうビッド、又はパス、しますか?

  1.  2S
  2.  2NT
  3.  3C
  4.  3S
  5.  その他

ヒント ここでの3CはFSF(4SF、4thスーツフォーシング)ですが、ハーディ-つくばSciでは一律にF1になっています。(下の

もしそれと異なる約束を前提にして答えられる場合には、下のどれであるかを書き添えてください。(できれば一律F1の場合についてもお答えください。)

 一律FG、いわゆるFSGF。  

 2台はF1、(ジャンプしないで)3台はFG。

 (ジャンプしないで)メジャーの3台以上はFG、それより下はF1。

 (ジャンプしないで)パートナーのメジャーの3台を超えたら(3Sに限られる。)FG、それより下はF1。

 一律F1。(3Sの場合は、4C,4Dまで上がりうる。)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リード問題 ――WA楽園の五月 | トップ | ビッド問題 フラナリー(全... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL