BRING UP

①子どもを育てる。養育する。しつける。②問題などを持ち出す。提起する。

母にとって、男の子は恋人??

2017年06月14日 | Weblog
 子どもができる前は女の子が欲しいって思ってた。大きくなっても、友だちのように一緒にいられるから。だから、女の子が生まれたときはすごく嬉しかった。でも、そのあと男の子が生まれてわかったの。女の子は所詮、友だちなのよ。だから、楽しいけれど、どこか張り合ってしまうところもある。パパと内緒話をしているところなんか見ると、腹が立つこともあるわ。でも、男の子は恋人なの。たとえ自分の子どもでも、異性なのよ。だから張り合ったりしない。無条件になんでもしてあげたい。逆に、優しい言葉をかけられたら、それだけで元気になれる。娘と彼氏の話をするのは楽しみだけど、息子と彼女の話をしたら、きっと複雑な気分になるんじゃないかしら。

 湊かなえの小説のある一文。

「男の子は恋人なの」

 妙に、気になるページだった。
30年以上、何百人になるか男の子、そしてお母さんを見てきた。我が家にも男の子はいる。そして私自身、昔男の子だった。この一文で何か府に落ちたような気がする。母にとっての息子の存在のある一面を感じた。

「でも、なんだかなあ……」
母になったことがないから、やっぱりわからない。父にはなったが(父と言えるかどうか?)娘もわからない。やはり娘は宇宙人か?


『贖罪』(文庫)  湊かなえ著  双葉社/2012年

上記の一文はこの本の260ページ。



15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入となる。
娘を喪った母親は彼女たちに言った――あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結束は!?
(カバー裏表紙より)

湊かなえは読ませるなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来週の予定(6/11~6/17) | トップ | 来週の予定(7/16~7/22) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事