子どもがいない人生LINKS(LIfe of No KidS)を生きる ということ

子どもがいない妻・独身女性は何かとつらい世の中。ある一冊の本に救われました。子どものいない人生(LINKS)あれこれ

介護施設引っ越し手伝い

2016-10-12 18:58:36 | 子どもがいないということ
今日、
身内が今いる介護施設から他の施設に移動するため
荷物整理、付き添いともろもろ事務手続きを
やってきました。
アラフィフですがそれでも若いと思われ、
シニア施設の手続きでは充分重宝される50代。

シニアに対して、それがたとえ身内であっても
早くそれ言ってくれ、
ちょっとそんな言い方ないよ、
だから何度も言ってる、、、etc
(これは柔らかいもの言いの部類です)
たくさんストレスがたまる。

今はアラフィフでまだ頭が働く(といっても30代40代のようなPCさばきはもうできないし、
記憶力もなくなってきているが)ので
当たり前のことが当たり前のようにできるけれど
自分も同じこと何度も言われても理解しなくなるのか、
今聞いて答えてくれたことをまた聞くのか、、、とか
自分の将来の姿を思うと
子供も孫もいなくてこんな老人(自分のことね)誰が相手をしてくれるのだろう、、、
誰が代わりに手続きしてくれるのだろう、と
不安度計が上がってくる。

どう自分がはりきっても身体と頭は衰える。
子供もいない。


・・・今日はちょっとクラメでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過渡期 成年後見人やおひと... | トップ | 注目のニュース »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-12 23:03:12
元気出してね!
リーダーだから(^o^)/
Unknown (ブログ主です)
2016-10-13 19:15:19
ありがとうございます(^▽^;)
元気出してくださいね (たつこ姫)
2016-10-14 11:09:20
お元気ですか

ところで 松原先生のようなおひとりさま等の会員制の団体を立ち上げるのでしょうか?楽しみです。

私も松原先生の団体に加入する事を考えていますが ちょっと年が離れているような感じでまだまだいいかなあと思ったりしています。松原先生の団体でもアラフィフ向けのグループ(ジュニア)があるみたいです
Unknown (ブログ主です)
2016-10-14 20:51:26
たつこ姫さま

コメントありがとうございます。
松原先生のような団体(NPO)は
人数要件や条件が厳しく、考えた結果
会社でやろうと思います。
とにかくまずは集まる、情報交換できる機会を作るのが目的かなぁ。

松原先生の団体でアラフィフ向けがあるなら興味深々です(よかったら入りたい。。。)
説明会は都合合わせて開催時に
行ってみたいです^^


あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。