子どもがいない人生LINKS(LIfe of No KidS)を生きる ということ

子どもがいない妻・独身女性は何かとつらい世の中。ある一冊の本に救われました。子どものいない人生(LINKS)あれこれ

思い出すリンクス 一期一会の人たち

2016-10-19 09:34:21 | ひとりごと、雑記
ずいぶん昔、パックツアーで海外に行ったとき
(今から思うとリンクスの)出会った人を
ふと思い出すことがある。

とても綺麗な奥さま(今の私の年より少し上くらい?)と旦那さん。
ご主人は会社をやっているとか食事の時に言っていたな←余計な情報だけれど若い私にインプットされていた^^;
すてきな観光スポットで
奥さまの写真をご主人がよく撮っていて
それは絵になる構図。。。
ツアー中何かの折に「うちは子供がいないから」って
言っていたなあ、そういえば。

やはり別のツアーで一緒になったシニアの夫婦。私も今よりずっと若かったので
かなり年上の方たちというイメージ。
(このお話、前に記事で書いたかもしれません。)
彼らが持っていなかった形のコンセント型を
私が2つ持っていたので、
彼らに貸したのだったっけ。
夫婦2人で世界各地に旅行していて楽しんでいる模様。
でも、彼らが「息子を亡くしたんだ」と言っていたのを
覚えている。

もう彼らに会うことはない。

(今のように個人情報云々の時代ではないので
集合写真に彼らが写っている写真もアルバムのどこかに
貼ってあるだろう)

まさに一期一会。

数日間過ごした中で会っただけの人たちなのに
彼らの人生を想像して
「どんな想いをしてきたのだろう」と
今になってふと考えるのは
自分が年を取ってきたからだなあと思う。
彼らの人生に思いを馳せる。

このブログに彼らのことを書いていることを、
申し訳ないと思いながら書かせていただいいる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子スポーツ選手のためのブ... | トップ | 年を取っていいこと(ひとり... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。