向う岸

そうはいくか。

小説 篠田節子 『となりのセレブたち』

2017-07-28 23:28:38 | 本・漫画

Amazon.co.jp 篠田節子 『となりのセレブたち』


五の短編集。
内容はどれもシニカルで、近代的なモラルやルールと
人の秘めたる欲望が対立するのが共通している。

特にSF的な「ヒーラー」と「人格再編」が良かった。
「ヒーラー」はむしろ男性の去勢を描いていると思う。
「人格再編」は老いる姿を見せることとは子孫に
生きることの意味を伝えることであると教えられた。


篠田節子はこういう作家だよな。
「クラウディア」は詰め込み過ぎというかやり過ぎだけど。


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の自転車 | トップ | 今日の自転車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・漫画」カテゴリの最新記事