ぶらっとJAPAN~ただいまインドア修行中~

おもに大阪、ときどき京都。
足の向くまま、気の向くまま。プチ放浪の日々。


亀の動きを止める

2016-10-08 20:44:52 | アート

東西の性格が出てます

 

本日は、大阪帰歴史博物館番外編

近世の船場の町並みを再現したジオラマ解説の『放亀(はなしがめ)』をご紹介です。

例えば飼っている亀の水を替えたい時、その間、亀をどうするか。

江戸: 亀の甲羅を紐でくくって吊るす。

大阪: 竹の筒を切って亀を上に乗せる。

すこし手間がかかるけれども、セキュリティ面で安心な東京に比べ、大阪のお手軽さといったら!

「いらち」な関西人ならではの発想です。ひょいと乗っけて、ハイ終わり。

素晴らしい方法ですね!

でも、ひょいと誰かに持って行かれるのでは?(笑)

甲羅を背にしてひっくり返しておけば簡単なのではと思いましたが、これは動物虐待ですね。東西どちらも亀への配慮は忘れていません。

図を見る限り、まとまって放亀が行われていたようですが、その意図は不明。右下にあるQコードで詳細を調べればよかったですが、気づかずそのままスルーしてしまいました。

という訳で、放亀の謎は未解決のまま。

かわいいイラストにひとりでウケまくった一幕でございました

『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で最も美しい水時計【JR... | トップ | 九度山の真田庵【幸村ゆかり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む