ぶらっとJAPAN

おもに大阪、ときどき京都。
足の向くまま、気の向くまま。プチ放浪の日々。


京大フレンチ【ラトゥール】

2016-10-16 21:24:19 | グルメ

アカデミックな雰囲気にぴったり♪

 

京都に行くとついつい足を運んでしまうのが大学の食堂。基本、リーズナブルなのと、京都の大学は建物自体が美しいものも多く、そこに居るだけで楽しいのです。

京都御所を訪れた日のランチは、京都大学内のフレンチレストラン『ラトゥール』でいただきました

今年で10周年を迎えるこちらのレストランは京都大学のシンボル・時計台記念館の1階にあります。

大正14(1925)年設立の時計台は2003年に改修工事を終えて耐震はばっちり、ホールなどは最新の設備です。

高い天井にクラシカルな調度品が素敵です

客の8割は女性でした

この日はスープ、メインディッシュ、デザートのコースをチョイス。

薩摩芋のポタージュスープ。

豚肉のトマト煮込みレンズ豆のラグー添え。

ココナツのケーキとベリーのソルベ。

 

どれも上品なお味で外れなし

フレンチと言うと濃厚なソースをイメージしてしまいますが、こちらはあっさりという訳ではないですが、クドくなる手前でぐっと味をひき締めている感じ。薩摩芋のポタージュは和のテイストもちらり。素材もとてもいいものを使っているように思います。

学内にあるレストランですが、黒い制服のナイスガイ・ギャルソンがきめ細やかにサーブしてくれるし、ワインも結構そろっているようで、「学食」という感じは全くありません。女性客が多いのもうなずけます。土曜日ということもあって学生はほとんど見当たらず、観光客や地元の方々ばかりでした。

それでも窓から見える景色は間違いなく大学のキャンパスで、学生たちがひたすらダブルダッチを練習しています。学問に限らず好きなこと没頭する、まじりっ気なしの情熱はすがすがしく、身についた世間の垢を落としてもらっている気分です

帰りにグッズショップを覗いてみました。特殊技術を使って作られた透明標本のボールペンや、シーボルトの日本動物誌のポストカードなど興味深いものがたくさん。博物館もあるようですね。

ワンダーランドな気配に好奇心がムラムラ(笑)。日を改めてまた潜入してみたいと思います

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都御所通年一般公開 | トップ | 阪急英国フェア2016 『バー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む