続・ミニサーキュラソーの材料送り

2016-08-23 10:37:44 | 工具・機械
ほぼ直角になったと思われるので本体に付けて端材を切ってみた
丸ノコの刃が一枚欠けたままだがスパスパ切れる
早く作れば良かった

ハンダ付けは炭素棒でやろうとしたらなかなか半田が融けなかった
そうこうしている内に炭素棒の先端がポロリともげてしまった
棒の代わりはあるのだが試しにアルコールランプで炙り付けしてみた


綺麗に流れてくれて良かったが煤で真っ黒になるのが難点
もっとも燃料用アルコールでなく水抜き材を燃やすからかもしれない

昨夜は台風の風で家が壊れそうだった
テレビでは「不要不急の外出は避けましょう」というが、会社に行くのは 要 なんだろうな
仕事で 急 な人もいるだろうし
もちろん模型屋さんにだって行くべきだろう(笑

日曜日は 蓮沼 方南町 北千住 と環七を行ったり来たりしたが、台風の合間で天気は良かったし道も混んでなくて良かった
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミニサーキュラソーの材料送り | トップ | バラバラの動輪 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
炭素棒ハンダ付け (あつろう)
2016-08-24 21:02:14
いつも楽しく拝見しています。
炭素棒ハンダ付けは、大きいものにハンダ面積が小さいものをハンダ付けする場合に有効に思います。ハンダ面積が広い場合は加熱しにくく、バーナー等の方が有効と思います。出しゃばりですが、宜しくお願い致します。
コメントありがとうございます (brass_solder)
2016-08-25 10:32:09
あつろうさん、こんにちは
確かに重ねた棒の上から加熱したら、熱は上の棒にどんどん吸い取られてゆく感じでした。

突っ込みどころ満載ですので(笑)またよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む