スプラング

2011-07-03 12:36:01 | 国鉄貨車
以前行き詰まった事を再びやってる理由はバネ可動の簡単な留め方を思いついたから・・・

アダチの2軸貨車軸受けが嫌いなわけではないけれどピボット軸でないのが面白くない
片方の台車だけ遊びを持たせて接地性が良くなっても、固定側の硬い感じも好きになれない
何よりアレは高い 値段も高さも・・・

国鉄のワム90000とかワム60000のような貨車は床板の下面高さがたいていレール面上1040ミリ
ワフ29500とか35000は1000ミリである
つまりワムは13ミリ ワフは12.5ミリだが、アダチの台車はこれが13.5ミリほどになってしまう
ワムなら許容の範囲だがワムより車体裾が一段低く見えるワフはこのままではちょっと・・・

それにこの高さにバネを入れるのは難しいと思っていた
何よりも簡単でなければ作れない

KATOの真似をしようと思いトラ45000を分解してみるとt0.2 2.0x18ミリの燐青銅帯板を曲げたのが入っていた
帯板が欲しいと友達に言ったら「オハ35の通電板がある」というので手元のを外してみたら4ミリ幅だった
4ミリ幅なら中間に2ミリ弱の穴を開けてもバネは効くだろうと計画を変更して考えた
すると留め方も含めて一気に解決してしまった

トップ画像 t0.2 4.0x18ミリ燐青銅板を曲げたバネ 台車とバネの穴は1.8ミリ 
1.4ミリネジと内1.4x外1.6のパイプを組み合わせて段付ビスを作って留めた

可動ストロークはバネ板厚を引いた0.8ミリ
ワフの場合は0.5ミリ低くなるのでストロークが0.2-0.3ミリしかなくなるが充分だと思う
ようは車体に直接反響するジャラジャラ音が低減出来ればよいので・・・

↓モアのメタルを取り付けて組み立ててみた 軸受けのディティールは天賞堂のパーツを表面だけ貼り付ける予定


↓奥の台車を指で押して傾けている


さて、このワムの側梁は説明書よりも幅を狭めて取り付けてある
これをほぼ説明書の位置に取り付ければ軸受けディティールを貼り付けても邪魔にならないと思う
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 7月になったら・・・ | トップ | 訂正です »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kato方式 (平機関区)
2011-07-03 19:28:40
ピボット軸受になることで走行抵抗が軽減できますし、バネが入っていることでレールのねじれにも対応でき、走行性能が大幅に改善されますね。

私もアダチの2軸貨車軸受には不満を持っていましたので、試してみようと思います。
工作楽しそう (イナ@湖畔)
2011-07-04 10:40:33
こんばんは.

楽しそうな工作ですね.
4輪全部にバネがかかることで,バネ下重量がめちゃくちゃ小さくなりますね.思わず手で転がして指先の感触とか,わざとジョイント部出線路のギャップを作ったりして,楽しみたくなりますね.

自分も,今年は工作したいなと思ってしまいます.ムチャ難しそうですがwwwww
Re:kato方式 (Brass_solder)
2011-07-04 16:06:04
平機関区さん、こんにちは
KATO方式は軸バネ入り蒸気機関車と同じくバネで車軸を押さえているので、追従性に関してはイコライザーには負けると思います
ただし完全なリジッドよりはマシかもしれませんが・・・

ぜひ試してみて私方式の問題点を洗い出してみて下さい
Re:工作楽しそう (Brass_solder)
2011-07-04 16:08:54
イナ@湖畔さん、こんにちは
模型をあれこれ考えて、形が見えてくると楽しいですね
久しぶりにこんな事やって面白いと思います
本当はエンドレスを周回して音を聴いてみたいのですが、組み立てるのが面倒でいつになるやらです・・・
KATO方式 (D6025)
2011-07-04 22:59:23
KATO方式の金属製貨車?への適用。KATOのプラ貨車の車軸は僅かですが車重で撓んでいるようです。上下可動幅は大きくありませんが線路の
変化にはある程度追従していると思います。金属車体の場合はレールに乗せたときバネが同様に撓むように調整するのが難しいのではないでしょうか?上手くいけば車体が重いので実感的な走りが期待できると思います。プラ貨車の走行では個人的にはKATOよりもHOBBY MODELの三点支持が良いと思っていますが、仰るような騒音抑制の点では動力車同様バネ入の方が路面ショックを急襲して柔らかい走りが期待で着そうですね。私も作例に倣って試したくなりました。
Re:KATO方式 (Brass_solder)
2011-07-05 16:01:55
D6025さん、こんにちは
いつもありがとうございます
今日になってKATOと私のを押し比べてみましたが、KATOのはかなり柔らかいですね
あれなら車重で撓むと思います
私のはKATOとバネの長さはほぼ同じですが幅が二倍あるのでかなり固いです
バネの角度を調整すればある程度は柔らかく出来ると思いますが、そうすると今度は左右に傾くのではないかという懸念も有ります

ホビーモデル方式はアダチと同じ3点支持風ですが、確かにあれのほうが接地性は優れていると思います
私の試作品もバネの変わりに一方にワッシャーをかませ、もう一方の中心に真鍮線を貼ればアダチやホビーと同じ3点支持にする事が出来ます
バネの具合が期待したほどで無ければこのようにすることも検討していました

昨夜の段階でまた不具合を感じてしまい作り直しとなりましたので時間ばかり掛かっています

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む