小名浜臨港 C507 (B6 珊瑚) 3

2014-08-16 10:10:11 | 小名浜 C507 B6
動輪軸を分解して軸箱を角型メタルに交換した
使用したのはスパイクモデルの製品で全体の厚さが2.75ミリ、耳が0.75ミリとなっている
13ミリをやるわけではないが、しばらく前にはメタルといえばこれが手に入り易かった
本当はあと0.5ミリ厚いと使い易いが、珊瑚の厚型だと4ミリあるので厚過ぎる

第一動輪には昨日作ったt0.4ワッシャを入れて左右動を制限した
第二、第三動輪は最初ワッシャを入れずに組み立てたところ、左右動が大きすぎてイコライザがずっこけるため再び分解してワッシャを入れた
第二動輪はt0.2 第三動輪はt0.3

画像は左から第一 第二 第三動輪 手前は外した軸箱とギア
ギア横のパイプは第二動輪軸にA8用ウォームホイールを押し込むための位置合わせ用

A8用ギアボックスを組みつけてみた


良いようなので主台枠の工作を始めよう


*追加画像 位相合わせ具


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 小名浜臨港 C507 (B6 珊瑚) 2 | トップ | 小名浜臨港 C507 (B6 珊瑚) 4 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
位相合わせ (ozu)
2014-08-16 13:21:53
こんにちは、いつも参考にさせていただいています。
動輪の位相合わせはどうされていますか?
Re:位相合わせ (Brass_solder)
2014-08-16 17:24:47
ozuさん、こんにちは ご訪問ありがとうございます。
SL1のコンタクトホイールを入れるためにだいぶ前に自作した位相合わせ具で組み立てています。
最初はNWSLの冶具を買ったのですが珊瑚の軸箱が厚くてセットできませんで、古いTMS特集シリーズか何かで見て作りました。

*本文に画像追加しました。
セットして圧入する際に軸が浮かないように輪ゴムを掛けて行います。
最近は軸抜きも圧入もマイクロマークのプレスイット(NWSL センシプレスの劣化コピー)を使用しています。
ありがとうございます (ozu)
2014-08-16 20:23:44
詳しい説明ありがとうございます。
私も今位相合わせ具を製作しているところです。
これまでいくつか作りましたが、いい加減に作った物は精度が出ないので、今回は気合を入れて作っています。
位相合わせ (Brass_solder)
2014-08-17 10:44:03
ozuさん、こんにちは。
貴ブログもたまに拝見させていただいて、凄い工作をなさるなと思っておりました。

私の位相合わせ具はかなりいい加減な物です。
ただ、ガタが無いよう作ったので、全軸これで組み直せばけっこう使い物になっています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む