小名浜臨港 C223 164

2017-07-11 09:05:30 | 小名浜 C223 雨宮
ブレーキシューをハンダ付けする前にギアボックス蓋の逃げ穴を拡大した
動輪押え板が後方へ移動したので最初に開けた穴では間に合わなくなったのだ
これもフライスで削ったが便利と削り過ぎが紙一重だと感じた、危ないあぶない
結果的に第二動輪のブレーキバリが左右分割になってしまったが仕方が無い

これで差し支え無くなったと思われたのでブレーキハンガーの余分を切り落としてブレーキバリに取り付けた
シューが付いたら動輪押え板の位置が決まったのでブレーキクランクと引き棒の長さも決まり取り付けてカメノコ対策工事は終了
イコライザを取り付けて本来の動輪をはめてみた シューとの関係も悪くないしブレーキバリの高さも良さそうだ


従前はモーター配線がタスキ掛けになっていたのでモーター裏表をひっくり返して付け直した
ギアの具合を見るために集電ブラシを取り付けてモーターを載せて床板も取り付けて通電試験した


これで他流試合も大丈夫だろう あとは煙突をどうすんだか


昨日はかねてアマゾンに注文していた中華コレットセットが国際郵便で到着した


Micro-Markから買ったインチのコレットセットは妙にサイズが飛んでいて、メトリックの丸棒を把持しにくい場面があった
これは1-10ミリまで1ミリ刻みだから使いやすくなるだろう
でもMaicro-Markと同様にスリットにヤスリを入れて調整しなければならない物が有る
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小名浜臨港 C223 163 | トップ | 新旧パッケージ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む