gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

驚き!の横浜中華街

2017-06-20 05:20:28 | ブレーキおやじ
昨日、仕事の帰りに時間が少し出来たので、昼食がてら、横浜の中華街へ行って食事をしようと
思いまして、初めて中華街へ行きました。
何も分からずに、ただ飛び込んでもどうかな?と思ったので、サラリーマン風の方に聞きました。
「中華街?私らは余り行きませんがね」と言う答え、余り親切心は内容に思えた。
それから、3人ほどに聞きましたら、水餃子なら美味しいと言われてる店があると教えてくれました。
行ってみました。それ程大きくはないですが、1階に16席ほど、2階に12席ほどの店でした。
「2階どうぞ」というので上がりして、席に着き、注文をして待ちました。
注文は、教えて頂いた餃子と担々麺!
ミシュラン星を頂いているという書き込みがありましたので、大きく期待をして待っていました。
暫くすると、女性の店員が小皿を持ってきて小さなテーブルの上に、比較的乱暴に置きました。
(ん!)と思いました。親指がお皿の真ん中を押さえて持ってきたようです。
先に餃子が来ました。見た目が余り良くありません。
食べる前に、店の人に、「この餃子は何も付けるものはないですか?と聞きましたら、「あぁー
タレがあるよ」と言って、他のテーブルから持ってきて、ボン!と置きました。
いゃー気分が悪くなりました。
でも、仕方なく食べる事にしました、一口で半分ほどを噛みきりました。
「何とも言えない、気持ちの悪い食感が口の中に広がりました。
「うわー!」これは食えない!
もう、食べる気がしません。
それから暫くして、担々麺がテーブルに来ました。
どんぶりの中に親指が入っているのです。
思わず、「これはないよ、汚いよ、小皿も親指で押さえて持ってきているんだよ!」と言いました。
担々麺も、何の味もしません。一緒に行った者が、スープだけを取って呑みました。
「辛みだけはあるけど、味のおいしさが全く無い、麺も何の特徴もない麺でした。
腹が減っているから、と、お金が勿体ないから、何とか無理をして食べましたが、
這々の体で逃げ帰ったような感じでした。
横浜中華街!もう2度と行く事はないと思います。
帰ってきてからも、何とも気持ちが悪く、夕方には下痢までしてしまいました。
後味の悪さは食事だけではなく、気持ち的にも最悪の食事になりました。
毎月、1度は行っている2件の中華屋さんの味の方が遙かに美味しく感じ、お金が勿体ないから
もう冒険はしないことに決めました。
ミシュラン!と書いてあったが本当かな?という疑問です。ミシュランも大した事はないのかな?



ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレーキの整備 | トップ | ブレーキの整備 »

コメントを投稿

ブレーキおやじ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。