流れ流れてバンコク在住!

バンコクでのいろんな出来事と主にお食事

暑さ和らぐ

2015-07-23 06:23:53 | テヘラン
一時の暑さが少し和らいできたテヘランです。

今日もお弁当を持って行きます。
今日は木曜日なので役所関係もお休みです。

お昼が食べられそうです。



気合い入れて行きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼きそば弁当 | トップ | 最後の粘り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yoko)
2015-07-23 13:16:30
いつも男子弁当を見させていただいています。参考にさせていただくこともしばしば。
というかそのままパクっているといったほうが正しいです。

今日初めてコメントいたします。ドキドキ、、、

私も海外勤務10年の経験をもち、現在は日本国内で外国人同僚と外国人のための業務に従事していますが、
納得できることとできないことが日々増えていきます(笑)
このブログのスパっとした切り口が気持ちよく、まるで自分がつづっているような感覚を、勝手に頂いています。

仕事がら多くの日本在住外国人と接触しますので、イランの方も数名存じ上げていますが、
知る限り真面目であまりに誠実なので、いい加減な日本人としてはとまどうこともしばしばです。
何のことはない、たまたまその方達はゾロアスター教徒で、
その教え通り生きているのだということが最近わかりました。
他の宗教との一番の違いは、“Life is a celebration.”という教えだそうです。
そんなふうに思えるのはすごいことです。
しかし、内お一人の方はいずれ大学教授になられるのですが、ムスリムではないためイランに戻っても職には就けないとのこと、、
そんな不条理を嘆くことなく、日々研究に打ち込む姿には、心打たれます。
この人たちには悠久のペルシャだった時代の信仰の教えが、DNAに組み込まれているのかもしれません。

世界は不条理と不公平に満ちているが、また生き抜くに価する希望も与えてくれる人間修練の場なのだろうか、と思ってみたりもします。

bqcさんのブログと、知り合えたイラン人の方達に触発され、イランという国に足を踏み入れたいと切に思うようになりました。

ドバイには仕事で行っていましたが、、違うのでしょうねえ。

だらだら、長々、すみません。
お体ご自愛の程、暑さに負けずお仕事、お弁当作り、頑張ってください。応援しています。
またコメントさせてください。
Re:Unknown (bqc01603)
2015-07-27 04:22:07
どうもです。
モスクワからお弁当を作り始めて12年。
どんどん質が低下しております。
最近は賄いのおばちゃん作の食べ物を詰めてるだけです。
当地の事をもっと書きたいのですが、適当なところで止めております。いろいろ差し障りが出るようでも困りますし。
嘘も方便なお国柄、日本人には耐え難いものがあります。
まだ少し頑張らんといかんです。

コメントを投稿

テヘラン」カテゴリの最新記事