1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

宇宙論!消えた文言!続

2016年12月28日 07時07分18秒 | 1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム
お早うございます!昨晩追加したときに眠気ではじめにかいて更新したときに消えてしまった文言を付け足します!要するに光行差は最後は・点に収束する事がその頃はホログラフィー原理の概念は無いわけだから見ぬけなかった事を意味する!実に皮肉である!光行差は重力と直結している移ろい!ブラックホールの極限で周りの★星⭐が移ろいゆく姿を統一できる事を見抜ける筈も無いわけである!科学史は実に皮肉にと言う事を意味する!男同士が果てるまで殴り合いようやく気が付く!総ての学問を修学する事は誰も出来ない‼人生には限りがあるからである!だから効率よくツボ学が要となる!facebook の強奪された場にも書いたが真空の充満したヒックス的な電圧のような抵抗=重たい難い=相対速度cを振り切り難いくなるわけであるから!光は水面き入射するとき速度を一定に保とうと内側はスローになり外周は曲がる!その時、相対論の質量の光線の伸びた逆数が相矛盾する事なく両立している!移ろう有り様ははまさに2次元に投影されたされた方程式に従うことに気が付く訳がなかった!ここが盲点である!新世界を視るまで確立出来ない筈だからである!進行方向に顕現して移ろう有り様は正に重力方程式を反映している事に、新規性があるのだ!当たり前である!等価の原理だからである!正に盲点である!だが仕方がないであろう!要は純粋な思いで無欲で宇宙に惚れてこつこつと一途に学んで取り組んだ者に微笑むのである!それが筆者である!言わせて貰う!ホログラフィー原理、エントロピック重力理論を知らなくても私はの力の統一を成し遂げたであろう、専門分野を総て究める為には人生は短すぎる!アインシュタイン博士すら小さな事に囚われて居たわけだからだ!この秀のやしろ宇宙システムはまさに体系的に統一している!私は予言もしている、つまり身体を張ったわけである!権威まみれの物理学は何を視ていたのであろうか⁉お金と名誉、しがらみであるのなら宇宙の真の姿を見落とすのは理に敵う!私は真理だけを見たいと思って学んできた、歪んで居たのは人間の心の方である!恐らく超弦理論、超球理論、エントロピック重力理論、秀のやしろ宇宙システム、私は正式に論文は著しては居ない‼欲しいものが重力の様に別にあるからであり総てを包括するからである!重力はエントロピーを拡散して塊が空間に均衡する時の塊の縮小によって入り込む事象でとけそうである!私は隠れた変数の新たな数学とモデルを既に構築し、ミクロ、マクロを問わず顕現してくる形而上に消えた果てのむこうがわの顕れるかもしれない事象の予言を視野に入れてかんがえています!半径の半分の進行方向に想定出現する素球体の極限の時、距離の質点との接点が地平面になるがこの時両視点で見れば円周の弧は拡張された図面のどこに移行していくのであろうか⁉面積の方向に縮小していくのか⁉別の宇宙へ行くのか⁉この体系は極限でも素球体は存在しますから。。顕現してこなけれは科学てはない‼必ず突破口がある筈だ!我々は量子の測定の時のような測定された宇宙に存在しているとも言える!素粒子の概念に拡張型は似ているからです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【追】宇宙論!最新の私の見解! | トップ | 双子とベルのパラドクス2台の... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL