1般相対論 素球量子論法 秀のやしろ宇宙システム

●Bloggerへ避難します ブックマークに全の場がある•仲 秀明 動画・仲三世 視聴者 様がスポンサーです!

続 お金になるブログ

2017年04月25日 20時53分22秒 | 物理視点で説く経済
前回に続き お金 zは必要とされる 吸引力を持ちましたので その商品=サービスや自分やよその人々を満足させる 価値が創出出来たのでエントロピーを小さく出来る能力の保持者ですので己、個人に行使できる権限も併せ持ちます 女性は男性に対して有利になるのです 女性がご機嫌を損ねれば欲しいものを損ねてしまい手に入れるにはある意味で平服するとなりますが 建前はお客さんです 要は欲望の歯車の値が、常に飛び交う訳ですが、単体m系に対して内包する 充足割合は幸福度数の割り振りの内訳です•食物40%•住む20%•着る20%•その他20% と大抵は決まると言う事です同じ類いの個体です 単体系ですから 欲望=獲物=お金 と言う方程式も成り立ちます 欲望を満たす動機が出来たのですから 効率良く、合理的に食物を得るために考えると言う仕事をしたり 道具を製作する 投下も行います 生命は食=エネルギー補給分子レベルの化学変化を摂り容れて 分子レベルの性質養分の獲得と遺伝子の継承連鎖を継続し目的として摂理本能の源泉が人体機能に働きかけて安定して、運営されるのを理想とする自己保存運営体系であります おぎゃと産まれればリスクと言う時間と消費カロリーヲ消費されるのは避けられませんから痛い つらい、思いを避けるのに外部の環境宇宙流転変容に順応しようとします 欲求のはけ口を模索します さて 原理が説明出来ましたので お金とは=欲望の強さを数値化した 時点で方向性のポテンシャルを持ちます 人体の組織の反映は集団に於いても指数関数的な比例する複合体を形成することにより外部に順応するのに協力姿勢を見せた方が生きるのに有利であります 寒さを凌ぐのに子猫は団子になります これは体積は表面積との相関も関係が成り立ちまして体積を増やせば表面積が相対的に小さくなれるのです これはケインズと言う経済学者の言う 小金持ちは大金持ちよりも食費の割合が高くなるのに似ていて例えになります 収入=宇宙定数ですが体系が大きくなるほどに景気が駄目で物の値段が上がるが定数=収入が同じでは食費に費やす割合が大きいのでゆとりが無くなる意味です 獲物のマンモスを仕留めるのにチームで連携する方が分配も出来て欲望を個々各々、満足させるお金が、自然界の恩恵により在るのですからその為にはお神輿のように分担して負担を効率良く長所を配置させ役割分担して仕留める方が良いのです 落とし穴を掘る能力の長けた者は穴を掘ります やじりヲ作る職人は そお得意の任意に当たります 追い込む人 解体する人 鯨の捕鯨です 感謝し無駄の無い活用をします 次に7人家族に戻ります x=zの顧客です消費者です z=xは供給者=生産者です もんでほしい欲望が=需要が在るのですからα=お父さんは歯車を数値化して上手く噛み合う試算済みの計画経済です、シミゆレーションで車が走れる完全に計算されたと言う信頼ある 能力ですので皆が従えば和を保てます このリーダーは安全に目的地まで運べる安全運転で感情で運転する 愚行はしません、物事は感情では動かないからです 仕事して欲望を満たす能力があるので見返りは 間接的な証証書が必要です 欲望が数値化されて行使して正当にxはその欲望が指数ヲ満たす権利が正当に生じたのです これを過渡的に仲介する媒体証明です 欲望の値が乱発されてしまい偽の証証書であれば困るのを説明します 前回に需要ヲ満たした能力xは何となく欲しいのです!決まりは在りませんがαのお父さんは統計的に推し測れています、歯車手の内です、xは自分がお父さんの手のひらで踊る存在ですが、自分は自由選択ですと言う事です xはおばあちゃんの手ずくりのたまご焼手料理を欲しがりました、証書券はxが持ちます=お父さんの公共事業で労働の証券を許されたのです ですがお父さんのもその内訳から6%分配する仕事を提供した仕事もしていて脳の消費カロリーを券です補う権利も在ります これが税金です 同じ体系を共有してそこの領域に於いて生存権の能力の競争が競合が、闘争が必然的におきます!ジャングルのように厳しいのです zおばあちゃんは-5度数の債務があるとも採れるのです ここで一度終えて又、次回。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お金のなるブログ | トップ | 参考文献 お金のなるブログ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL